雄蛇ヶ池の生物・生態系

雄蛇ヶ池の生物・生態系

オジャガ池でヤマビルにやられたみたい。油断してました(注意喚起)

靴下の上からでも血吸えるのね。すごいなって思ってしまったよw。 雄蛇ヶ池でヤマビル吸血くらった 釣りから帰ったら靴下が血だらけで…ヤマビルにやられたみたいです。完全に油断してました。だって長年オジャガ池で釣りしていてヒルに噛まれたことが...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

おかっぱりバスアングラーがマダニに噛まれる!しかもタマタマを( ;´Д`)マダニのまとめ

死亡例もある感染症を媒介するマダニ。雄蛇ヶ池でよく釣りしている「まっすんさん」が、アソコをマダニに噛まれました(恐)。明日は我が身です。アングラーのみなさんは十分に気をつけてください。 長ズボン履いててもマダニに噛まれた 雄蛇ヶ池か、あ...
バス釣りに役立つ情報

アカガエルパターンの真実★赤いルアーもフロッグもいらない

すっかり有名になった「冬のアカガエルパターン」。雄蛇ヶ池にはアカガエル(ニホンアカガエル)がたくさんいます。 (この記事中の写真はすべて雄蛇ヶ池で撮影) 冬のアカガエルを探すのは大変。でも夏は簡単 釣り場でアカガエルを見たことがあ...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

目が赤いバスの謎。プリスポーンに多いレッドアイバス(ΦωΦ)ブラックバスの目の色の話

目が赤いブラックバスが釣れたことありますか? ラージマウスバスの目の色は黒っぽいのが普通ですけども、個体差がありますね。自分の経験では、赤い目のバスが釣れる確率が高くなる時期があります。 まるでスモールマウスバスのようなレッドアイ!...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

子鯉大増殖のインパクト★バスの個体数・釣果リバウンドを予測させる2つの理由@雄蛇ヶ池

減少が続いていたバスの個体数がリバウンドし、釣果が回復するんじゃないかと予想してます。 「子鯉大増殖」という生態系への衝撃 今年、雄蛇ヶ池で劇的に変化したことは、鯉の稚魚が大量に発生したことです。それは信じがたいほどの数でした。 (雄...
バス釣りに役立つ情報

【オオマリコケムシとザリガニパターン】ザリガニが真っ昼間にオオマリコケムシを食らう!

昔、「雄蛇ヶ池のオジャッシー」って有名でしたよね笑。バス釣りに行って見かけるアレです。今は亀山湖のほうがイメージ強いでしょうか。 食われるオオマリコケムシ オオマリコケムシです。ザリガニはこのオオマリコケムシを食います。 ...
バス釣りに役立つ情報

バス釣りにアオコがどう影響するか?様々な状態があるアオコ★見極めが重要

長年、雄蛇ヶ池のひどいアオコの中で釣りをしてきて、アオコにも様々な状況がありました。すべては説明しきれませんが、基本的なアオコについての考え方のまとめです。 「アオコがあるから釣れない」という間違い アオコはバス釣りにとってマイナスに受...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

ヤマカガシより恐いのはマムシ。マダニとイノシシにも注意★雄蛇ヶ池でのオカッパリ注意事項

昨日、ヤマカガシに噛まれて意識不明になったニュースがありました。ですが、ヤマカガシはあまり恐くなくて、雄蛇ヶ池で恐いのはマムシです。雄蛇ヶ池にはイノシシや狸などが出没しますので、マダニ(死亡例あり)も要注意です。 ヤマカガシは恐いか? ...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

50UPのバスが吐いたモノの話★リアルに雄蛇ヶ池でデカバスが食べているもの(閲覧やや注意)

リアルにバスが食べているものの話。 50UPが吐いたモノ 昨日の50UPが吐いたモノの写真です。釣れた場所との相関で、なるほど~と思ってしまいました。 オタマジャクシ&魚種1&魚種2 見てすぐ分かるのはオタマジャクシですね。...
バス釣りに役立つ情報

雄蛇ヶ池の55UPに方程式はあるか★雄蛇ヶ池で55UP増加の理由

雄蛇ヶ池において55UPのバスはテッペンにいるバス、MAXクラスです。 55UPに方程式は存在するか 雄蛇ヶ池オカッパリでデカバスを釣った話を聞くと、やはり多いのは流れ込みです。「インレットでビッグサイズが釣れることがある」というのは、...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

腐れワームかと思ったら違った!何だこれ??…の巻

減水すると、膨張しきったでっかいブヨブヨのワームをよく見かけます。でもよく見ると違いました。 何だこれ?? 手のひら大の3個 最初、ふやけたクローワームに見えました。 見た目がキモい。 他の場...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

ソウギョの立ち泳ぎ葉っぱ喰い写真がめっちゃバズる

先日の釣行時に撮った「ソウギョが立ち泳ぎして葉っぱ喰ってる写真」。Twitterに写真のみでツイートしたら、”リツイート”も”いいね”もすごい勢いです。釣行記事はぜんぜんバズらないけど笑。 インパクトありましたかね!?。個人的...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

バスのスポーニング期間は長い★雄蛇ヶ池ではおよそ3月下旬~7月上旬

いよいよスポーニングシーズン突入ですね。 雄蛇ヶ池では3月に始まること、ままあり 経験上、雄蛇ヶ池は3月のうちには一部始まっていることがままあると思います。3月に始まるのは、スポーニングする個体のごく一部かもしれませんが、暖冬の年は増え...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

ピンクの卵はオジャガ池から消えた

琵琶湖で増加中らしい、ジャンボタニシ(外来種のスクミリンゴガイ)の卵塊。DEPS奥村さんがツイートしてました↓ 【本日の収穫】ジャンボタニシのタマゴ(ピンク色の塊)は水の中に落とすだけで死滅します pic.twitter.com/nh...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

カワウに喰われる子バス、カワウに傷つけられるアダルトバス

雄蛇ヶ池では、秋にはたくさんいた25cmクラスのバスが春になると激減している、それが毎年のように続いています。 潜水後に羽を乾かすカワウ@雄蛇ヶ池 目撃した経験もありますが、30cmクラスのバスは余裕で飲み込んでいると思...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

バスを喰うカワウ対策はあるか★雄蛇ヶ池は真冬の減水でカワウ食害増加がヤバイ

今年もカワウの飛来が多いです。そして、ただでさえカワウからの逃げ場が少ない雄蛇ヶ池で、真冬の大幅減水はヤバイです。 潜水後に羽を乾かすカワウ@雄蛇ヶ池 【カワウ豆知識】 水鳥の羽毛が水をはじくのに対し、潜水に適応したカワウの羽毛には水...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

草魚放流から駆除に転換した野尻湖。雄蛇ヶ池はどうすべきか。

1m以上の草魚捕獲で1万円の謝礼@野尻湖 野尻湖は、かつてソウギョを水草除去目的で放流したが、ソウギョ駆除へと転換した。毎日新聞の記事によれば「漁協関係者は『水草を守らなければ地元は衰退の一途』と、背水の陣で駆除を呼びかけている」そうです...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

バス減ってタフな雄蛇ヶ池、異常なサイズ分布

今年ここまでの釣果@雄蛇ヶ池です。 例年にも増して40前半から下のサイズがぜんぜん釣れません。 50UP ●● 2 49cm ●●● 3 48cm ●● 2 47cm ●● 2 46cm ●●● 3 45cm ●●●●● 5 ...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

アオコが作る有毒物質は強力。ボートからの落水時に注意

近年になり、アオコ(藍藻類)が生産する有毒物質に関する研究が進み、毒性が明らかになってきました。下の写真はその1種、ミクロキスティス・エルギノーザ 。 (雄蛇ヶ池にて採取検鏡し撮影/2007年8月) アオコが生産する毒素は強力 ...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

雄蛇ヶ池クロニクル/バスはサイズダウンと個体数減少が進行中

6年前のBASSERに、雄蛇ヶ池を連想させる興味深い記事があった。 『ウィードで埋め尽くされるタイプのアメリカの湖では、繁茂したウィードを除去するために除草剤の散布(グラス・キル)を行うことがある。ガンターズビルでも行政によるグラス・キル...
雄蛇ヶ池の生物・生態系

雄蛇ヶ池クロニクル/草魚放流と田辺哲男プロの嘆き

雄蛇ヶ池にソウギョが放流されたのは2006年のこと。そして翌年、2007夏に田辺さんが取材で訪れた。 その時すでに雄蛇ヶ池ではウィードが壊滅的に減少していた。 ソウギョ放流を知った田辺さんは取材後の記事でこう綴った。 「日本で...
タイトルとURLをコピーしました