レイドジャパン ダッジ vs アベンタクローラーGT★超デッドスロー性能比較

1ozクラスのデカ羽根モノ、ダッジとアベンタクローラーGT。その共通点は、真骨頂(性能の核心)が超デッドスローだということ。

比較用に、同条件・同速度で超デッドスローを撮影しました。

(※双方ともさらに遅くしてもアクションします)

ダッジのほうがアベンタGTよりもクロールのピッチが細かいことが分かると思います。それがダッジ最大のウリです。もう一方のアベンタGTは羽根がダッジより大きく、羽根による水押しがダッジよりも強いのが特徴です。他にも、金属音やマラブー付きフックなど、それぞれに特徴があり、総合すると優劣つけ難く、どちらも秀逸です。

アベンタGTは、小森プロ(イマカツのサポートなし)がTOP50第3戦で使って優勝し話題になりました。

アベンタGTは製品にばらつきがあり、ものによっては真っ直ぐ泳がないので自分で調整が必要になります。ウッド製なのにシビアなセッティングのため、いたしかたなしです。その点でプラ製のダッジは一定品質でほぼ調整不要です。

【NG動画】アベンタGTの欠点

着水でひっくり返り、トゥイッチしてもまたひっくり返り、逆さま(フックが上)でも弱くアクションしています。見て気づけば対処しますが、遠目だとなまじ少しアクションするので逆さまになっている判別もつきづらいです。(所有の3個のアベンタGTで頻度の差あり)

レイドジャパン ダッジ(インプレ)超デッドスローの実力値と気になる欠点
ホナケンあらためダッジ。2ozのプロトから1.5ozになり最終的に1oz。ゲテモノサイズではなくなり...
アベンタクローラーGT(インプレ)ウッド製小型アベンタ
アベンタクローラーGTはボディ長80mm、重さは30g。ダウンサイジングされたという点で、同じくスー...

コメント

  1. haru3 より:

    やっぱり、アベンタGTのひっくり返りはあるんですね…
    いまその改善方法を色々考えてます!!
    吊るしで使えることを考えると、プラ製のダッジって完成度高いなって感じてます!

    • つかじー より:

      haru3さん、どうもです~

      逆さまになった時にフックがお腹にうまく乗っちゃうんでしょうね。
      フックを変えるなどして右か左かにズレやすくなれば、あまり気にならなくなると思いますが。

  2. TAIDON より:

    この動画が見て昨日、GTの黒黄色買いましたw

    だいぶ横の割合が長いのでシビアなセッティングが必要そうですね(^_^;)

    • つかじー より:

      TAIDONさん、どうもです!

      どうですか?動きはよいですか?
      未調整で使ってみてどんな感じか教えて下さい( ´ ▽ ` )ノ

  3. haru3 より:

    裏返りデッドスローは、「針の存在を隠し…」的な、ある意味シークレットw
    そうですね、ハリの重みで戻ってくれることを期待して、

    クアトロフック+リング2個掛け

    クアトロフック+マラブー
    とを、実験中です!

    • つかじー より:

      haru3さん、どうもです!

      はい、それそれ。わたしもそんな感じです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶