リザードクローラーの基本チューニング!神リザクロを作るためにどう調整すればよいか?

リザードクローラー(シグナル)を神リザクロに近づけるため、そのベースを作る基礎的なチューニングです。神リザクロになるかどうかは運しだい?!

リザードクローラーは個体差あり。調整が必要

リザードクローラーは個体差がけっこうあります。

買ってはみたもののうまく動いてくれないとか、納得がいくアクションをしてくれないので困った…という話しをよく聞きます。

そんな時、どうすればいいのか。リザクロについての初歩的な事は以前に書いてますので、今回はその一歩先の話しです。

リザードクローラーの羽根が引っ掛かる?!

リザードクローラーの新品は、たとえばこんなふうになると思います。羽根を開いた時、たまに途中で引っかかって隙間ができたりするんです↓

右下のように羽根がヒートンの上にきちんと乗るのが正常です。新品の状態で、頻度や程度は一個一個違います。あまり問題ないやつもあるでしょう。

この、羽根を開いた時の”羽根の座り”の悪さが、アクションにもろ影響します。

リザードクローラーの”羽根の座り”の悪さを調整する

リザードクローラーの”羽根の座り”の悪さは、使い込んでいけば徐々に改善されるのですが、それを待ってもいられないし、程度の酷いものもあるので、そういう場合はチューニングにより改善します。

金具と羽根を取り外し、棒ヤスリなどを使って「金具の縁」と「羽根のスリット」の角を丸めてやり、羽根と金具の接点を滑らかにします。

※羽根のスリットはやり過ぎに注意。

削っては装着し、羽根の座りが良くなったかどうか確認します。だいぶましになってきたら、羽根を装着したままガシガシ動かしまくるなどして最後の詰めをする感じでよいと思います。

さらに私の場合、同時に下記のチューンも必ず行います。

ヒートンはオープン化する

羽根のヒートンをオープン化すると、ヒートンの頭をつたって金具が抜けるようになり、ヒートンを全く動かすことなく金具を取ったり付けたり交換したりできます。チューニング作業の効率化のためです↓

自分は別のヒートンに交換していますが、装着されていたクローズドヒートンをオープンに加工してもOKです。例えばこんな道具で、金槌で叩くと簡単に開きます↓

まとめ

”羽根の座り”が良くなれば、その先はスイムテストしながらどこをイジるか見極めていきます。

ヒートンの入り方やネジ穴の位置ズレなど優等生じゃない個体もあるので、それに対応する調整はケースバイケースだと思います。

今回はこのへんで。

果たして自分のリザクロに神が宿るかどうか、それを楽しみにイジり倒しましょう。イジりたおせば愛も生まれますよ笑。釣りする時間は減りますけど爆。

(リザクロのチューニング方法を知りたいとリクエストがあったので書きました。参考になれば幸いです)

シグナル リザードクローラー発売★使用感と調整法など
8月上旬頃、やっと一般発売されたリザードクローラー(カラーはブラックスターのみ)。奥の緑色のは、1月...

コメント

  1. TAIDON より:

    あぁ〜
    やっぱコレ系のネタは面白過ぎますWw(^。^)

    土台の角やバリも、つっかかりや動きの妨げになりますよね(^^)
    神ったら動画お願いします♪

    • つかじー より:

      TAIDONさん、どうもです~
      面白かったですか(^^)よかったです♪ 神ったらいいんですけどそんな簡単にはいかんでしょうね~笑

  2. イッチー より:

    つかじーさんどうもです(^○^)

    リザクロ調教編ありがとうございます!!

    神リザクロ動画楽しみにしております。
    自分もリザクロ持っていますが アベンタ ベルリネッタの方が使う事が多く 調教出来ておりません(^◇^;)

    以前 奥田学さんと話した時は ベタ凪の時に使うと仰ってており 余計に使う事が無くなってました。。
    出しどころは それぞれだと思いますので また使って行こうと思います^ – ^

    • つかじー より:

      イッチーさん、どうもです~
      神になるかどうかは…分かりません笑笑
      奥田さんはベタ凪って言ってたのを何かの動画で見ました。わたしは、ベタ凪じゃなくてもぜんぜん有りだと思いますけど笑(^^)