気温はプラスでもロッドのガイドが凍りついてしまう時。ラインブレイク注意

この時期のバス釣りで困るのはガイドが凍ってしまうことですよね。気温がプラスでも凍ったことはありませんか?

特に風が強い時、気化熱でガイドの温度が気温以下に下がるためです。

ラインからガイドに水が付く→その水が気化する(気化熱を奪う)→ガイドが0度以下に下がる→凍る…という感じかなと。

自分の経験では、風が強いと気温4~5度でも凍ったことがありました。(水温は気温より高い)

こうなると、そのまま無理に続けて、細いラインではキャスト切れが怖いです。要注意ですね。

ブログランキング
1クリックでモチベーションUPします↓
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
おかげでランキング上昇♪
Twitterで更新情報を届けます