冬のトップウォーター攻略の糸口★冬のバス釣りでトップはあり

冬でも必ずトップウォータープラグを持って行きます。バイトは少ないですけど極めれば通用する釣りです。

冬のトップは釣れない!?

一般的に冬のトップウォーターは釣れないものですよね。もちろん条件にもよりますけど、難易度はかなり高いです。

冬トップを攻略するには、まず、自分で何か糸口を見つけられるかだと思います。

20161105_top_winter

冬トップをどう攻略するか

水面はバスが獲物を追い詰める捕食面です。冬でも、バスと水面が近いならば(浅い場所であるか、バスが浮いているか)、チャンスがあります。

雄蛇ヶ池で冬にトップで釣った場所というと、だいたいが水深50cmくらいのドシャローです。

以下はわたしの冬トップのイメージです。

可能性がある場所を絞り込む

冬にトップで狙うなら、広く探るのではなく、可能性がある場所をできるだけ絞り込む。

その場所の中でバスが付いていそうな位置をピンポイントまで絞りこめてるなら、バイトさせるための着水点やリトリーブコースを明確に考えて撃つ。

1キャストでやめない。あえて同じコースを何度も通す。3回、4回目のキャストでバイトすることもあるから。

移動速度が遅い、強いアピール

冬のバスは動きが鈍く、ルアーを追ったとしても長い距離追わない場合が多い、あきらめが早い感じ。

バスの至近距離を通過させ、でかいルアーの強いアピールでバスの興味を引き、水面まで寄せてバイトさせるイメージ。

強いアピールをさせるとそれなりにルアーが移動してしまうから、たとえバスが追いはじめても途中でやめてしまいバイトまで至らないということにもなる。強いアピールと移動距離小という相反する2つを両立させることができればバイトは増える。

大きなルアー、フッキングの良さ

バスに気づかせ、水面まで追わせるために、大きなルアーを使うのはよい。

でも、冬場はバスが口を大きく開けないようで、吸いこみが弱くしっかり食ってこないことも多い。食いミスってなんどもバイトすることがままある。

つまり、大きなルアーではミスバイトやバラシのリスクは高くなる。なので、大きなルアーでもフックアップさせるための工夫(外掛かりも含め)と、ばらしを減らす工夫が効果的。

あきらめも肝心

トップに出やすい条件とトップに出にくい条件、冬はその差が大きく出る。だから条件が悪ければ果てしなく釣れない。

冬トップはあきらめも肝心。

まとめ

こんな感じです。妄想入ってますw。

冬にトップで釣れると、いくら寒い思いをしていても、興奮で超ホットになります笑。釣れるのはほぼいいサイズですし、忘れられない1匹になります。

みなさんの冬トップのイメージはどんな感じでしょうか?

(”強いアピールと移動距離小の両立”と書きましたが例外はあります。冬にバズベイトで速めのリトリーブスピードでも釣れたことがあります。水深がかなり浅いか、もしくはバスが表層に浮いている場合です)

続編を書きました↓

冬のトップウォーター攻略法★冬にトップで釣ったことありますか?
予想外に読まれている記事の筆頭が「冬のトップウォーター攻略の糸口」です。冬だけなんですけど、今年はす...
ブログをメールで購読

★ブログ更新をメールで受信できます。

ブログランキング
1クリックでモチベーションUPします↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
おかげでランキング上昇♪

フォローする

Twitterで更新情報を届けます

コメント

  1. メンタイ より:

    どうも!威勢ばかりでフィールドから遠ざかってるマキヲタです(^^;;
    冬トップ攻略の糸口…非常に勉強になります‼
    私の釣りたい魚は天候、地形等の条件にもよると思いますがシャローに差して来る事も少なくないと考えます!
    食性に訴える釣りは難しいと思いますが、つかじーさんの仰る"興味を向けさせる"ってのが私の中で1番バイトに持ち込む可能性が高いと思います(と信じてますw)
    まぁ、冬トップでの釣果は過去に無いので色々妄想しながら試してみたいと思います♬
    っと、それ以前に釣りに行けるかが怪しいトコですが(^^;;

  2. Basser Tack より:

    ただでさえ、難易度の高いフィールドである、おじゃが池。その中でも、プロであっても釣ることがかなり困難であろう冬のおじゃが(難易度スーパーS級)で、トップで釣るつかじーさんのこの記事は非常に興味ぶかいですね。でかいルアーや、強いルアーは一回通すとスレて、2回目はないと一般的には思われるが、複数回やって、じらしや威嚇などのバイトに持ち込むのは盲点だと思います。しかし、このバイトも絶対につれるはずと信じられる、経験、実績値のあるスポット、そして、トレース&キャストコース、それを通すためのキャスティングテクのなせることですね。

  3. つかじー より:

    メンタイさん、どうもです!
    やっぱりなかなか行けませんよね。わたしもそうでした^^
    冬はじっくり充電してください。春にむけてね!

  4. つかじー より:

    Tack さん、どうもです!
    あくまで自分の経験の話しです。使うルアーの種類やいろんな条件で変わってくるのかもしれません。バス釣りに例外はつきものですからね。
    冬の釣りはすべてのことを高いレベルにもっていくことで結果がでますよね。トップじゃなくても同んなじですね^^

  5. ころっけ より:

    冬トップ。。
    釣ってみたいですね~~!!
    残念ながら冬にトップで釣った経験は私にはありません。。。
    それ以前に、冬は納竿してしまうのですが(笑)
    ですので、非常に参考になります。
    今年は初めて、冬釣行もするつもりでいますので、つかじーさんを参考に試してみたいと思います!!!
    あくまで、予定ですが・・・
    寒さにとにかく弱いもので(笑)

  6. つかじー より:

    ころっけさん、どうもです!
    納竿しますよね~普通^^
    それも、冬にあえてトップで釣ろうなんて、トップ屋さんしかやらないのかな。w
    実はわたしも寒いの苦手でして。かなり着込んでホカロン貼ってやってます。
    でも、ボートほうがおかっぱりよりも寒いでしょうね^^