バス釣り偏光サングラスの選び方。お店が言わないアドバイス、おすすめの色。初めて買う人へ

バス釣り上達のためには必須アイテムである偏光サングラス。お店の人が言わなそうなアドバイスまとめです。

偏光グラス選びで十分にアドバイスを受けたつもりでも、使ってみてはじめて気づくこともあります。

初めて買うレンズカラー選択のポイント。おすすめ色

サイトマスタークラスの上等な偏光グラスをはじめて買うなら、よく吟味したいですよね。特にレンズの色。「レンズカラーの選び方」のようなガイドを探すわけですが、それを読めば読むほど迷いませんか?

1本目のおすすめはオールマイティな色??

お店の人に聞くと、「1本目はオールマイティな光量的にも中間程度のカラー」を無難に勧めてくることが多いと思います。

TALEXレンズでいうと「トゥルービュー系」「ライトなブラウン系」「アクションコパー」あたりでしょうか。

眩しくなければローライト用カラーは1日中使える

しかし、よく考えてみてください。オールマイティタイプではローライト時に見えなくなります。

ローライト用カラーなら、ローライトでない時間帯でも眩しくさえなければ使えます。TALEXレンズでいうと「イーズグリーン」や「ラスターオレンジ」は、1日中使うことが可能なのです。

偏光サングラスの選び方

※ただし、合うレンズカラーは個人差があります。水質や底質、フィールドによって変わる部分もあります。実際にフィールドで試すのが一番です。

おかっぱりでは、光量が減る要素は意外と多い(盲点)

岸際カバーを狙う釣りが多い人や、小さいフィールド・細長いフィールドでの釣りほど、視線が日陰であることが多くなり、ローライト用の守備範囲に入る場面が増えます。

同様の理由で、野池のオカッパリは光量が減る要素多いです。

「朝夕まずめ・雨や曇などのローライト用」などと説明されると、使う時間帯が少ないと感じてしまうものですが実際にはもっと使えると思います。

自分の釣りで一番有用なのはローライト用です。知り合いにもローライト用で1日通してしまう人は多いです。詳しくは下記を参照ください↓

偏光グラス考/ローライト用だけでもけっこうイケる事実★一日中ローライト用で通すもあり
偏光グラスは、自分の釣りで一番有用なのはローライト用です。釣りのスタイル次第でしょうが、ローライト用...

お金があるなら何色も購入できますが…

レンズカラーそれぞれに利点や向く状況があります。お財布に余裕がある人なら何色も購入するのもありでしょう。

サイトマスターのページに「偏光サングラスは、太陽光線の量によって掛け替える事がベストです」とあります。その通りです。

しかし、オカッパリバサーで複数の偏光グラスを持ち歩く人は少ないと思います。ジャマだからです笑。

よく使うのは「1色か2色」。多色持ってる人の意見

偏光グラスのカラーを3色以上持っている人にツイッターで聞いたところ(回答は200人程度)、こんな結果がでました。意外ですかね?私は思ってたとおりでした↓

多色持っているアングラーでも、よく使うカラーは「1個、せいぜい2個」だったりするのが実態のようです。

偏光サングラスのフレーム選びで失敗するケース

フレームはデザインで選びますか? もちろんデザインも重要ですけど、ストレスにならず快適に使えることを最優先したほうがよいです。となると…

フレームは痛くならない?軽いものがよい?

お店でフレームをフィッティングして、それが快適だったとしても、1日中掛けていれば痛くなるかもしれません。実際に使ってみないとわからないものです。

レンズやフレームが軽いものほど耳や鼻が痛くならない…正しいアドバイスです。でも、レンズが大きく重くても痛くなりにくい、そういうフレームもチェックしてください。

キネティックタイプはレンズが大きて見やすく、重いのに痛くなりにくいです。(8カーブが合う人なら)

青木のサイトマスターキネティックは重い!(使用感インプレ)でもフィット感最高で軽く感じる
サイトマスターキネティック(キネティックブループロ)を3個愛用しています。青木プロは「軽い!軽い!」...

フレームの調整範囲の広さがポイント

最初から自分にとってベストに近いフレームに出会える人は少ないと思います。多くの人は、何本か使ってみてその中に使い心地がいいものがあり、そればかりを使ってしまうパターンかも。

もちろん、痛くなるようならお店で掛け具合の調整もしてくれると思いますが、調整の幅はフレームによって違い、それも限界があります。

調整範囲が広いフレームを選ぶほど、フレーム選びに失敗するリスクが小さくなります。また、自分で曲げて調整できれば、なお快適に近づきます。

バス釣り用偏光サングラスの選び方。ポイント整理

・1個目のレンズの色は「ローライト用」がおすすめ。具体的にはラスターオレンジかイーズグリーン。ローライト用はハイライトでも使えるが、その逆は無理。

・多色持っている人でも、偏光グラスは1日中1色で通してしまう人がけっこう多い。

・オカッパリでは、偏光グラスを複数持ち歩きたくない。ゆえに、持っている1色での利用範囲が広いことが重要。

・痛くならないフレーム、それは店頭で試着したくらいじゃ分からない。長時間使って初めて分かること。

・重いフレームでもフィットするタイプは軽く感じる。重量だけの問題ではない。

・調整範囲が広いフレームが無難。自分で微妙な調整ができるフレームがあり、それならば失敗するリスクは少ない。

当然ながら、お店やメーカーは複数買ってもらったほうが儲かるわけです笑。

安い物買うよりおすすめはサイトマスター・タレックス

サイトマスター(タレックスレンズ)の偏光サングラスは高価ですが、性能面で優秀です。

レンズ交換はもちろん、交換用パーツも長期間ストックされていて、フレームの修理などもやってくれます。

バス釣りを本気で何年もやる前提なら、サイトマスター・タレックスが間違いないです。安い偏光サングラスは長持ちするかどうかわかりません。

釣りで偏光グラスが劣化する。長く使ってコスパUP

扱いが悪ければ、偏光サングラスの劣化は早まります。逆に言えば、高い偏光サングラスでも扱いに注意して長く使えば、結果としてコスパは良くなります。

偏光サングラス劣化の主な要因は、「水分(雨)による周辺からの色抜け」と「車内高温による変色」。その2つが大敵です。紫外線カット効果は、一定量の紫外線を浴びてしまう終わるので無駄に光にあてずケースにできるだけ入れることです。

水分付着や高温などによる劣化と寿命、使用上の注意事項などをまとめましたので参考にしてください↓

偏光サングラスの寿命は3~5年?12年もの偏光レンズの劣化(タレックス・サイトマスター)
偏光サングラス(タレックス・サイトマスター)がこんなふうに劣化したって話です。偏光グラスを長く使った...
ブログをメールで購読

★ブログ更新をメールで受信できます。

ブログランキング
1クリックでモチベーションUPします↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
おかげでランキング上昇♪

フォローする

Twitterで更新情報を届けます

コメント

  1. 匿名 より:

    どうもです( ´∀` )

    ローライト系レンズ=オールマイティレンズだと私も感じてます。
    つかじーさんは変更サングラスの記事をたびたびアップしてますが
    それを読んで次はラスターオレンジを買おうと決めてます。

    今のイーズグリーンの買い替え時期が来たらですが・・・(笑)

    • つかじー より:

      ころっけさん、どうもです~w
      そうですね、ローライト系レンズ=オールマイティレンズ です(∩´∀`∩)
      買い替えましょう!!笑

  2. ころっけ より:

    ↑byころっけ
    またやっちゃいました・・

  3. バスヤロウ より:

    つかじーさん、こんにちは。

    偏光ネタ、相変わらず面白いです。

    私の場合、巨顔なので(笑)メタルフレームを使ってます。
    セルフレームも使ってみたのですがこめかみを締め付けて頭痛の種でした。
    メタルだと自分で調整が効くので便利です。

    最近、サイトマスターのラインアップにはメタルフレームが少なくなりましたね。
    高価なチタンフレームのものしかない…。
    まあ、本気で購入する時に心配すればいいだけの話ですけどね。

    次回の記事も楽しみにしております。

    • つかじー より:

      バスヤロウさん、どうもです~
      こめかみにきますか…メタルフレームなら大きく曲げて調整できるんですね(^^)どれくらい巨顔かにもよりますけどキネティックも調整幅が広いのでいけるかも?!

  4. バスヤロウ より:

    つかじーさん、こんばんは。

    メタルフレームでなくともツルの部分での調整ができるんですね、ビックリです。
    とても参考になりました!

    • つかじー より:

      バスヤロウさん、どうもです!
      お役に立てて何よりです〜(^^)