【デカダッジvsメガベンタ】比較レビュー!人気羽根モノのサイズアップ版、ほぼ同スペック

人気羽根モノのダッジとアベンタクローラー。そのサイズアップ版、デカダッジメガベンタ(アベンタクローラーウッドリミテッド)がリリースされました。

ほぼ同スペックで似ている2つを、どこが違うのか、比較してみます。

デカダッジvsメガベンタ

使いやすい速度範囲

どちらもデッドスロー系クローラーベイトです。水面ピクピクできますけど、違いがあります。

メガベンタ

メガベンタはオリジナルアベンタよりも「スーパーデッドスロー寄りの設定」で、巻き速度を上げるとアベンタより早くバタバタ(だめなアクション)になります。使える速度範囲はアベンタよりも狭めです。

デカダッジ

それに対し、デカダッジはダッジよりもノーマルリトリーブ寄りの設定で、良い動きをする速度範囲はダッジより広めです。

つまり、「使える速度範囲はメガベンタよりデカダッジのほうが広い」です。裏を返せば、超デッドスローをメインで使うならメガベンタが使いやすいです。

(デカダッジはプロモ映像などで超デッドスローについてはぜんぜんアピールしてません。逆に、メガベンタは”スーパーデッドスローはアベンタRSをも凌ぐ”という強調ぶりです)

アクションの質が違う

デカダッジは、超デッドではほぼロールのみのアクションですが、少し速度を上げると急に頭を左右に振り始めて(ウォブル方向の動き)水面で踊りだします。その動きが秀逸です。

他のビッグクローラーベイトでもウォブルしますが、デカダッジは特に大きく左右に振ります。

メガベンタは、普通にロールが強いアクションです。

アクション動画

メガベンタ


デカダッジ


金属音と水音

金属音の音量は、中空ボディに金属音が響くデカダッジに対し、ウッドボディのメガベンタは控えめな金属音だと思います。

羽根から出る水音は、かなり遅い速度からポコポコ音が出るメガベンタに対し、ノーマルリトリーブするとチャプチャプ音(ポコポコ音)が出るデカダッジ。

飛距離・キャスタビリティ

飛距離とキャスタビリティはメガベンタが勝ります。デカハネの中でも最高レベルにぶっ飛ばすことが可能なメガベンタに対し、デカダッジの飛距離はそれなりです。

オカッパリから遠投してあのピンまで届かせたい…そういう使い方をする時はメガベンタですね。

個体差

ウッド製の難点といえば個体差です。メガベンタはウッド製なのである程度の個体差があります。私が所有する2個は、羽根の角度が違って少しアクションに違いがあり、片方は自分で調整しました。

(メガベンタを2つ重ねています)

デカダッジはプラスチック製なのでそこの心配はほとんどないはずです。

入手しやすさ

メガベンタは在庫があるショップを探せばすぐ見つかると思います。

デカダッジは今の所、ご存知の通り入手困難ですね…。

スペック比較

デカダッジ メガベンタ
重さ 2ozクラス 2ozクラス
全長 130.5mm 125mm
素材 プラスチック製 ウッド製
価格 5,616円(税込) 5,832円(税込)

デカダッジ vs メガベンタ まとめ

「超デッドスローでピンの攻めがメインならメガベンタ(アベンタクローラーウッドリミテッド)。超デッドスローもやるけどリトリーブして線の攻めがメインなら、デカダッジ」。

ざっくり言うとこんな感じでしょうか。

【アベンタクローラーウッドリミテッド】実釣インプレ!最強のアベンタは重さ2oz(メガベンタ)
ついに出ましたアベンタクローラー ウッドリミテッド!(メガベンタ)。イマカツさんいわく、アベンタクロ...
【デカダッジ】実釣インプレ!ダッジと異なる独自の個性。ホナケンの原点に回帰したデカバスキラー
カナモいわく”場外ホームランが狙えるデカダッジ”(レイドジャパン)。実釣使用感含めインプレです。 ...

クローラーベイト各種の実釣レビュー&使い方

クローラーベイト各種の実釣レビューや使い方をまとめました。

クローラーベイト・羽根モノルアー各種についての実釣使用感を含めたインプレ、おすすめのビッグクローラーベイト、ビギナーにおすすめなクローラーベイト、ランキング、使用するタックルや使い方、チューニング記事、自作クローラーベイトの作り方など、総まとめです。 ※2018.9.17 タイニーFPクローラーのインプレ追加! ※20...
ブログをメールで購読

★ブログ更新をメールで受信できます。

ブログランキング
1クリックでモチベーションUPします↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
おかげでランキング上昇♪

フォローする

Twitterで更新情報を届けます

コメント

  1. ワカ より:

    つかじーさんこんばんわ!
    流石羽根モノマイスター♪的確な指摘参考になります!
    地元釣り具屋では既にメガベンタは30%オフです(笑)
    ダッジは姿すら見た事ありません(汗)
    明日は朝から電車止まるみたいなので釣り?
    強風の中で強いアクションに来る大物狙いたいですが
    明日は無理かな?

    • つかじー より:

      ワカさん、どうもです~
      メガベンタ30%オフ!!!ほしいww
      台風は無理しないで気をつけてください

  2. ヒデボーイ より:

    つかじーさんこんばんは。
    つかじーさんは羽根モノの腹は黒がオススメですか?デカダッジも黒く塗られてますよね?メガベンダも香川ブラックですし。視認性を高める効果ですか?トップは黒のイメージもありますが、、、やはりシルエットがはっきりするからでしょうか?
    肝があればぜひお聞かせください!^ ^

    • つかじー より:

      ヒデボーイさん、どうもです!
      アメリカのバスプロが、フロッグは黒を多用している話は聞いたことありますか?(バサーのルアーカラー特集のときにそういう記事ありました)それと同じ理由です。
      水中から見上げると、トップウォータールアーの色はあまり意味がなくて、影がはっきり見えるか、よく見えないか、になると思います。プールに潜って見上げると分かりますけど、見上げると背景は明るい空です(晴れでも曇でもそれは同じ)。そして、影が一番はっきり見えるのが黒です。
      羽根モノはクロールして動き続けるのが基本なのでシルエットがぼやけやすいです。そして、状況によってはデカ羽根モノはミスバイトが多くなります。また、雄蛇ヶ池ですと濁りもでやすいのしシルエットをはっきり見せたい… なので黒。実際に、自分の中では黒が一番実績ありますし。
      まあ、こんな感じです。
      逆に、ハイプレッシャーやクリアウォーター等の理由でシルエットを小さく見せたほうがよい場合は、白っぽい色やフラッシング系です。

  3. ワカ より:

    つかじーさん真夜中にこんばんわ!
    直撃台風は半端なかったです
    家の瓦は飛ぶわ、停電は先程まで15時間程するわ
    でも、夕方雨がやんで様子見で釣りに行きました
    SKTマグナムで良いの釣れました♪
    同じ釣りバカはいるようで、釣り人何人か来てました

    • つかじー より:

      ワカさん
      停電15時間とは…大変でしたね。
      SKTマグナム(∩´∀`∩)