レイドジャパン ダッジ(インプレ)超デッドスローの実力値と気になる欠点

ホナケンあらためダッジ。2ozのプロトから1.5ozになり最終的に1oz。ゲテモノサイズではなくなり売れ筋サイズに仕上げてきました。


デカ羽根モノマニア的にはちょっと残念なのですが、一般的に見ればタックルの制限が少ない使いやすいサイズといえます。

ダッジの有効速度域

有効な速度域はアベンタクローラーに近いです。超低速域はアベンタクローラーとほぼ同等でスーパーデッドスローで動きます。サイズを1ozまで下げてそれでも超デッドスローが安定してアクションする、素晴らしい性能です。
となればやはり、中速度が想像してたよりもダメでした。もちろん動きますが動きすぎてバタバタになります。ダッジはアベンタと同じくデッドスロー特化タイプです。

アベンタクローラーとの比較

アベンタよりもダッジが劣る点をあげます。ダッジはフルキャストしてデッドスローで巻き始めるとルアーが軽いせいもあってアベンタよりも巻き感が薄くノー感じです。また、その時に横風があるとラインスラックが出過ぎてしまうきらいがあります。

飛距離がでること&ルアーウエイトと巻き抵抗の問題であり欠点といえばそうですが、中距離や近距離で使うには全く問題がありません。

クロール時の水音・金属音

意外にも、デッドスローではクリーパーのようなポコポコ音はしません。クリーパーと羽根はそっくりですが音が異なります。(羽根にクリーパーのような穴がないこととは無関係です。クリーパーは穴を塞いでも音がでます)

羽根のガタツキはそれなりにあるので、金属音はおとなしいなりに出ています。周りが静粛であればカチャカチャと聞こえるはずです。

ダッジの欠点

キャストして巻き始めでデッドスロー巻きをするとノーアクションになる場合があります。それは、着水時に下の写真のようになった時、羽根の片方が開いてもう片方が閉じてしまった時です。写真で手前のほうに引いている状態なので、このままズルズル動かずに移動していくだけです。

一度こうなると強めに巻くかジャークするなどしないとクロールが始まりません。おおよそ、10~15回のキャストに1回程度です。頻度は低い。ショートキャストで起きやすい感じです。

ボディサイズと羽根の特徴

右:ダッジ(1oz)、左:アベンタクローラー(1.3oz)。長さは近いですがボディボリュームはこんなに違います。私の感覚ではデカ羽根モノとは言い難い小ぶりサイズです。


ダッジの羽根は一見クリーパーに似ています。右がクリーパーの羽根、左がダッジの羽根。外形はほぼ同寸。プロトの段階でハイフィンの羽根を付けていたのでこれは想像できたこと。でも細部に違いがあります。


ハイフィンと異なりダッジは微妙に非対称です。スリット付近のドットが下になるように装着します。それから、ダッジの羽根はハイフィンよりラウンドが滑らかです。その滑らかなラウンドに超デッドスローの秘密がありそうです。
(※最初から羽根装着方法が間違っているもの=逆の羽根が付いているモノがあるようなのでご注意ください/Ta!さんからの情報)

注目点は、羽根に開けたスリットがでかいという事。ハイフィンは使い込むにしたがって穴が拡がる=チューンして拡げるのですが、それを最初からという意図ですね。しかし、最初から穴がこれだけでかいとなると耐久性が気になるところです。交換用の羽根セットが同時リリースされてますが、それを想定してのことでしょう。

最後に

最後に繰り返しになりますが、特筆すべきはこのサイズにして超デッドスローを可能にしたことです。いろいろ辛口に書きましたが、ダッジはかなりいいルアーだと思います。

コメント

  1. TAIDON より:

    もうこれだけの情報が!!(≧▽≦)
    プロトのアイが上のヤツがよかったのかもしないですね!
    穴でかすぎると長穴の角の削れかたとか心配ですね^^;
    これ系のルアー好きな人はそれくらい自分でやりたいと思いますけどね…
    リザードクローラー大逆転劇がおきますかね(^^)♪

  2. より:

    泳ぎだしの羽根が開かないの気になりますね…
    ステー固定の前ビスにスペーサーかませて開きやすくしている努力は伺えますが…
    ビッグクローラーベイトと呼ぶには微妙ですがこれ釣れますね!

  3. antianti より:

    さすがのインプレお疲れ様です!
    自分が感じたことが全て書かれてますw
    欠点に挙げていた、泳ぎだしでのつまずきはかなりストレスですよね。
    なんだかんだ1ozというウェイトはタックルボックに忍ばせやすいのはやっぱメリットかもなんて思いましたね!

  4. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    TAIDONさん、どうもです!
    リザードクローラー期待してるんですがどうなっちゃってるんでしょうね?w
    リザードクローラーはスペックがだいぶ違いそうで、両方使い分けできる感じかと(^^)

  5. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    缶さん、どうもです!
    缶さんもやはりソコ気になりましたか!?
    スペーサーはせいぜい1mmですよね。あと2~3mmあそこが出っ張れば改善される気がしますよね。
    これ釣れますよねー!! ってまだ釣ってないボクちゃんが言うw。

  6. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    antiantiさん、どうもです!
    その通りですね!1oz自体がメリットってことですねw(^^)
    S氏談のとおり、中速巻き得意のポンパドールと使い分けがよさそうです!

  7. 洋平 より:

    ホナケン買いましたよ。
    もぅここまで特性を見つけてしまうとは流石つかじーさん。
    早く使ってみたいです(笑)

  8. Ta! より:

    こんにちは、インプレ参考にさせていただきました!
    ありがとうございます!
    例の件でレイドジャパンさんに電話したのですが、羽は当然不良として、ヒートンも不良の可能性が高いらしいです。
    「ヒートンは太いのを使っているので、工場で部品を間違えたかもしれません。」だそうです。
    ヒートンが複数種存在していることも認知していない様子でした。
    羽はともかく、ヒートンは相当数流通してそうですけど、大丈夫なんですかね?
    てっきり「仕様変更です。」の一言で終わると思ったので、正直と言えば正直な対応ですけど。

  9. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    洋平さん、どうもです!
    洋平さんもデカ羽根に手を出しましたか~(^^)バコバコ釣りそうw

  10. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    Ta!さん、どうもです!
    いろいろ情報ありがとうございます!
    羽根のヒートンは2種類あるのですね(^_^;)
    ヒートンの強度が足りてるかどうかは使い込んで何本も釣ってみないとわかりませんが、羽根受け金具の作りと羽根の長さからして、アベンタほど問題が起きないと思われます。

  11. Tack より:

    ホナケンまだ買えてません。。もう売ってないかな。。サイズはアベクロより小さいですが、状況に応じて使い分けするなどして使えそうですね!デカ羽根物に抵抗があるひとにもギリギリ手を出せるサイズなのかもですね。それより、つかじーさんのハンドメの羽根物が気になります。

  12. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    Tackさん、どうもです!
    売り切れでしたか。。大人気ですね~
    わたしはもう一個確保しました。ので一個はチューンしようと思います(^^)

  13. 自分サイズですねw
    来年あたりオークションでゲットしますwww
    10月辺りにオジャガバスターズをやりに行きたいと思っています✨

  14. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    トンカツさん、どうもです!
    来年ですかwww
    オジャガバスターズ^^ゝ

  15. Ta! より:

    修理に出したダッジが帰ってきました。
    返送まで3日間なのでかなり早い対応でした。
    で、結果はというと、羽の問題は当然解決。
    ヒートンは太軸になって戻ってきました。
    いわゆる、新品に交換です(修理前の品も新品でしたが)。
    というわけで、ヒートンは太軸が正しいようです。
    無事解決できて良かったです。

  16. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    Ta!さん、どうもです!
    レイドジャパン対応いいっすね。
    よかったですね( ´ ▽ ` )