ブルシューターJrフローティングでハメた★使用法とインプレ

グッドサイズが思うように釣れなくなった雄蛇ヶ池で、ハメた感のあったルアーのひとつがブルシューターJrフローティングです。

ブルシューターJr(F)の特徴

2ozもあるわりにはコンパクトサイズで、それでも浮力は十分にあります。関東なら丁度いいサイズ感だと思います。ウエイトを貼ってスローフローティングに調整して使うことが多いです。トップで使う時はウエイトを貼りません。

使うとまず驚くのは、ラインテンションが抜けたあとのカーブしながら漂う動き。その自然さが、他のルアーにはないブルシューターの特徴だと思います。胸ビレが水流を受けて微妙に動くことが、その受動的なナチュラルアクションを生むようです。

20161105_buru1

特に効いたのが「カバー絡みでの強アピール」

それまでカバーがらみで別のビッグベイトを使っていましたが、ブルシューターJrに変えてから明らかにバイトが増えました。それも食うサイズがでかい。特に効果的だったのが強ジャークです。ブルシューターJrは直径30cmくらい円での小回りができます。

20161105_buru

アクションのキモは…

水深1m程度のシャローなら、ピッチングで着水した時、その勢いで30~40cmくらい沈むようにします。

カバー周りやピンスポットに入れたあと強ジャークすると、短い移動距離で「ドスッ!」と水中に響き渡るような強い水押しができます。やりようによっては一回転しますがその時の回転半径は小さいです。

その「ドスッ!」の後、ブルシューターJrは惰性で漂いながらゆっくり水面に向かいます…。

ギルネストのギルの動き

写真はギルの産卵床です。黒っぽい円形がたくさん並んで見えてるのがそれで、直径50cmくらいです。

20140807_gillnest2

ネストを守るギルの動きは、ネスト上でサスペンドしつつ、時々円を描くように動いていると思います。

小回りが効くブルシューターJrをデッドスティッキングぎみに漂わせ、クルっ クルッっと、円を描くように…

ご要望があったので書きました。一旦ここで終わります。

浸水したブルシューターJrフローティング。浸水箇所判明と修理方法
DEPSブルシューターJrフローティング(2oz)。私の中では永久一軍確定のルアーです。その話はまた...

コメント

  1. haru3 より:

    お待ちしておりました!
    が、jrって手に入りませんね…
    160だと手軽さ(重さ)がないんですよねぇ…

  2. Tack より:

    なるほど!そういうことだったんですね!

  3. みかん より:

    活躍させてあげられていない、私のブルjrちゃん…
    たしかに、ジャーク後の漂う動きがたまらんなぁと感じてました。
    来年は頑張ります!

    • つかじー より:

      みかんさん、どうもです~コメントありがとうございます!
      ぜひ!(^o^)