グラスロッドはバス釣りを面白くする★バス釣りの中で一番難解だったグラスロッド

釣りのスキルがあるレベルに到達していないと、その良さが実感できないどころか、使いにくさしか感じないのがグラスロッド…。

グラスロッドは難解だった

長年バス釣りを続けてきた中で、グラスロッド(グラスコンポジットロッド)は特に分かりにくいものだったなと思う。

グラスロッドのメリットが発揮される条件の中で使い込んで初めてその良さが実感できる、あるいは、多様な条件でカーボンロッドと使い比べていくと差が見えてくる…。でも、タフコンディションで、掛からなかったバイトが掛かる、それ自体がすごく分かりにくいもの。「掛けられなかったものが掛かるようになった」ってどうやって判断するのって話ですよね(笑)。

しかし、もう一つのメリットはまあまあ分かりやすい。それは、でかいバスを掛けた時にバレにくいってことです。自分にとってのMAXクラスのデカバスを掛けた時、グラスロッドはきっと大きな手助けをしてくれます。それってすごい価値のあることだと思いませんか?

雄蛇ヶ池で自己記録更新の57cmを獲った時、「グラスロッドでよかった」と思える瞬間がありました。硬いグラスロッドは、首振って飛ぼうとするデカバスに対していい仕事するのです。

雄蛇ヶ池5/15夕まずめにデカ羽根モノで57cm
日曜午後の釣行。 今日は雄蛇会第2戦の日。すでに試合は終了し浮いてるボートは数艇見える程度。オカッ...

グラスロッドで首振って飛ぼうとするデカバスに対応

で、なぜグラスロッドが首振って飛ぼうとするバスに強いのか?その説明が難しいな~と思ってたら、分かりやすい説明がありました(フェルデランス詳細説明より)。↓

鯉師が魚を掛けてやりとりするシーンを目撃したことがあるでしょうか。デカいのが掛かってるわりに、バスロッドに鯉をスレで掛けてしまった時より楽々とやりとりしてます。大きな違いは、竿が長く、より大きなストロークでしなり続けることで、魚にテンションがかかり続け、反転させずにやりとりができるためです。

一方、狙ったところにキャストしたり、ウィードを切ったり等々、操作性を重視されて進化したバスロッドは、他魚種の釣りに使用する竿に比べ、魚のサイズの割に極端に短い。バスロッドをデザインする上で、この“長さの違い”は大きな壁として立ちはだかります。

短い、高弾性=テンションがかかったり抜けたりしやすく、魚に首を振らせてしまいやすい。なかなか魚が浮き上がってこない。
長い、低弾性=緩やかかつトルクフルにテンションをかけたままの状態になるので、魚が暴れにくく、首を振りにくい。魚が浮いてきやすい。
このロッドの特性の違いは、腕でカバーできる次元ではないほど、魚とのやりとりにおいて大きな違いとなります。

つまり、長くできないバスロッドだからこそ、弾性の低いグラスというマテリアルの力を借りてロングロッドの緩やかな“しなり”を表現しちゃおうと、いうのがグラスロッドの本質なのです。

byキムケン(一部要約)

サイドワインダー フェルデランス使用感インプレ(TGC-70HR/GP)レパードとの比較
デプス サイドワインダー フェルデランスの適応ウエイトを見ると3/8oz~2.5ozです。範囲がとて...

グラスロッドはバス釣りを楽しむためのスパイスだ

「グラスロッドはバス釣りを楽しむためのスパイスだ」と言った友人がいます。バスの状態がどういう時にグラスが効果的か、どういうルアーに向いているか、どうやったらもっと掛かるか…。投げ方も違うし、合わせ方も変わるし、掛けた後のロッドの捌き方も変わる…。考えることがいろいろ出てきて、バス釣りの深い所に落ちていきます。「バス釣りを楽しむためのスパイス」とはうまく言ったもんだな~と。

グラスロッドはバイトの経験値を積むほど使いこなせるようになり、好きになる
年末に「グラスロッドブーム来るか?」って書きましたけど、ジワジワと来てる気がするのは私だけでしょうか...
Twitterで更新情報を届けます
ブログランキング

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
バス釣りブログRANKING★クリックお願いします~

コメント

  1. Tack より:

    深い話ですね!私は打ち物に偏ってしまってるので、まだまだグラスの良さが分かってません。。ただハードベイトを扱う際は田辺さんの低弾性ロッドに任せてます。

    • つかじー より:

      Tackさん、どうもです!
      釣りの内容によりますね。
      田辺さんはスピナーベイトがやっぱり主体。そうするとグラスまで必要かというと・・・。その意味で、低弾性カーボンというのが田辺さんの「解」なのだと思います。

  2. Tack より:

    なるほど。私も巻物だとスピナベメインなのでありなのかもしれせんね。ただ、今年は芦ノ湖でトップを結構投げたのですがノラないバイトがまあまあありました。グラスだったらとれたのかなと呟いたことがありました。

    • つかじー より:

      Tackさん、
      なるほど。そういう状況は、グラスを試す価値ありだと思います。

  3. TAIDON より:

    つかじーさんのがでかトップでデカバスをかけた時なんですが、鬼ゴリ巻きで勝負しざるおえない状況でも、程よく曲がるカーボンより、パワーグラスを推しますかぁ?
    自分がよくフィールドは浅いうえに、沈みものがハンパじゃなくあるのでできるだけスピーディーに取り込むことだけを考えてました!ラインもぶっといPEにしていますしww
    (足場はロッドを水面まで倒せない状況もあります)

    グラスが気になって夜眠れません!ワラ(((^^;)

    • つかじー より:

      TAIDONさん、どうもです!
      そうです。50超えるバスなら特に、ゴリ巻きするでも硬いグラスですよ。経験的にそのほうが獲れる確率が上がると思います。

    • つかじー より:

      沈みモノがあってゴリ巻きでバスを潜らせたくないなら、デカバスがヘッドシェイクして飛ぶ状況になりやすいですよね。だから硬いグラスのほうが有利だと思います。
      でも、45くらいならゴリ巻きでねじ伏せればあんまり関係ないかもね。