プリ雌にビッグジャークベイト★奥の手はボトムから跳ね上げるソフトジャークベイト

ジャークベイトにプリ雌ドカーン!脳裏に焼きついている記憶が数々あります。そろそろプリスポーンと呼べる時期の入り口ですね。

プリスポーンといえばジャークベイト

個人的にプリスポーンといえばジャークベイトパターンでした。雄蛇ヶ池にウィードがたくさんあった10年ほど前までは…(草魚放流で変わってしまった)。

当時、モリゾウのジャークベイト「フェイス」がリリースされ(2007年)、3月にそれを買ってすぐにいいサイズが毎回のように釣れたのを思い出します。

シャローウィードフラットのジャークベイトパターンですが、ウィードのコンディションいい場所ではウィードの新芽が早くにのびて、そこにベイトやバスが集まるようなイメージをもっていました。

愛用のジャークベイト、フェイス(インプレ)
ジャークベイトは、使い方動かし方がいろいろあってアングラーの自由度が高いです。ルアーをあやつっている...

早春のソフトジャークベイト

同じ年、フェイスを使う前の2月はソフトジャークベイトをメインにしていました。ソフトジャークベイトと言っても、自分がイメージするものはなかった(?)ので自分で作ってました。

使う水深は1~2m程度。

上の釣果写真にそれぞれちょっとだけ見えてるワームがこれです↓

埋め込まれたフラスカートとネイルシンカーがキモです。

ソフトジャークベイトはボトムからの跳ね上げ

ワンナップシャッドエボリューション(6インチ)にゲーリーフラスカートを貫通させて埋め込んでます。

これをボトムから跳ね上げると、フラスカートが抵抗になるので移動距離が抑えられ、止まった時にフラスカートがふわっと開いて、1~2秒のサスペンドに近い状態ができます。そのサスペンド状態からボトムに沈むまでの間にバイトします。

冬用ワンナップシャッド邪道チューン
ワンナップシャッドエボリューション(6インチ)の冬用チューンです。見た目はこんな感じですが、キモはそ...

ソフトジャークベイトといえばサカマタシャッド

そこから7年後にサカマタシャッドが登場したので、少し違いはありますが似たようなことが可能です。

DEPS サカマタシャッド SAKAMATA SHAD 8インチ★重さ36.5g
今は極力ハードルアー主義なのでワームにあまり興味がないのですが、このワームだけは待っていました( ´...
ビッグバスをターゲットに、独自のコンセプトで開発された様々な高性能ルアーをリリースし続けるデプス。ストイックなまでにデカバスを追い続ける奥村和正による理論とタックルは、多くのアングラーから圧倒的な支持を集める。
ブログランキング
1クリックでモチベーションUPします↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
おかげでランキング上昇♪
Twitterで更新情報を届けます

コメント

  1. ワカ より:

    つかじーさんおはようございます。
    今はスポーン期間前後のバスは釣りませんが
    慈悲の心が無かった学生の頃はデカいの釣れるのでやってました。
    ルアーはロングA16とラパラF18です。
    シーバス専用ルアーだったのですが
    スポーン期だけは鉛を貼ってサスペンドさせ使うとよく釣れました。

    今でも色々な方法でデカいの釣れるので永遠の一軍ルアーです。」

    • つかじー より:

      ワカさん、どうもです!
      なるほど~やはりサスペンドですか。もしくはスローフローティングですかね(^^)

      スポーニング前後はやらないんですね。さすがです(^^)