カバー奥へ入っていくほどミスが増えるバックスライド。カバーでの細軸フック使用が妙手

カバーといってもいろいろありますが、たとえば写真のカバーにバックスライドノーシンカーを撃つとします。オカッパリでは、立ち位置の足元が不安定なことも多いと思います。

喰わせることとフッキングパワーが相反する状況

上の写真のような場所で、無理して遠目を撃つことがけっこうあります。メジャー場なら手前はみんなが撃つので期待薄だからです。カバーの奥に魚が入りやすい状況もあります。
でも、無理して遠目を撃って、おまけに足場も悪ければ、フッキングパワー不足になって獲り損なうことがあると思います。

また、雄蛇ヶ池のような浅い岸際カバーが多いフィールドは、極力ディスタンスを取ることが有利でもあります。

喰わせることと、フッキングパワーは、相反する状況がよくあります

ヘビーパワータックルと強靭な肉体が必要か

バックスライド系クローワームは、#5/0や#6/0などの大きいフックを使うことが多いです。

一般的には、ヘビーパワーのタックルで掛けてぶち抜くことをイメージすると思います。とはいえ、タックルが限定されるオカッパリでは、カバー撃ち専用のパワーのあるロッドを使うとも限りません。

ヘビーパワーのタックルと強靭な肉体で掛けて獲る、それ以外の策もあります。

細軸とバーブの低さで掛ける

掛かりやすさはフック形状によるところですが、それだけではありませんよね。

フッキングパワーが弱くても、その分だけ細軸でバーブが低ければ貫通できます。下の写真は私がよく使う#6/0のオフセットフックですが、使い比べた実感値として貫通力にけっこうな差があります。

細いほうは、がまかつのエリートツアラー316R(モリゾーのやつ)。価格は高いですが、細いわりに強いです。フックも進化し、細軸フックでも昔より強くなってると思います。

複数のメーカーからいろいろなフックが出ていて選択肢は多いです。ややもするとフック形状だけに囚われがちですが、軸の細さやバーブの低さなども含めて吟味するべきと思います。

フリッパーのカケヅカさんが、オフセットフックのサイズとゲイプの違いについて書いてました↓

リューギのインフィニというフックを試してます。はたしてヘビーカバーで強引なファイトをしたらどうなんでしょうか。良い評判しか聞かないこのフックが気になります(笑。

リューギのインフィニは、軸は太いのですがバーブがすごく小さいタイプで、これも少ない力で掛かりやすいと思います。

カバージグでも同じことが言える

カバージグでも同じことで、わたしは細軸と使い分けてます。写真で、上がOSPのゼロワン、下がマムシジグ。フックにかなりの差があり、マムシジグは細軸でバーブが小さく弱いフッキングパワーでも掛けられます。

ブラシガードもあるので、カバージグのほうが影響大きいかもしれません。ただし、マムシのフックはゼロワンのように長持ちしないです。

リアクションイノベーションズ ダブルワイドビーバー+マムシジグストロング★溺愛ワームその3
ダブルワイドビーバー 5.2インチ ジグはマムシストロング(改造)です。細軸フックのイマカツマムシ...

まとめ

少ないフッキングパワーで掛かることをうまく利用し、獲れる魚を増やすことができると思います。

Twitterで更新情報を届けます
ブログランキング

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
バス釣りブログRANKING★クリックお願いします~

コメント

  1. Tack より:

    なるほど。バーブもポイントなんですね!使うワームにもよりますが、ファットイカなどのワームの場合はどのフックを使用しますか?私は結構インフィニ使ってます。ただ、フッキング重視でフックが外向きになってる分、根掛かりはしやすいですね。
    あとナローゲイプを推奨するプロもいますが、あれはつかじーさん的にはどうなんでしょう。

    • つかじー より:

      Tackさん、どうもです!
      ファットイカですか。316Rの#5/0を使ってます。インフィニはちょっと使っただけですが、たしかに根掛かりしやすい印象あります…。
      ナローゲイプはありかもしれませんが使ってません笑。

  2. 房総族 より:

    お疲れ様です。
    仲間内の大会時は夜なべしてバーブと軸をカリカリ削って研いでます。
    釣り行く前に疲れてます 笑
    再来週あたり雄蛇ヶ池おじゃまします。

    • つかじー より:

      房総族さん、どうもです!
      削ってますか~いいですね~笑

      タフだと思いますけど楽しんでください(^^)