グラスピースはトレーラーワーム無しのほうがなんかしっくりする

「グラスピースはトレーラーワーム無しでいいの?」と何度も聞かれたので、使ってみた感触をもとに整理してみます。

トレーラーワームは面倒が増える?

そもそも、トレーラーワームを付けるということは「ワイヤーベイト+ワーム」という2つのルアーを扱うことになりますよね。

合うワーム・合わないワーム、相性もあるから悩ましいです。装着の手間もさることながら、ズレない工夫とかワームを短くするとか、微妙に気を使うケースもあります。また、BOXの中でかさばるようになりますし、保管にも少し気を使います。

もし、トレーラーワーム不要であれば、上記の様なことから開放されます。

トレーラーワーム装着の目的は何か

ワイヤーベイトやチャターベイトでトレーラーワームを装着する場合、その目的は何か。

1)単純に、ボリュームアップによる視覚的なアピール力向上があると思います。

2)レンジコントロールを目的とする場合もあります。ワームによって上昇する揚力が得られたりします。

3)また、飛距離がでないルアーの場合、ワームの重量で飛距離アップを狙うケースもあります。

4)チャターベイトでは、トレーラーワームによってヘッドの暴れすぎを抑える=泳ぎを安定させる効果があります。

だいたいこんな感じかと思います。

グラスピースの場合

前述した1)~4)について、グラスピースではどうか?

グラスピースは、強い横揺れによる振動でバスに強くアピールします。よって、視覚的なボリューム感に頼らずとも十分なアピール力をもっています(アピールは強いです)。

グラスピースはレンジコントロールしやすいルアーだと感じます。速く巻けばブレードが揚力を得てレンジを上げやすくなります。

グラスピースはキャスタビリティが良く、重量のわりに飛距離がでます。

グラスピースは直進性がよく、泳ぎは安定しています。

ということで1)~4)の装着理由については、グラスピースは該当しない・ハマらない感じです。

グラスピースにトレーラーワームを装着するとどうなる?

グラスピースを巻くと手元に伝わる明確な振動があり、それが使用感の良さにつながります。グラスピースにトレーラーワームを装着すると、手元に伝わる振動が小さくなり、その使い心地の良さ・操作感の良さは消えていきます。

それでも、トレーラーワームのプラス面がないわけではありませんし、特定の条件下ではトレーラーワームが効果的な場合もあると思います。

まとめ

というわけで今のところ、グラスピースはトレーラーワーム無しでしっくりきてます。

トレーラーワーム無しって楽です笑。

グラスピース(バスパズル)実釣インプレ!奇天烈ルックス、実用性能高し、チャター系ニュータイプ
変則チャターのグラスピース。ちょっと奇天烈なルックスですが、使ってみるとその実用性能は高く、自分のよ...
ブログをメールで購読

★ブログ更新をメールで受信できます。

ブログランキング
1クリックでモチベーションUPします↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村
おかげでランキング上昇♪

フォローする

Twitterで更新情報を届けます