流行りのデカ羽根モノ。遅れてきたリザードクローラーの期待値

この一年、デカ羽根モノの情報が増えて、ノウハウや使い方も大方は出たと思います。各製品がほぼ出揃い選択肢も増えました。同ジャンルの製品が増えたことで、状況によって違うスペックのデカ羽根モノを使い分ける楽しみができました。
のびのびになっていた奥田さんのデカ羽根モノもようやくきました。リザードクローラーはルアマガとコラボでリリース。1月6日12:00からWEB受付とのことです(限定150個、4000円)。



ダッジ(1oz)やアベンタクローラー(1.3oz)よりも重く、ウエイトは52gです。デカバスハンター奥田さんらしい、期待していた通りの重さです。
ルアマガの商品説明には「超デッドスロー」「超低速」のような言葉はありませんでした。それなりの超デッドスローで動くのか、過去にそういう記事もあったので気になるところです。
大きな特徴は、先月のロドリの記事ではじめて出てきた「頭を水中に突っ込んで潜ろうとする、独自のもがくような動き」のようです。それならば巻き速度を上げていっても中速度でバタバタにならずに使える気がします。強いアピールでの使用に向いているということか…。リザクロの有効速度域は、超低速にフォーカスしているダッジやアベンタとは少し違うと推測されます。
ハッキリしないところは使って確かめたいです。今回買えるか微妙ですがトライします…。

「頭が潜ろうとする特徴」ですが、それはわたしも試していました。覚えてますでしょうか、アゴにアルミパーツをつけた自作ルアー。


このアルミパーツがリップのように働き、水を受けて頭が潜ろうとします。羽根はアベンタの羽根ですが、アベンタがバタバタになる中速巻きに追従できるようになります。頭が潜ろうとすることで水面にへばりつくような動きになることが影響します。アルミパーツを手で曲げて加減しながら、使える速度域や動きを試していました。
この話はまた別途。

コメント

  1. Tack より:

    私もリザードクローラー購入、トライします!Web、パンクしそうですね。

  2. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    Tackさん、どうもです!
    パンクするほどアクセスきたらすごいですね~( ´ ▽ ` )

  3. TAIDON より:

    つかじーさんのとこにサンプルが送られてきたりしてww
    自分もデカ羽根を追加して来年挑みます(^^)

  4. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    TAIDONさん、どうもです!
    残念ながらそれはありませんw( ´ ▽ ` )
    来年もデカ羽根モノで水面爆発させましょう!!

  5. マクソン より:

    リザードクローラー楽しみですね~
    しかし、シャッドの次はでか羽物。次は何が注目されるのでしょうか。

  6. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    マクソンさん、どうもです!
    次ですか・・・
    来るとすれば、れいのネズミ型ビッグベイト?( ´ ▽ ` )ビミョウっすねw

  7. RINZO より:

    あけましておめでとうございます
    今年もよろしくお願いいたします
    これ買えるといいですね わたしは安定供給になるまで待ちます
    ネズミ型ってデプスのですか?見たときちょっと引きましたぁ~ ネズミ型だけは無理っす!!

  8. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    RINZOさん、あけおめです!
    今年もよろしくお願いします‼︎
    買えたらインプレしますね( ´ ▽ ` )