雄蛇ヶ池3/18の状況

写真は流れ込み横。湖畔の木々が種類によっては芽吹き始めているが、新芽が出そろいカバーのシェードがはっきりしてくるまではもうちょっと時間が必要。ユスリカが湖面をたくさん舞い産卵している。いつもなら起こるギルのボイルは見られず。ギルはシャローでちらほら見つかるようにはなったが小さいものがほとんど。表層水温は12.6~13.5度。13.5は大谷津。水位は満水のまま。




大広の鼻の西側。刈られた竹が池側に覆いかぶさっているが、この場所では竹の下の隙間はほとんどなさそう。竹でできたカバーも場所によって状況がだいぶ違う。



釣果は夕まずめにビッグベイトで1本。48cmの雌。はっきりプリスポーンとわかる、すぐに産卵できそうな腹と肛門でした。


ブログをメールで購読

★ブログ更新をメールで受信できます。

ブログランキング
1クリックでモチベーションUPします↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村
おかげでランキング上昇♪

フォローする

Twitterで更新情報を届けます

コメント

  1. 洋平 より:

    お見事です☆だいぶ春めいてきましたね♪鯉の野ッ込みが凄い事になってました^^;

  2. ヘビスモ より:

    イイ魚ですね。
    今年の初釣行はまだなので、
    そろそろ行きたいんですが、
    なかなか・・・・
    ここを見て妄想するしかありません(笑)

  3. つかじー より:

    洋平さん、どうも^^
    水中も春のようですね。
    私が見たんでは、鯉は松田の奥の浮きゴミの下がすごかったです。のっこみしている鯉は、中途半端なサイズ(デカバスぐらいのサイズ)がみょうに増えた気がして。気のせいかな…。サイズがバスぐらいなので、いっしゅんバスかと思っても鯉、ってことがふえました。中にはヘラも混じってるかもしれませんが。

  4. つかじー より:

    ヘビスモさん
    おひさです^^
    そうですか。釣り行けないのは寂しいですね。今週末あたりから釣り人の活性があがって(笑)混みはじめるかもです。