アベンタクローラー実釣インプレ!55UP3本獲ったデカバス用特殊兵器

55UPを3年連続(雄蛇ヶ池)でキャッチしているイマカツ アベンタクローラー。デカバスやスレバスにも強いアベンタクローラーの実釣使用感インプレです。

アベンタクローラーは最高評価(結論)

雄蛇ヶ池で55UP3本というとんでもない結果の通り、自分のアベンタクローラーの評価は最高です。アベンタクローラーの超デッドスローは、雄蛇ヶ池のようなタフなフィールドでこそ活きると思います。

しかしながら、今江さんは「アベンタクローラーは特化型玄人向けモデル」だと書いてます。ビッグクローラーベイトを使った経験がない方には、使いにくさも感じるかもしれませんし、アベンタクローラーの良さが分かりにくいと思います。それについて説明していきます。

アベンタクローラー実釣インプレ詳細版

上の写真は、55UP3本の内の2本を釣った初期モデルのアベンタクローラー。のちに、アベンタクローラースーパーボーンとして再現されます。

アベンタクローラーの特徴

アベンタクローラーの重さは約1.3oz、サイズは11.5cmです。

「1mを7秒かけて動く」というスーパーデッドスロー

最大の特徴は超デッドスローでも動く、その性能です。

今江さんが言う「1mを7秒かけて動く」というスーパーデッドスロー。実際にそれぐらいでやってみるとユラユラと小さく揺れて動きます。これが凄いのです!

巻き速度を上げていくと巻き心地は悪化しますが、スローに使うのであれば、巻き感的にも許容範囲内です。

ジュラルミン製の大きな羽根

スーパーデッドスローでもアクションするキモは羽根です。

アベンタクローラーの羽根は長くて大きいため(慣性モーメントが大きく)ロールする動きがゆっくりになり、一旦ロールしだすと止まりずらいのです。

羽根の大きさは、アベンタの羽根>クリーパーの羽根>ベルリネッタの羽根 の順です。

アベンタクローラーの音によるアピール。金属音と水音

アベンタクローラーの羽根は大きくガタつくので、いい感じの金属音がでます。この金属音がアベンタのもうひとつの大きな特徴です。金属音が中空ボディに響き、スーパーデッドスロー時にも効果があると思います。

また、速度を落としていくと、羽根による水音はしなくなります。ベルリネッタクローラーのようにラトルは入っていません。

したがって、アベンタクローラーの音のアピールは大きくないので、スーパーデッドスローで使うならば水面が凪(波や風が全くない)での使用が向いていると言えます。

アベンタクローラーの羽根が壊れる?(欠点)

初期のアベンタクローラーは羽根が脱臼しやすかった(壊れやすかった)のですが、後に何度ものマイナーチェンジを経て改良されています。もし、初期のモデルのアベンタクローラーを中古で入手した際にはご注意ください。(アベンタ初期モデルは、ベルリネッタクローラーとは違い、羽根受け金具がハマるボディの溝がなくてヒートンも強度不足でした)

(羽根が壊れたアベンタクローラー)

アベンタクローラー2017が後継の改良バージョンです。しかし、アベンタの羽根は非常に大きいので、改良バージョンでも強い力が掛かると羽根脱臼などの問題は起こる可能性はあると思います。

ぶつけて曲げてしまったり、使い込んで金属が摩耗したりすれば、羽根の交換が必要になるかもしれません。そのために交換用のアベンタクローラー羽根キットが販売されています。

アベンタクローラーはデカバス・スレバスに強い

ここ数年タフ化が進んだ雄蛇ヶ池でアベンタクローラーは非常に効果的でした。それは、アベンタクローラーの対デカバス、対スレバスへの強さを証明していると言えます。約3年間で55UP3本、50UPは8本釣ってます。

アベンタクローラーに雄蛇ヶ池MAXクラス56cm炸裂
5連休の2日目、午後の釣行。オカッパリは多数。新緑が気持ちいい季節になってきた。水位はやや減水してマ...
雄蛇ヶ池7/16台風接近アベンタクローラーで55UP
午前中の釣行。台風の接近で天気は悪化。雨はたいしたことないが時間が経つにつれ風が強まり水面が波立って...
雄蛇ヶ池5/15夕まずめにデカ羽根モノで57cm
日曜午後の釣行。 今日は雄蛇会第2戦の日。すでに試合は終了し浮いてるボートは数艇見える程度。オカッ...

小型化されたアベンタクローラーGTとアベンタクローラーRS

ビッグベイトのサイズ感であるアベンタクローラーを小型化したのがアベンタクローラーGTとRSです。

アベンタクローラーGT

アベンタクローラーGTは、アベンタクローラーをウッド製にして小型化したものです。ボディ長80mm、重さは30g。一般バサーにも使いやすいサイズにダウンサイジングされました。

アベンタクローラーGT(インプレ詳細版)ウッド製小型アベンタの使い方・調整方法
アベンタクローラーGTは、アベンタクローラーをウッド製にして小型化したものです。それによるメリット・...

アベンタクローラーRS

さらに進化したアベンタクローラーRS(イマカツ)は超低速特殊性能の極み。アベンタクローラーRSは特殊兵器、まさにプロスペックです。

アベンタクローラーRS実釣インプレ詳細版!プロスペック超低速性能、GTと比較。チューニングも
アベンタクローラーRS(イマカツ)の実釣使用感含めたインプレ詳細版です。アベンタクローラーRSの水面...

アベンタクローラーシリーズの総まとめ

アベンタクローラーシリーズの効果的な使い方、インプレ、チューニングなど、アベンタクローラー【マニア的】総まとめです↓

アベンタクローラー(イマカツ)はなぜデカバスが釣れるのか? その効果的な使い方、インプレ、チューニングなど、アベンタクローラーの総まとめです。アベンタシリーズ各種の比較・詳細も紹介します。 アベンタクローラーの特徴・インプレ アベンタクローラーの重さは約1.3oz、サイズは11.5cmです。 最大の特徴は、今江さんが言...

クローラーベイト各種の実釣レビュー&使い方

クローラーベイト各種の実釣レビューや使い方をまとめました。

クローラーベイト・羽根モノルアー各種についての実釣使用感インプレッションのまとめです。また、おすすめビッグクローラーベイト、ビギナー向きなクローラーベイト、ランキング、使用するタックルや使い方、チューニング記事、自作クローラーベイトの作り方など…総まとめしました。 ビッグクローラーベイト入門におすすめの4種 まずはビッ...

(この記事はリライト済みです。コメントとの整合はとれてません)

ブログをメールで購読

★ブログ更新をメールで受信できます。

ブログランキング
1クリックでモチベーションUPします↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
おかげでランキング上昇♪

フォローする

Twitterで更新情報を届けます

コメント

  1. Basser Tack より:

    うお~、すごい詳細なインプレですね!さすが羽根もの使いのつかじーさんのインプレです。今江さんの戦略、つかじーさんの読み通りになりそう笑。

  2. RINZO より:

    深い考察ですね
    玄人向け だと 私的にノーマルタイプ?なるものを待つか?
    ちょっと考えます
    ホナケンがいつ出るかですね
    欲しいのは欲しい感じですが、もうないかな?

  3. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    Tackさん、
    次に違うスペックをだすかどうか、実際はベルリとアベンタの売れ行き次第かもしれませんね。売れると判断すれば出しますよ。いや、出すと思います!w

  4. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    RINZOさん、どうもです!
    ホナケン待ちでいいと思いますが、ガマンできなければアベンタいってくださいな^o^

  5. より:

    初見でつかじーさんの高評価を得たアベちゃん!気になってきました!
    しかし簡単に脱臼しそう構造ですね・・・何かを特化させると何かが犠牲になるのは当然ですけど。
    そういう意味でも玄人モデルですね。
    それとホナケンのラインアイの位置が面白い!
    クローラーベイトはラインを水面に着けないほうが使いやすいと思いますけど、そうなると移動距離が・・・
    金森氏の味付がどうなのか?ホナケンも気になってきましたw

  6. より:

    それと、ナイルさんのクリーパー完売しましたねwww

  7. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    缶さん、どうもです!
    そうですね、デカバス釣って陸あげてバタバタ暴れる時に羽根曲がる・・・想像できますよね(´Д` )
    それを直すにしても釣り場でちゃんと直すのはきつそうな気がします。。
    ホナケンプロトのラインアイ、MAX上向いてますねw
    ナイルのクリーパー売り切れましたか〜
    缶さん買った?