【クローラーベイト・羽根モノルアー総まとめ】31種インプレ&おすすめとランキング。タックルや使い方、自作方法

クローラーベイト・羽根モノルアー各種についての実釣使用感インプレッションのまとめです。また、おすすめビッグクローラーベイト、ビギナー向きなクローラーベイト、ランキング、使用するタックルや使い方、チューニング記事、自作クローラーベイトの作り方など…総まとめしました。

クローラーベイトのインプレと使い方

目次

ビッグクローラーベイト入門におすすめの4種

まずはビッグクローラーベイト入門におすすめの厳選4種です。

超デッドスロータイプであれば、おすすめはもちろん「アベンタクローラー(1.3oz)」と「ダッジ(1oz)」です。

ハイアピールタイプのおすすめは、まさにビッグベイト的な羽根モノ「リザードクローラー(2oz)」と「NZクローラー(3oz)」です。

クローラーベイトマニアがすすめるビッグクローラーベイトのおすすめ4選。チューニングや使い方、ランキング、ロッドやタックルを含めて紹介します。 超デッドスロータイプのおすすめクローラーベイト 超デッドスロー対応のビッグクローラーベイトはデカバスを狙えるルアーです。スーパーデッドスロー=水面ピクピクは、例えれば"でかい虫ル...

バス釣りビギナーにおすすめのクローラーベイト2種

でかくない普通サイズのクローラーベイトで、バス釣りビギナーにもおすすめできるものとしては、ポンパドール(22g)。普通のタックルで使えて、巻き心地良く、巻いて楽しい羽根モノルアーです。

もう一つは、レギュラーリトリーブからデッドスロー、そして水面ピクピクまで、使用できる速度の範囲が広いヤマトクローラー(約26g)です。

各種クローラーベイト・羽根モノルアーのインプレ

ダッジ(レイドジャパン)

1ozクラスで超デッドスローを初めて実現したダッジ。ビッグクローラーベイトと言うには小さめですが、普通のタックルでも使える売れ筋サイズであり、いまだに入手困難な状況です。羽根やヒートンが曲がりやすいので、羽根モノ慣れしてない人は少々戸惑うかもしれません。

ダッジ(レイドジャパン)
ダッジ インプレ
ダッジの簡単チューニング
ダッジvsアベンタGT★超デッドスロー性能比較

ダッジ(レイドジャパン )実釣インプレ!超デッドスロー対応羽根モノルアー、欠点とチューニング
レイドジャパンのホナケンあらためダッジ。超デッドスローの実力値と気になる欠点・チューニング方法など、...

デカダッジ(レイドジャパン)

デカダッジは、ダッジとも異なる独自の個性があります。「超デッドスロー特化タイプ」から微妙にズラしてきた感じです。超デッドから速度を上げていくと、急に頭を左右に振り始め、水面で踊りだします。その動きが秀逸です。

【デカダッジ】実釣インプレ!ダッジと異なる独自の個性。ホナケンの原点に回帰したデカバスキラー
カナモいわく”場外ホームランが狙えるデカダッジ”(レイドジャパン)。実釣使用感含めインプレです。 ...

アベンタクローラー(イマカツ)

55UPを3年連続(雄蛇ヶ池)でキャッチしているイマカツ アベンタクローラー。アベンタの超デッドスローはタフなフィールドでこそ活きると思います。最大の特徴は「1mを7秒かけて動く」というスーパーデッドスロー。なぜデカバスが釣れるのか、アベンタ総まとめで詳しく紹介します。

アベンタクローラー(イマカツ)
アベンタクローラーインプレ
アベンタの曲線リトリーブチューン
アベンタ風雨対応チューン(強アピール化)

アベンタクローラー(イマカツ)はなぜデカバスが釣れるのか? その効果的な使い方、インプレ、チューニングなど、アベンタクローラーの総まとめです。アベンタシリーズ各種の比較・詳細も紹介します。 アベンタクローラーの特徴・インプレ アベンタクローラーの重さは約1.3oz、サイズは11.5cmです。 最大の特徴は、今江さんが言...

アベンタクローラーGT(イマカツ)

アベンタクローラーGTはボディ長80mm、重さは30g、小型化されて使いやすいサイズになりました。ただし、ウッド製にしたため、動きが良いもの悪いものがあり、悪ければ調整・チューニングが必要です。

アベンタクローラーGT(イマカツ)
アベンタGT インプレ
アベンタGT動きが悪い時のチューニング
アベンタGTとアベンタクローラーの違いまとめ

アベンタクローラーGT実釣インプレ!欠点と簡単チューニング・使い方。ウッド製小型で重さ30g
アベンタクローラーGT(イマカツ)はウッド製でセッティングがシビアです。それゆえ、アタリハズレ、動き...

アベンタクローラーRS(イマカツ)

アベンタクローラーRSは、80mm・重さ24g、アベンタより大きな羽根が付いています。アベンタクローラーRSの水面ピクピクは超低速特殊性能の極み、それはまさにプロスペックの羽根モノです。逆に言うと、一般バサーには特殊スペックすぎるきらいがあります。

アベンタクローラーRS(イマカツ)
アベンタクローラーRS インプレ

アベンタクローラーRS実釣インプレ詳細版!プロスペック超低速性能、GTと比較。チューニングも
アベンタクローラーRS(イマカツ)の実釣使用感含めたインプレ詳細版です。アベンタクローラーRSの水面...
アベンタクローラーRSをチューニング!羽根を前方へ移動し軽量アベンタGT!?(三原プロの秘密)
アベンタクローラーRSをチューニング!羽根の位置を前方に移します。羽根自体も変更します。 アベンタ...

アベンタクローラー ウッドリミテッド(メガベンタ)

オリジナルアベンタの形状を忠実にウッド化したアベンタクローラーウッドリミテッド。サイズ感はあまり変わりませんが、ボディー体積は約10%増、ウエイト実測約52g。アベンタクローラーに比べ、あきらかに水押し・アピールが強いです。

【アベンタクローラーウッドリミテッド】実釣インプレ!最強のアベンタは重さ2oz(メガベンタ)
ついに出ましたアベンタクローラー ウッドリミテッド!(メガベンタ)。イマカツさんいわく、アベンタクロ...

ベルリネッタクローラー2(イマカツ)

改良されたベルリネッタクローラー2の重さは1.5oz、120mm。中低速性能にフォーカスしたタイプに変わり、旧ベルリネッタよりも有効速度域が広くなりました。アベンタクローラー並とは言わないものの超デッドスローでも動きます。

ベルリネッタクローラー2(イマカツ)
ベルリネッタクローラー2 インプレ

【ベルリネッタクローラー2】実釣インプレ!改良した結果どうか?使いやすくチューン不要に
改良されたベルリネッタクローラー2(イマカツ)。実際に使用してどうか?、旧型との違いを含め、ベルリネ...

リザードクローラー(シグナル)

リザードクローラーは発泡樹脂製で2oz、奥田イズムを注ぎ込んだ個性的なビッグクローラーベイトです。中低速巻きのアピールが強く、水面が荒れぎみの時や濁りがある時などは他のクローラーベイトより有効です。

リザードクローラー(シグナル)
リザードクローラー インプレ
リザードクローラー使用感と調整法など

リザードクローラー(シグナル)インプレ。奥田イズムを注ぎ込んだビッグクローラーベイト
リザードクローラーは、開発過程で軽量小型化を遂げたダッジやアベンタGTとは異なる方向性です。奥田さん...
リザードクローラーの基本チューニング!神リザクロを作るためにどう調整すればよいか?
リザードクローラー(シグナル)を神リザクロに近づけるため、そのベースを作る基礎的なチューニングです。...

スィートフィッシュクローラー(THタックル)

スィートフィッシュクローラーは重さ1.5oz・160mm、斬新な”魚の型取りボディ”です。アベンタやダッジのような”羽根のガタツキ”が全くなく、上反りしている左右非対称ボディのうねるような揺れからクロール動作が起動されます。その意味でデッドスロー系羽根モノとしては今までになかったタイプです。

斬新!【スィートフィッシュクローラー】実釣インプレ。超デッドは瀕死の魚(THタックル)
スィートフィッシュクローラーは”魚の型取りボディ”のビッグクローラーベイトです。ベイトフィッシュライ...

ゾーイクローラー(THタックル)

あのゾーイがクローラーベイト化されました。ゾーイクローラー(THタックル)は、重さ1.5oz・長さ110mm、リアルギルボディです。速度が遅くても平面ボディがしっかり強く水を押し、水面ピクピクからノーマルリトリーブまで使えます。扁平ボディで似たタイプはリザードクローラーですが、リザクロ超えしてます。


【ゾーイクローラー】実釣インプレ!リアルギルボディの超デッドスロー、水面ピクピクはヤバい
リアルギルボディのクローラーベイト、やっぱりきましたね笑。THタックルが、あのゾーイをクローラーベイ...

ポンパドール(ジャッカル)

ポンパドールは79mm、重さ22g。デカハネではなく普通のタックルで使えます。ラトル入り&リアにペラ付きなので、ノイジー感はかなり強いです。使いやすく羽根モノビギナーにもおすすめです。

ジャッカル「ポンパドール」実釣インプレ!使いやすく巻いてて楽しい羽根モノルアーの使い方
ポンパドール(ジャッカル)の実釣使用感含めインプレです。ポンパドールは使いやすく羽根モノビギナーにも...

メガポンパドール(ジャッカル)

メガポンパドールは重さ57g。ポンパドールの基本性能を引き継ぎ、特大サイズのステンレス羽根、ラトル音、プロップ音と、ノイジー感MAXのビッグクローラーベイトです。裏技だという超デッドスローは安定感に欠ける感じで、他のデッドスロー系クローラーベイトのほうが使いやすいです。

【メガポンパドール】実釣インプレ!ノイジー感MAXハイアピールはスゲー。超デッドは安定度不足
メガポンパドール(ジャッカル)の実釣使用感含めインプレです。特大サイズのステンレス羽根、ラトル音、プ...

レゼルブ(ディスタイル)

画期的なミノーシェイプの小型羽根モノ。ジャッカルとディスタイルのコラボで制作されたレゼルブです。わずか5gですがベイトタックルでも投げられ、チューニングでさらに使いやすくなります。

レゼルブ(DSTYLE)実釣インプレ&欠点とチューニング。5gの羽根モノルアー、ベイトタックルOK
レゼルブ(ディスタイルxジャッカル)の実釣使用感含めインプレです。レゼルブには欠点があり、それを改善...
続き・レゼルブ(ディスタイル)インプレ&チューニング
レゼルブのインプレ、アクセスが多いので続きです。ルアマガ最新号付録DVDで、青木大介プロがレゼルブに...

NZクローラー(デプス)

NZクローラーは、リザードクローラーとはまた異質な強アピールタイプ。平べったいボディで3ozクラスです。ノソノソしたクロールアクションはあまり強くはないのですが、デカい平面ボディから出る波動とその存在感・シルエットの大きさは特別です。

【NZクローラー】実釣インプレ!異質で強アピールなデプスの羽根モノ。チューニングと使い方
NZクローラー(デプス)の使い方やチューニング、実釣使用感含めインプレです。このクローラーベイトはか...

FPクローラー(モンカルアーワークス)

FPクローラーは重さ2ozクラス、110mm、硬質発泡ウレタン製。リザードクローラーをフィネス化したようなタイプで、超デッドスローピクピクが秀逸です。

FPクローラー(モンカルアーワークス)実釣インプレ!フィネスな超デッドスローが秀逸
FPクローラー(モンカルアーワークス) 先日入手したFPクローラー(モンカルアーワークス・MONK...

タイニーFPクローラー(モンカルアーワークス)

FPクローラー(2oz)が使い勝手よいサイズに小型化されました。オリジナルはデッドスロー特化タイプでしたが、タイニーFPクローラー(35g)は水面ピクピクからレギュラーリトリーブまでこなす万能系です。飛距離が出るのも魅力です。

タイニーFPクローラー(モンカルアーワークス)実釣インプレ!小型化し35g・使いやすい万能系
FPクローラー(2oz)が使い勝手良いサイズに小型化されました。タイニーFPクローラーの実釣使用感含...

アベンタクローラー2017モデル(イマカツ)

アベンタクローラー2017は、羽根の金属音が中空ボディによく響きます。羽根受け部にアベンタGTと同じ金属台座を採用して羽根の稼働域もやや大きく、それが音量大の要因です。

アベンタクローラー2017実釣インプレ!改良点、旧モデルとの違いは何か?結果は50UP連発
アベンタクローラー2017(イマカツ)はアップデートモデルです。旧アベンタクローラーとの性能面の違い...

アベンタクローラー2017スーパーボーン(イマカツ)

アベンタクローラー2017スーパーボーンは初期アベンタと同じカルピス樹脂で作られてます。アベンタ2017に比べ、スーパーボーンの動きは少し素軽く感じます。クロールのピッチが若干細かくて、巻き抵抗もやや軽い印象です。

アベンタクローラー2017スーパーボーンはどう違う?(実釣インプレ)カラーは無塗装
アベンタクローラー2017スーパーボーンの性能はノーマルアベンタとどれくらい違うか、実釣使用感含めて...

ブルービー(ワンスタイル)

Blue Bee(ブルービー)は重さ48g、110mm、羽根は旧型クリーパーと同じタイプ。DEPS製スプリングウェイト=パルスコッドのアレを搭載したデカ羽根モノルアーです。

ブルービー(ワンスタイル)
ブルービー インプレ

ヤマトクローラー(ヤマト屋&スキルフル)

中低速はもちろん、デッドスロー、水面ピクピクもOKなヤマトクローラー。羽根モノビギナーでも使いやすい万能タイプです。速めに巻いてもアクション破綻せずとても良好です。立ち浮きからのトイッチで羽根が水を揺らして移動最小でアピールします。

【ヤマトクローラー】実釣インプレ!デッドスローや水面ピクピクもOK。四国ヤマト屋xスキルフル
クローラーベイト好きの繋がりで、PAYさんから「ぜひ使って!」と頂いたヤマトクローラーの実釣使用感含...

カヲル(GaraKuta屋)

ルックスがバツグンな、GaraKuta屋のビッグクローラーベイト「カヲル」。ハイフィン系の羽根でサイズ感や重さはリザードクローラーに近い。使える速度範囲は広め、水面ピクピクも動く(羽根のヒートンを微調整後)。アピールは控えめです。

【カヲル】実釣インプレ!トップ系ブランド「GaraKuta屋」のビッグクローラーベイト
ルックスがバツグンな、GaraKuta屋のビッグクローラーベイト「カヲル」。ハイフィン系の羽根でサイ...

ピッチンクローラー(アチック)

ピッチンクローラーは硬質ウレタン樹脂製で110mm、70g。見た目はリザクロに似てるようで特性は異なります。ボディ底面が大きく局面になっていて、それゆえに暴れ気味なアクションが特徴。スローリトリーブが使いやすい。

ピッチンクローラー(ATTIC)実釣インプレ!重さ70g、スローで使うタイプ
アチックのピッチンクローラー実釣インプレです。樹脂製であり、一見リザクロに近いような印象を受けるビッ...

ジョインテッドウルラ(オウルジーンズ)

インパクト抜群なジョインテッドウルラ(オウルジーンルアーズ)。63.8g(実測)、ボディ長は約130mm。独自路線というか独特なタイプです。

ジョインテッドウルラ(オウルジーンズ )インプレ。マグナム級ビッグクローラーベイト
バルタン星人を思い出す~w。インパクト抜群なジョインテッドウルラのインプレです。 ジョインテッドウ...

鉄馬(バンズベイト)

琵琶湖発のハンドメイド羽根モノルアー、バンズベイトの”鉄馬”。フック装着の実測で重さ約48g。痩身ボディのサイズ感はダッジ(114ミリ)とそう変わらないです。

鉄馬(Van's Bait)実釣インプレ!琵琶湖発のデカ羽根モノルアー
琵琶湖発の羽根モノルアー、バンズベイトの”鉄馬”。実釣使用感を含めたインプレッションです。 鉄馬(...

ビート BEAT(トリック)

一見ダッジに似ているビート。ダッジよりも太めの樹脂ボディで中空です。実測で31.4g、約120mm、羽根はハイフィンタイプのハンドメイド。

ビート Beat(トリック)実釣インプレ!ダッジに似てる羽根モノルアー。似てない部分が面白い
ビートという羽根物ルアーです。一見ダッジに似ています。 ビート(トリック)のスペック ビ...

ビートトライブ BEAT TRIBE(トリック)

ビートのビッグサイズ版、ビートトライブ。ウエイトは56.4g、羽根はスマイルのアルミ羽根。

BEAT TRIBE(ビート トライブ)インプレ
Beat(ビート)のビッグサイズ版、BEAT TRIBE(ビート トライブ)のインプレです。 ...

ウォッシャークローラーフカフカ(ノリーズ x アカシブランド)

ウォッシャークローラーフカフカ(ベジテーションシリーズ)は、ウッド製で重さ約30g、83mm。田辺さんが言う”フカフカ”アクションとは、デッドスローでブレードがスイングすることで起こる「ボディの縦揺れ」です。

【ウォッシャークローラーフカフカ】実釣インプレ。デッドスローで縦揺れ!ノリーズxアカシブランド
再販が噂されるウォッシャークローラーフカフカの実釣使用感含めインプレです。田辺さんが言う”フカフカ”...

ウォッシャークローラーマッスル(ノリーズ x アカシブランド)

「ウォッシャークローラーマッスル」インプレ&動画★オリジナルとの比較
ウォッシャークローラーマッスル(ノリーズ) ノリーズ×アカシブランドのベジテーションシリーズ、ウォ...

タンケット(ベベル)

タンケット(ベベル)
タンケット インプレ
タンケット (* ̄(エ) ̄*) チューニング

羽丸(マルテ)

羽丸(マルテ)
羽丸 インプレ

旧型・ベルリネッタクローラー(イマカツ)

旧型・ベルリネッタクローラー(イマカツ)
ベルリネッタクローラー インプレ
ベルリネッタのチューン、動画とまとめ

羽根モノ使いが選んだクローラーベイトランキング

複数のデカ羽根モノルアーを使いこなしデカバスを釣っている7人にアンケートをとり集計した結果です。

6位 ベルリネッタクローラー2(イマカツ)
5位 リザードクローラー(シグナル)
4位 ホグバスター(ハイフィン)
3位 クリーパー(ハイフィン)
2位 ダッジ(レイドジャパン)
1位 アベンタクローラー(イマカツ)

デカ羽根モノルアーランキング!羽根モノ使い7人のおすすめビッグクローラーベイト(後編)
羽根モノ使い7人が選んだ「羽根モノルアーベスト3」です。今のバス釣りでは珍しくなくなったデカ羽根モノ...

クローラーベイトの自作。羽根モノ作り方のアドバイス

売ってないタイプの羽根モノルアーを自作してます。いろいろ聞かれるので、自作クローラーベイト・羽根モノルアーを作りたい方へ、作り方のアドバイスも書きました↓

クローラーベイトの自作!超デッドスロー羽根モノルアーの作り方アドバイス
例の超デッドスロー対応自作クローラーベイトの進捗状況と、羽根モノルアーを自作したい人への作り方アドバ...

ビッグクローラーベイト用のタックル

ロッドはグラスか低弾性タイプがおすすめ

ビッグクローラーベイトでは遅めのアワセが有効です。硬いグラスロッド(グラスコンポジットロッド)が適しています。ただし、グラスロッドは慣れが必要であり、慣れていなければグラスロッドゆえのミスも起こります。カーボンロッドを使うなら低弾性タイプがよいです。

デカ羽根モノにはヘビーグラスロッド!ビッグクローラーベイトはなぜバイトが激しいのか?
ビッグクローラーベイトは他のルアーよりも激しいバイトが多いです。それはなぜか? そこから、羽根...

先重り感のあるロッドは向かない

ラインたるませ巻き(後述)をするため、ビッグクローラーベイトではロッドを立て気味に使うことが多く、先重り感のあるロッド(重心が前寄りのロッド)は疲れやすく向きません。

デカ羽根モノ用ロッドのグリップエンドにバランサーがあれば…。ロッドのバランスウエイト
近頃ビッグクローラーベイトを使っていると、ロッドによってはグリップエンドにバランサーがほしくなる…と...

リールはノーマルギアで、ロングハンドルがベター

デッドスロー系のビッグクローラーベイトであればハイギアは向きません。私のおすすめは、ギア比6.2のリールで100mmクラスのロングハンドルを装着して使うことです。ビッグクローラーベイトではロングハンドルのメリットが活きる理由があります。

ビッグクローラーベイトにロングハンドルが向く3つの理由★デカバスを確実に獲るために
ビッグクローラーベイトの釣りにハマっているなら、ロングハンドルがオススメですというお話。 ビッ...

ビッグクローラーベイトに使うライン

トップなのでラインはナイロンかPEがよいです。近めの距離がメインであればフロロでもあまり問題ないと思います。デカバス用の強度が必要なので、わたしはナイロンラインで20ポンドを使っています。

おかっぱりで、ロッド1本でいろいろやる場合におすすめのナイロンラインがあります↓

X-TEX COBRA エックステックス・コブラ(インプレ)おかっぱりバサーにおすすめなライン
エックステックス コブラ(デュエル)のパッケージから田辺哲男の名前は消えました。が、田辺ファンは今で...

ビッグクローラーベイトの「ラインたるませ巻き」

デッドスロー系のクローラーベイトは”ラインをたるませて巻く”ことが効果的です。しかし、ルアーが近づくほどラインはたるみません。ラインをたるませられない状況ではタックルがより重要になってきます↓

デッドスロー系クローラーベイトで釣果を伸ばす方法★よく言う「たるませ巻き」の弱点
クローラーベイトは「ラインをたるませて巻け!」といいますが、なぜラインを弛ませて巻くのがいいのか? ...

クローラーベイトのデッドスローを使う時期は?冬もいける?

「移動速度が遅く」そして「強いアピール」、それが冬トップの攻略法の一つです。ゆえに、冬トップにデッドスロー系ビッグクローラーベイトはありです。でも、フィールドの状況によってクローラーベイトが向かない場合もあります。

クローラーベイトデッドスロー。主に使う時期は?冬トップにおけるメリットとデメリット?
デッドスロー系クローラーベイトを使う時期。冬にデッドスロー系クローラーベイトを使うとどうなるか…その...

ビッグクローラーベイトの使い方・タックルまとめ

クローラーベイトの使い方やマル秘テク、クローラーベイト向きのタックル、チューニングノウハウなどのまとめ記事です↓

クローラーベイト・羽根モノルアーの使い方、タックル、チューニング、パターン等のノウハウ
気づいたらクローラーベイト・羽根モノルアーの記事がすでに100本超えてます。クローラーベイトの使い方...

クローラーベイト動画21連発

羽根モノルアーのアクション動画21連発です。

クローラーベイト・羽根モノルアーのアクションを比較。動画21連発まとめ
今まで撮ったクローラーベイト・羽根モノルアーの動画まとめです。アベンタクローラー・RS・GT・ベルリ...
ブログをメールで購読

★ブログ更新をメールで受信できます。

ブログランキング
1クリックでモチベーションUPします↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
おかげでランキング上昇♪

フォローする

Twitterで更新情報を届けます

コメント

  1. みかん0729 より:

    こう見ると、圧巻というかなんと言うか…
    つかじーさんが積み上げてきたものの大きさを感じます…( ´ ▽ ` )
    読み返しますw

  2. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    みかんさん、ありがとうございます!
    デカ羽根モノ関連記事だけでも、よくもまあこんなに書いたなと思えるくらいの本数=50本くらいになりました笑

  3. サカナ より:

    インプレスまとめお疲れ様です!!
    つかじーさんの記事見てブルービーと羽丸持ってたの思い出しましたw
    色々出ますが、個人的にはやっぱりハイフィン投げちゃいます…
    ダッジも立ち上がりでコケるのは致命的だなと改めて思いますね。動きはいいんですけど…

  4. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    サカナさん、どうもです!
    ハイフィンは根強い人気がありますね。サカナさんの場合はあのロクマル獲ってますからねー( ´ ▽ ` )
    ハイフィンでも現行ではなくやっぱ旧型アルミ羽根ですかね?

  5. TAIDON より:

    デカ羽根のまとめ、ありがとうございます♪
    これ見るハイフィンの登場以来、羽根はアルミやジュラルミンの軽いものばかりですね(^^)
    そろそろサーフェイスゲームも増やしていきたいと思います(^_-)

  6. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    TAIDONさん、どうもです!
    そうですね〜
    そろそろTAIDONさんらしい一発見せてください( ´ ▽ ` )ノ