雄蛇ヶ池は刻々と水質悪化

表の堰堤では余水吐からわずかに水が落ちており、雄蛇ヶ池の水位はジャスト満水。写真のように、ジャスト満水時に裏堰堤前の古いヘラ台は最上部の木枠までちょうど水に浸かる状態になるのでこれが水位の目安になる。水門は放水中。


松田谷津の例の木もすっかり水の中だ。

これは松田谷津の一番奥。アオコ(ソウギョの糞も混じっている)がかなりきつい。ソウギョの活動が活発化するにつれ、刻々と水質が悪化していると思われる。

岸際はだいたいこんな感じ。

蓮中にもアオコがでていてこんな感じ。

昨年と比べアオコ現象の悪化が早く、ざっくり1ヶ月ぐらい早い感触である。やはり昨年を超える水質悪化が起こりそう。悪い予想は外れてほしいものだと思っていたが、無理なようである。ダウン
釣果は4本でした。

ブログをメールで購読

★ブログ更新をメールで受信できます。

ブログランキング
1クリックでモチベーションUPします↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
おかげでランキング上昇♪

フォローする

Twitterで更新情報を届けます

コメント

  1. よしさん より:

    写真の状況では、シャローと松田谷津エリアは既に「見た目アオコ指標」のレベル3~4段階に達したアオコ現象と思われます。
    これから真夏日が続くと・・、雄蛇ケ池観察史上初の重度なアオコ現象は避けられないでしょう。

  2. つかじー より:

    はい。われわれはこの夏、おぞましいものを見ることになるのでしょうね。鼻もまがるほどの悪臭とともに。。

雄蛇ヶ池6/18の釣果

今日は昼間から。
シャローカバー中心にラバージグとノーシンカーで4本。48、47、46、44でした。
48cm。かなり痩せたアフター。


47cm。これもアフター。

46cmだけは太いバスでした。

ブログをメールで購読

★ブログ更新をメールで受信できます。

ブログランキング
1クリックでモチベーションUPします↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
おかげでランキング上昇♪

フォローする

Twitterで更新情報を届けます