フィッシュグリップでバスの口に穴を空けた話★便利なツールも使い方しだいです

バスに使えるフィッシュグリップといえば、オーシャングリップやボガグリップ。それも使い方しだいではこうなってしまいますという自分の失敗談です。

ツイッターアンケート結果

フィッシュグリップについてツイッターでアンケートしました↓

この結果をどうこう言う前に、自分の体験の話をします。

バスの口に穴を空けた話

ランディングでフックが手に刺さったことがキッカケで、10年くらい前はオーシャングリップを使ってました。

自分の失敗談

下はその頃の写真です。変な持ち方してますけどグリップがちょっと見えてます。

バスが暴れてグリップが貫通してしまい、ウワってなって、上から手で掴んだ状態でした。

拡大です↓

こうなるかどうかは、口の皮の状態・バスの重さや暴れ方にもよると思います。

ツイッターで聞いた経験談

ツイッターで聞いた経験談の一部です。

一度やってしまうと、バスに対して使うのは気が引けるようになると思います。他魚種には引き続き使う感じですが…。

とはいえ自分が怪我するくらいなら使うべきです(怪我しないことが最優先)。

琵琶湖プロガイド川越さんから

バス釣りにフィッシュグリップは是か非か

ランディング時にフィッシュグリップを使うなら、グリップにぶら下げる時間を短かくすることを心掛けたいです。もしネットがあれば、ネットが一番です。

川越さんがおっしゃるように、針外し時のツールとしては便利です。そして、針を外したらグリップでなるべく持たないことです。(手で持ってバスを落とすぐらいなら使う)

アンケートで「積極的によく使う(7%)」と答えた人の多くは、おそらく上手に使っているひとたちだと思います。

最後に

今は、できるだけ使わないですませようという考えです。フィッシュグリップを使っていません。

「フィッシュグリップの失敗談と、使用するならうまく使いましょう」ってお話でした。

LOVE FISH !!

バス釣りが原因でバスは命を落とす。バスはどのように死に至るのか
バスアングラーのせいでバスが死ぬ、それはどんな時でしょうか?考えたことはありますか? ラインブレイ...
ブログをメールで購読

★ブログ更新をメールで受信できます。

ブログランキング
1クリックでモチベーションUPします↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
おかげでランキング上昇♪

フォローする

Twitterで更新情報を届けます

コメント

  1. みん より:

    私は、フィッシュグリップは魚を傷めてしまう為使いません。
    バスは100%手持ちします。
    他の魚種で、歯が鋭いものは、ダイワ製のフィッシュホルダーを使いますよ。
    先が平らなものと、普通のものを使い分けしています。
    プラスチック製なので、落としても浮いています。
    フィッシュホルダーで魚を傷つけた事はありません。

    • つかじー より:

      みんさん、どうもです!
      使わないですめばそれに越したことはありませんね(^^)
      私は、使うとしても針外しと多魚種かな笑(^^)ハンドランディング最高!

  2. 帝国ファン より:

    自分はバスも雷魚も素手で持ちます。

    フイッシュグリップは必要以上に魚を傷つけると思っていますので食べる魚にしか使用するべきでないと思っています。

    • つかじー より:

      帝国ファンさん、はじめまして。コメントありがとうございます!
      そうですね、食べる魚でなければ使いたくないですね。いまは基本、ハンドランディングです(^^)

  3. RockHeart より:

    私もオーシャングリップですが爪の鋭くない2100番を使ってます。

    シーバスで使い始めて数百匹は掴んだと思いますが、慣れない最初の頃を除けば貫通させる事はほとんどなくなりました。
    ランディングは抜くかネットなので吊り下げる時しか使わないですが。

    幸い自分にフックが刺さった事は無いですが、左右の手をルアーで連結しちゃった友人がいるので…フィッシュグリップは使い続けると思います。
    更にバス用も全部バーブレスにしようかと…

    • つかじー より:

      RockHeartさん、どうもです~
      上手にお使いのようですね(^^)♪
      シーバスはグリップが必需品(?)ですかね。
      両手連結なんて想像するだけで冷や汗でます(^^;)

  4. バスヤロウ より:

    つかじーさん、こんにちは。

    自分はフィッシュグリップは使いません。
    ハンドランディング派です。

    小バスやナマズ、ブルーギルはフックを飲まれたり、トレブルフックが複数箇所に刺さっていなければ触らずにリリースです。

    魚に触れずにリリース、これはバーブレスフック使用の恩恵です。
    ラジペンでフックをつまんでチョイとひねればリリース完了です。

    • つかじー より:

      バスヤロウさん、どうもです~
      バーブレスそしてハンドランディング(∩´∀`∩)すばらしいです!やはりそれがベストか。

  5. GⅡスプーン より:

    お久しぶりです。
    私もホントはフィッシュグリップを使いたいですが、魚が痛そうやからよう使いません。
    ただでさえ、針で魚を傷つけてるんやから、これ以上は傷つける可能性が、ある行為は避けるべきでしょう。
    魚との接触面積が大きいフィッシュグリップがあればいいんですがね。

    • つかじー より:

      GⅡスプーンさん、どうもです!
      そうですね~よくわかりますその気持ち(^^)
      接触面積が大きければ大丈夫なんですかね?!

  6. GⅡスプーン より:

    わかりにくい表現ですいません。
    ようは人間の指ぐらいの太さと柔らかさがあるフィッシュグリップがあれば…ということなんです。まあ、市販のフィッシュグリップを改造したら出来そうかもしれませんが、そこまでせんでも自分の指でいいか…

    • つかじー より:

      柔らかさと太さですね(^^)
      オーシャンやボガグリップなどは、掴んでその位置で止まります(その厚みで止まります)よね。それより厚い部分に滑って移動すると問題がでそうです。つまり、バスの口の皮が一定の厚みでないと難しいかも?! そこが柔らかさでカバーできるのか…ですね(^^)