雄蛇会トーナメント結果が示す雄蛇ヶ池の衰退

年々釣れなくなっている雄蛇ヶ池。雄蛇ヶ池に通っている多くの方はそれを実感しているはずです。
釣果が落ちていることを示す客観的な数字として、雄蛇会さんのトーナメント結果から経年変化を算出してみました。
トーナメントの参加者が減ってきてますのでそのまま年毎の比較はしづらいのですが、実力のある成績上位メンバーはあまり変わっていないようなので、各試合結果の上位者だけの数字をもとにしました。
雄蛇会のHPに掲載されている過去5年間(2007年~2011年)の毎年6試合の結果から、各試合の上位5名だけの数字を抽出して経年変化をグラフ化したものが下記です。
【TOP5の平均ウエイト(リミット3本)】
グラフを見るとみごとに直線的に減少しています。5年前と比べると去年はなんと約4割もダウン。TOP5だけに絞っているので、これは雄蛇ヶ池に通いつめた実力者の数字と言えるでしょう。オジャガに通い詰めた上手な人でさえ、こんなに数字が落ちてきているわけです。しかも、年々トーナメント参加者が減って試合日のボート密度が下がってきている中での数字ですから。釣れなくなっているのはこれで一目瞭然です…


【TOP5のバス1本平均ウエイト】
その上位5名が釣ったウエイトを、バスの1本あたりのウエイトにしたものです。去年はピークから2割減ぐらいです。(ピークの2008年は雄蛇ヶ池がデカバスラッシュで沸いた年です)釣れるバスが小ぶりになってそれも痩せてきている、その傾向がここに出ています。それでもまだ去年の1本あたりは1kg弱ですから、さすがに上位に入る人はいいサイズを釣っていると言えます。しかし、おそらく今年はさらに下がるでしょう。釣れるバスのサイズはまだ下げどまらない、大きなバスを釣るのがさらに難しくなる、難易度が増すと予想します。


【TOP5の平均ウエイイン本数(リミット3本)】
上位5名のウエイイン本数。2007年は毎回ほぼリミット3本を釣っていたのが、去年は約2本まで落ちこんでます。でも、このグラフからいえることは、うまい人が釣れる本数は下げ止まり感ありということです。


ということでまとめると、
「雄蛇ヶ池は年々難易度が高くなっている。レベルが高い釣りでデカバスを狙ったとしても、今後も釣れるサイズは下がりそう。しかし、釣れる本数には下げ止まり感あり。」
雄蛇會(雄蛇ヶ池バスクラブ)

Twitterで更新情報を届けます
ブログランキング

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
バス釣りブログRANKING★クリックお願いします~

コメント

  1. メンタイ より:

    こうやってグラフで見ると徐々に釣果が落ちてるのが良く分かります…
    雄蛇ヶ会?のウエイトを見ると意外と低い?
    つかじーさんやTackさんのブログでしかオジャガを知らないので…(^^;;
    そうなるとお二人の釣果が異常なんだな!と再確認w

  2. つかじー より:

    メンタイさん、どうもです。
    > 雄蛇ヶ会?のウエイトを見ると意外と低い?
    試合だと本数をリミットまでそろえようとするからかもしれませんね。
    Tackさんは、雄蛇会に入ったら、優勝するぐらいの実力あると思います^^

  3. ころっけ より:

    雄蛇会の実力者達の結果ですから、説得力がありますし、面白いですね~~^^
    釣れればデカイってのが雄蛇ヶ池のイメージなんですけど、その魅力が薄れてきているんですね。。。
    それでも他フィールドに比べれば平均サイズはまだまだ大きい方だと感じます。
    草魚の寿命が来て、個体数が減ってくれば、今のフィールド状況も好転していくと思いますし、そう願います。
    ちなみにメンタイさん、つかじーさんとTackさんは雄蛇ヶ池で釣りをする者からしたら、別格ですよ、間違いなく。
    それこそ、大会に出たら優勝争いをする二人であることは間違いないです!!!

  4. つかじー より:

    ころっけさん、どうもです!
    そうですね、思いつきでやったわりには面白いグラフになりました。
    やっぱりそうか、と数字で納得できましたよね。
    大会はボートですし、わたしはおかっぱりばかりですから。必要とされる釣りも違ってきますよね。ライトリグとかできませんしw。だからたぶんダメダメだと思います^^;

  5. ころっけ より:

    いやいや、私は前々から思っていたんですが、つかじーさんがボートでの釣りを雄蛇ヶ池でしたら、いったいどのくらい釣ってしまうんだろうと・・・・
    確かにおかっぱとボートでは釣りのスタイルが違いますが、つかじーさん程の実力者ならば、あっという間にアジャストしてしまいますよ^^
    ボートでは行けるポイントの幅が広がりますから、つかじーさんがボートを使えば・・・
    [つかじーさん+ボート=大爆釣]
    この方程式は、間違いないです^^

  6. つかじー より:

    ころっけさん、
    無理無理( ´ ▽ ` )

  7. Tack より:

    つかじーさん、優勝は無理ですよ(汗)トーナメントって緊張しそうですし、私の釣りは、結構、強い釣りなので、トーナメントの人のプレッシャーに勝てないかもしれません。
    それに、雄蛇会の人はかなりうまいですからね。特に上位陣はすごいと思います。
    去年は通ったせいもありますが、なんと50UPの本数は2009年と同じで、40UPの本数もあまり変わらないくらい釣れました。少し腕があがったのかもしれません。というか、経験値が増えたのかもしれませんね。

  8. つかじー より:

    雄蛇会の上位のひとのすごさはわたしもしってます。
    でも、Tackさんが得意な時期ならありえるかなって思うよ。ジグマン(^-^)/

  9. Basser Tack より:

    雄蛇ヶ池のカバージグの釣りは、少しだけ自信がついてきたように思います。

  10. つかじー より:

    自信持っていいと思うよ(^-^)