ビート Beat(トリック)実釣インプレ!ダッジに似てる羽根モノルアー。似てない部分が面白い

ビートという羽根物ルアーです。一見ダッジに似ています。

ビート(トリック)のスペック

ビート Beat(TRICK)

実測で31.4g 約120mm

羽根はハイフィンタイプですがハンドメイドで、羽根受け金具がオリジナルです。羽根と金具にバリが少々残ってます。

ダッジとビートの比較

左がダッジ、右がビートです。ビートはダッジよりも太めの樹脂ボディで中空のようです。フックはダッジと同じようなマラブーフックがついています。

ビートのアクション

動画を見てください。スロー巻き程度です。クロールのピッチは細かいです。

ダッジと異なり、水面から羽根があまり上がらず、水押しが強いのが分かると思います。遅く巻いても巻き抵抗大きめです。ポコポコ音がよくでることも、ダッジと違う点です。

超デッドスローももちろんOKです。羽根が上がらないので、ピクピクというよりモゾモゾ動きます。

ビートのチューニング

ビートは、そのままではまっすぐ泳がず調整しました。羽根がハンドメイドな分、左右の誤差がでやすいです。

逆さま着水からもどりにくかったので、フロントのマラブーフックをやめて重めのフックに変えたら、良好になりました。

個人的には、アベンタやリザクロよりサイズやウエイトを下げたい時、これをダッジと使い分けるのが面白そうです。

ビート トライブ(BEAT TRIBE)

ビートのビッグサイズ版、ビートトライブ。ウエイトは56.4g、羽根はスマイルのアルミ羽根。個人的には、超デッドスローはビートのほうがいい感じです。トライブは、超デッドスローよりも、デッドスローくらいのポコポコがよく出る速度のほうが気に入りました。

BEAT TRIBE(ビート トライブ)インプレ
Beat(ビート)のビッグサイズ版、BEAT TRIBE(ビート トライブ)のインプレです。 ...

クローラーベイト各種の実釣レビュー&使い方

クローラーベイト各種の実釣レビューや使い方をまとめました。

クローラーベイト・羽根モノルアー各種についての実釣使用感を含めたインプレ、おすすめのビッグクローラーベイト、ビギナーにおすすめなクローラーベイト、ランキング、使用するタックルや使い方、チューニング記事、自作クローラーベイトの作り方など、総まとめです。 ※2018.9.17 タイニーFPクローラーのインプレ追加! ※20...
ブログをメールで購読

★ブログ更新をメールで受信できます。

ブログランキング
1クリックでモチベーションUPします↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
おかげでランキング上昇♪

フォローする

Twitterで更新情報を届けます

コメント

  1. TAIDON より:

    自分も気になってました!YouTubeよりもつかじーさんの動画のほうが武器がしっかり撮れてますねww

    羽根は開きますか?(^^)

    • つかじー より:

      Taidonさん、どうもです~
      ありがとうございます。
      羽根は開きますよ(^^)?