雄蛇ヶ池11/23水位はほぼ満水

夕方の釣行。今日はぽかぽかと暖かく空は気持ちのいい青空。水位は満水に近く、マイナス10cmぐらい。アオコはだいぶ落ち着いたが一部のシャローではまだアオコ現象が見られた。また、雨による濁りも少し残っており手を入れると水はかなり冷たい。




ポンプ小屋ワンドはこのように遊歩道近くまで水がきている。



釣果はバイブレーションで1本。39cm。太くはないが体全体に肉付きがいい冬じたくの体形という感じ。



薄暗くなって帰ろうとしたころ、久しぶりに雄蛇ヶ池で大きいザリガニを見つけた。(左上に写っているのはロッドのグリップエンド)雄蛇ヶ池のザリガニはこの1~2年で生息数を大幅に減らしている様子である。



しかもこのザリガニ、腹に褐色の卵を満載している。11/23に子持ちのザリガニとは。その繁殖時期の長さに驚かされる。身重な体なのに水温が低いゆえ動きがかなり鈍く簡単に捕まえられた。

ブログをメールで購読

★ブログ更新をメールで受信できます。

ブログランキング
1クリックでモチベーションUPします↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村
おかげでランキング上昇♪

フォローする

Twitterで更新情報を届けます

コメント

  1. たくぴー より:

    きれいなバスですね!今日は暖かったし、いい天気でしたね。私は多摩川沿いを散歩してました。
    大きなザリガニですね。抱えてる卵がたくさん孵化してくれるといいですね!

  2. つかじー より:

    抱卵したザリガニをこんな時期に見るとは思いませんでした。普通なら穴に閉じこもりがちになる時期なんでしょうが。
    妄想ですが、
    危機的な状況(仲間たちの激減)を察知し、本能的に繁殖時期ではないのに繁殖行動をとっているのかも。

  3. たくぴー より:

    その可能性はありそうですね。。。

  4. おじゃじゃ より:

    青空が湖面に映り込んで、とてもキレイですね。バスを掛けることで精一杯でなかなか景色に目を配ることができていません。
    雄蛇ガの魅力を改めて教わっている気がします。

  5. つかじー より:

    おじゃじゃさん
    どうもです。
    最高のほめ言葉ありがとうございます!