羽根モノルアーにハマるのはデカバスが釣れるから。羽根モノアクセスランキング

羽根モノルアーを使うにはよい時期になってきましたね! 羽根モノルアーの種類がどんどん増えて、今やバス釣りの羽根モノ人気は定着しつつあります。羽根モノルアーを自作する人まで増えているようです。

羽根モノルアーブームとアクセスランキング

最近、このブログの羽根モノルアー記事(インプレ記事)へのアクセスが減るどころが増加してます。

検索エンジンからくるアクセスランキングの1位はずっと「雄蛇ヶ池」ですが、2位「アベンタクローラー」、3位「リザードクローラー」、4位「アベンタクローラーRS」。それ以下も、アベンタGTや羽丸など、羽根モノルアールアーに関するキーワードがぞろぞろ。自作羽根モノルアーの記事まで上位にくる状況になってきました(驚。

羽根モノルアー

羽根モノのインプレ&おすすめ。使い方や自作する方法

アクセスランキング上位含め、各種羽根モノルアーのインプレやチューニングなど比較検討用の情報をまとめました。

ビッグクローラーベイト入門におすすめの4種と、羽根モノビギナーにおすすめの2種を含め、羽根モノルアー各種インプレ総まとめです。これから羽根モノルアーを使い込みたい人にぜひ見てほしい情報です。羽根モノルアーを自作する方法も参考にしてください。

【クローラーベイト・羽根モノルアー総まとめ】38種インプレ&おすすめとランキング。タックルや使い方、自作方法 | 雄蛇ヶ池 蛇の道は蛇 - バス釣りブログ
クローラーベイト・羽根モノルアー各種についての実釣使用感インプレッションのまとめです。また、おすすめビッグクローラーベイト、ビギナー向きなクローラーベイト、ランキング、使用するタックルや使い方、チューニング記事、自作クローラーベイトの作り方など…総まとめしました。 ビッグクローラーベイト入門におすすめの4種 まずはビッ...

実際の動きを見て決めたい人のために、羽根モノルアー各種のアクション動画をまとめました↓

クローラーベイト・ハネモノの動画40連発!アクション比較用
今まで撮ったクローラーベイト・羽根モノルアーの動画まとめです。比較検討にどうぞ! ダッジ(レイドジャパン) デカダッジ(レイドジャパン) アベンタクローラーRS(イマカツ) アベンタクローラー...

 

下の予想馬柱は羽根モノルアーブーム以前(2014年3月)に作ったもの、もはや懐かしいです。ポンパドール以外は発売前で、ダッジはまだホナケンでした笑。

羽根モノルアーの魅力・使い方・タックルなど

羽根モノルアーにどっぷりハマった人にその理由を聞くと、やはり「羽根モノでデカバスが釣れた」ことでハマる人が多いようです。

クリーパークラスのデカ羽根モノルアーでは、出るバスのサイズが大きいことは間違いないです。それを一度経験しまうと、印象に残りやすい強烈なバイトもふくめ、癖になるのではないかと思います。

羽根モノルアーの魅力や使い方についてまとめました↓

クローラーベイト・羽根モノルアーの使い方、タックル、チューニング、パターン等のノウハウ
気づいたらクローラーベイト・羽根モノルアーの記事がすでに100本超えてます。クローラーベイトの使い方やマル秘テク、クローラーベイト向きのタックル、チューニングノウハウなどの記事を纏めました。 なぜクローラーベイトにハマるのか、その魅力 ...

マイクロポンパドール、まもなく

イケてるルアー連発の川島さんプロデュース、マイクロポンパドール(6.5g)がまもなくリリースのようです。

マイクロポンパドール、売れそうですよね~。

でも、言うまでもなく、私はこっちじゃなくてあっち↓

NZクローラー(DEPS)リリース待ち

追記)NZクローラーのインプレを書きました↓

【NZクローラー】実釣インプレ!異質で強アピールなデプスの羽根モノ。チューニングと使い方
NZクローラー(デプス)の使い方やチューニング、実釣使用感含めインプレです。このクローラーベイトはかなり異質です。クロールアクションのテンポはゆっくりおとなしめで、平面的なボディの水押しとジョイント部等から出るノイズを合わせると強いアピール...

夏以降のリリースだというDEPSのNZクローラー。デカ羽根マニアにとっては胸元にくるドストレートです。昨年末に奥村さんに聞いたら製品化するとは言ってなかったので、急に話が動いたみたいですね。ハネモノ好きのプッシュがそうさせた??のかもしれませんw。


気になるNZクローラー(80g?)。平べったい形状、ポコポコ音、強アピール。その点でリザクロが似てなくもないですが、これまでになかったタイプです。ただ、オジャガ池のおかっぱりで使うにはちと重いですw。

荒れた条件下でのデカ羽根モノルアー。ハイアピールを活かす使用法
時間が経ってしまいましたが、デカ羽根モノ超デッドスローの残滓の続きです。 青木大介プロと大雨とクリーパー だいぶ前のルアーマガジン取材記事です↓ 亀山湖でバケツをひっくり返したような雨の中、クリーパーを使いながら、 「50cm...
タイトルとURLをコピーしました