アベンタクローラーとアベンタGTの違い。アベンタRSは究極デッドスロー(インプレと使い方)

アベンタクローラーシリーズ(イマカツ)は超デッドスローに特化したクローラーベイト。アベンタシリーズ各種類のインプレと使い方やチューニング方法などをまとめました。

アベンタクローラーを小型したアベンタクローラーGT、究極のプロ仕様であるアベンタクローラーRS、そして進化したアベンタクローラー2017、カルピス樹脂のアベンタスーパーボーン、最強無敵のアベンタウッドリミテッド(メガベンタ)へ。

アベンタクローラーの実釣インプレ、効果的な使い方

アベンタクローラーの重さは約1.3oz、サイズは11.5cm。最大の特徴は「1mを7秒かけて動く」というスーパーデッドスロー、その性能です。アベンタクローラーシリーズの超デッドスローをどのように使うと効果的なのか。

デカバス率の高いアベンタシリーズで結果を出すためのキモを詳しくまとめました↓

【アベンタクローラー】総まとめ!アベンタ各種類比較・インプレ・使い方・チューニング・タックル | 雄蛇ヶ池 蛇の道は蛇 - バス釣りブログ
アベンタクローラー(イマカツ)はなぜデカバスが釣れるのか? その効果的な使い方、インプレ、チューニングなど、アベンタクローラーの総まとめです。アベンタシリーズ各種の比較・詳細も紹介します。 アベンタクローラーの特徴・インプレ アベンタクローラーの重さは約1.3oz、サイズは11.5cmです。

アベンタクローラー

アベンタクローラーとアベンタクローラーGTの違い

アベンタクローラーとアベンタクローラーGTはどっち買ったらいいの? と、よく聞かれますので、違いを整理しました。

abe_hikaku

1)ピンスポットへのキャストと着水音

ピンスポットへの正確なキャストは小さいアベンタGTのほうがやりやすく、着水音のコントロールも楽です。アベンタGTはタックルも普通のものでなんとかなります。

2)めちゃめちゃ遅い水面ピクピクの感覚

スーパーデッドスロー(水面ピクピク)では、性能的に同等だが操作感としてアベンタGTのほうがノー感じ。重いオリジナルアベンタのほうがやり易くて、私はオリジナルのほうが好き。

3)中速域での感覚

巻き速度を上げていくと、オリジナルアベンタよりもアベンタGTのほうがバタつきが少ない分、中速域くらいまでなんとか使える印象。

4)羽根のガタツキから出る音

オリジナルは金属がプラボディにあたる音で、中空ボディに反響する。アベンタGTは金具と金属台座があたる金属音で、オリジナルとは音質が異なる。

5)品質のバラつき

アベンタGTにはウッド製ゆえの品質のバラつきがあり、動きがイマイチなものは調整が必要。逆に、オリジナルのアベンタクローラーは一定品質であり、新品の動きが一番良い。

アベンタクローラーGTのチューニングや調整方法は下記を参照してください。

アベンタクローラーGT実釣インプレ!欠点と簡単チューニング・使い方。ウッド製小型で重さ30g
アベンタクローラーGT(イマカツ)はウッド製でセッティングがシビアです。それゆえ、アタリハズレ、動きが良いもの悪いものがあり、悪ければ調整・チューニングが必要です。そのあたりの実釣使用感を含めたインプレです。 持っている3個の...

アベンタクローラーRSは究極の超デッドスロー

超デッドスローを極めた究極のアベンタクローラーRS。私の釣りにおいては、オリジナルアベンタクローラーのほうが使い勝手良く、特殊スペックすぎるRSを使い切れないかもしれません。それはまさにプロスペックです。

アベンタクローラーRS実釣インプレ詳細版!プロスペック超低速性能、GTと比較。チューニングも
アベンタクローラーRS(イマカツ)の実釣使用感含めたインプレ詳細版です。アベンタクローラーRSの水面ピクピクは超低速特殊性能の極み、それはまさにプロスペックの羽根モノです。 アベンタRSの重さは24g。普通のタックルでOK アベンタクロ...

アベンタクローラーRS

アベンタクローラーGT vs レイドジャパン ダッジ

アベンタクローラーシリーズと同様の性能を持つ超デッドスロー対応羽根モノであるレイドジャパンのダッジとの比較です。

ダッジのほうがクロールのピッチが細かく、アベンタGTは羽根による水押しがダッジよりも強い。他にも、金属音やマラブー付きフックなど、それぞれに特徴があり、良い点があります。

レイドジャパン ダッジ vs アベンタクローラーGT★性能比較とインプレ&チューニング
ダッジ(レイドジャパン)とアベンタクローラーGT(イマカツ)の超デッドスロー性能を比較します。 ダッジ vs アベンタクローラーGT 1ozクラスのデカ羽根モノ、ダッジとアベンタクローラーGT。その共通点は、真骨頂(性能の核心)が超デッ...

進化したアベンタクローラー2017モデル

アベンタクローラーのスペックをそのままに、進化したアベンタクローラー2017モデルがリリースされました。

羽根受け部にアベンタGTと同じ金属台座を採用し、ネジも最初から緩めで羽根の稼働域もやや大きく、旧モデルよりも羽根の金属音が増強されています。

アベンタクローラー2017実釣インプレ!改良点、旧モデルとの違いは何か?結果は50UP連発
アベンタクローラー2017(イマカツ)はアップデートモデルです。旧アベンタクローラーとの性能面の違いは何か。実釣使用感含めインプレです。 アベンタクローラー2017は改良版 超デッドスロー対応のアベンタクローラー。そのアップデートモデル...

アベンタクローラーRS

アベンタクローラースーパーボーンはカルピス樹脂

アベンタクローラースーパーボーンは、初期アベンタクローラーの樹脂(カルピス樹脂)を使い、初期アベンタの性能を再現したものです。

スーパーボーンとアベンタクローラー2017の差は小さいです。アベンタ2017に比べスーパーボーンの動きは少し素軽く感じると思います。クロールのピッチが若干細かくて、巻き抵抗もやや軽いです。

アベンタクローラー2017スーパーボーンはどう違う?(実釣インプレ)カラーは無塗装
アベンタクローラー2017スーパーボーンの性能はノーマルアベンタとどれくらい違うか、実釣使用感含めてインプレです。初期アベンタを復刻させたアベンタクローラースーパーボーンはアベンタクローラー2017を超えたのか? 初期アベンタ、ブラックデ...

アベンタクローラースーパーボーン

アベンタクローラー ウッドリミテッド(メガベンタ)

オリジナルアベンタの形状を忠実にウッド化したアベンタクローラーウッドリミテッド(メガベンタ、マグナムアベンタクローラー)。ボディー体積約10%増、ウエイト実測約52g。

【アベンタクローラーウッドリミテッド】実釣インプレ!最強のアベンタは重さ2oz(メガベンタ)
ついに出ましたアベンタクローラー ウッドリミテッド!(メガベンタ)。イマカツさんいわく、アベンタクローラー ウッドリミテッドの「スーパーデッドはアベンタRSをも凌ぎ、飛距離・パワーも最強無敵!」。ほんまかいなと、実釣使用感含めたインプレッシ...

アベンタクローラー ウッドリミテッド(メガベンタ)

クローラーベイトの実釣レビュー&使い方

クローラーベイト各種の実釣レビューや使い方をまとめました。

【クローラーベイト・羽根モノルアー総まとめ】42種インプレ&おすすめとランキング。タックルや使い方、自作方法 | 雄蛇ヶ池 蛇の道は蛇 - バス釣りブログ
クローラーベイト・羽根モノルアー各種についての実釣使用感インプレッションのまとめです。また、おすすめビッグクローラーベイト、ビギナー向きなクローラーベイト、ランキング、使用するタックルや使い方、チューニング記事、自作クローラーベイトの作り方など…総まとめしました。 ビッグクローラーベイト 最新ランキングTOP20(20...

ビッグクローラーベイトTOP20。人気ハネモノの動画とインプレをランキング形式で紹介!

羽根モノルアー・ビッグクローラーベイト最新ランキングTOP20★人気と実力のリアル
羽根モノルアーTOP20を動画でアクション比較検討!ランキング形式で紹介します。 最新)羽根モノルアー人気と実力のランキング 400名以上が参加しているハネモノ企画「デカハネGP」の釣果を元にして作成したこのランキングには、人気と実力の...
タイトルとURLをコピーしました