アメリカで行われるグラスキル(除草剤による水草除去)

既読の方も多いと思いますが、Basser2009年9月号(P74~75)に雄蛇ヶ池のことを連想させる興味深い記事があった。アメリカで行われる「グラスキル」の話。グラスとはウィードのことで、つまり水草除去に関する記事です。
Basserの記事を要約すると・・・

ウィードで埋め尽くされるタイプのアメリカの湖では、繁茂したウィードを除去するために除草剤の散布を行うことがある。
ガンターズビル(=メジャーレイク)でも行政によるグラス・キルが実施された。行政が提示したその実施理由は納得のいくものではない。その除草剤は人や動物には無害という話になっている。

グラスキルの後、2009年5月にガンターズビルで行われたB.A.S.S.エリート戦では、とんでもないハイウェイトが続出した。
しかし、地元有名アングラーはこう言う。『全米屈指のビッグフィッシュレイクになったと浮かれているのは今のうちだ。グラスがなくなればアベレージは落ち、数も激減するのは過去にほかの湖で証明されている』

規模や手法の違いこそあれ、話の端々に雄蛇ヶ池との類似点を感じてしまう。

(今はなき、雄蛇ヶ池を埋め尽くすウィードや蓮)
特にこの部分がグサッときた↓
『ビッグフィッシュレイクになったと浮かれているのは今のうちだ。グラスがなくなれば、アベレージは落ち、数も激減するのは過去にほかの湖で証明されている』。
( ̄▽ ̄;)


雄蛇ヶ池はソウギョを放流することで、まさに”グラスキル”を実施したわけです。除草剤とソウギョ。どっちがいいのか?ましなのか?わかりません。どっちもダメかな。。

今後の雄蛇ヶ池がどうなっていくか、バスのアベレージや個体数、池の生態系はどうなっていくか、継続して観察し記録に残していきたい。それがわたしにできること。長く継続して釣行していればこそ見える、あるいは感じる事実があるはずだ。

雄蛇ヶ池のリリーパッド、過去の風景

雄蛇ヶ池のリリーパッド、過去の風景
夏の雄蛇ヶ池はリリーパッドとウィードに覆われていた…今となっては懐かしい、わずか数年前ですが失われた...
ブログをメールで購読

★ブログ更新をメールで受信できます。

ブログランキング
1クリックでモチベーションUPします↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
おかげでランキング上昇♪

フォローする

Twitterで更新情報を届けます

コメント

  1. ヘビスモ より:

    確か一昨年だったと思いますが(記憶違いがあれば、その一年前かも)、
    蓮はかなり残っていたが、オオカナダモが消え去った最初の年の秋。
    その前年まで秋に‘釣れればイイ魚’だったパターンで、‘ガリガリ君’がポツリポツリと混ざり、
    「アレレ・・・数は去年より釣れるけど・・・」となった記憶があります。
    ウィードが無くなったことでパターンがはまらなかっただけ、という可能性も十分ありますが、
    ‘ちゃんと食ってる魚’と‘食えていない魚’が両極化したような印象もありました・・・
    「こうして個体数が減っていくのかな」
    と思った記憶があります。

  2. noel より:

    はじめましてです。
    東京在住雄蛇ファン歴10数年の者です。
    日々の池の様子を見るのを楽しみにしています。
    バス釣りもですが蓮の花が好きで、
    蓮を眺めながら釣りをできる雄蛇ヶ池は理想的なフィールドです。
    再び水生植物天国の雄蛇ヶ池に戻る日が来るまで見守って頂きたいとお願いしますと共に、私も微力ながら努力したいと思います。
    これからもフィールドの写真を楽しみにしております。
    長文失礼しました。
    ↓本当に言いたいのはコレです↓
    がんばってください!!

  3. つかじー より:

    ヘビスモさん
    はい。わたしもそう感じます。
    予想が外れて個体数維持してくれればよいのですが…。
    noelさん、はじめまして。
    ありがとうございます!はげみになります。
    私も蓮や蓮の花が大好きです。というか、蓮や蓮の花の中でバス釣りをするのが好きなのかも(笑

  4. よしさん より:

    「継続して観察し、事例として写真や文字に残すことには意味がある」→よしさんも、そう思います。
    志ある第3者が利用(引用)しやすい形、つまり5W1Hと定量的・数値化で、観察事実を記録することが、より意味を持たせる手法かと・・。

  5. つかじー より:

    御意。

  6. メンタイ より:

    どうも2009年のつかじーさん‼
    グラスキル…きっと何らかの意味があるのでしょうが、自然のモノに対して人的に手を加えるのは・・・です。
    方法は違えどオジャガもまたグラスキルが行われ、フィールド状況が変化…行った事もないのに悲しい気分にさせられます(ーー;)
    私のホームO池もカナダ藻?みたいのが池中にあって水質も良く(足場は最高に悪いですがw)ポイントで様々な表情のあるお気に入りフィールドです!
    しかしそのウィードが全て無くなると考えると魅力は半減しますね…
    池のロケーションに惚れ込んで通っるので足が遠のくのは間違いないです(^^;;
    実際に私の周りのバサーは誰もO池に行く人はいません…数も釣れないしアベレージがデカイ訳でもないロケーション命のフィールドなので…w
    脱線&長文 失礼しました‼今後もブログを通してオジャガの回復?を見守らせて頂きます♬
    そしていつかはその地に足を…いや、その池にルアーを投げに行かせて頂きますっ‼

  7. つかじー より:

    メンタイさん、どうもです( ̄▽ ̄)
    回復にあと10年かかるか、15年かかるかわかりませんがw
    いつのひか、蓮とウィードにおおわれたオジャガでいっしょに釣りしましょう!!