ロングハンドルのデメリット。それでもデカバスを獲るために有効

ロングハンドルはデメリットがあるけれど、それでも、デカバスを確実に獲るために私は使っています…というお話。

ロングハンドルのデメリット

以前にロングハンドルのメリットばかり書いたので、デメリットをあげます。

値段が高い

いい値段しますよね。最近買ったこれ(102mm)は約15000円します↓

7000円くらいのロングハンドルでも、大きめのハンドルノブと取り付けパーツなどセットにすると、トータル13000円くらいになったりします。

ハンドルが重い(バランス悪化)

モンスター対応で強度重視のコイツは特に重いです↓

私がメインで使っているもう一つのロングハンドルは40g程度。(クロナークMGL(6.2)のオリジナルハンドルは約24g)

リールが重くなり、さらにリール全体のバランスも悪くなると思います。私はあまり気にならないのですが、人によっては気になることかもしれません。でも自分の中では、そんなことよりメリットが勝つわけです。

でかいハンドルが邪魔

数本持ち歩く際、ハンドルノブがでかいロングハンドルばかりだと特にじゃまです。

私が気になるのは、オカッパリ藪漕ぎ中にハンドルが何かに引っ掛かりやすくなることです。藪漕ぎしまくる人は注意です笑。

ルアーや使い方とのミスマッチ

ロングハンドルが向くルアー(でかいルアーや巻き抵抗大のルアー)があります。リールギア比とハンドル長のマッチングも適正範囲があります。

ルアーや使い方とのミスマッチがあれば、ロングハンドルは使いにくいだけになるかもしれません。巻取りで手の動きが大きくなる分疲れるとか、巻取りが遅くなるなどの問題が起こりえます。

キャスト時にクラッチが返るミス

ハンドルやノブが大きく重いことで、キャスト時にハンドルが動いてクラッチが返ってしまう、あるいは、キャスト中に何かがハンドルに触れてしまうミスがありえます。

わたし自身は、シマノのリールに変えてロングハンドルを使い始めて10年以上経ちますけど、一度もないです。正しいベイトリールの投げ方をしていればほとんど問題ないと思いますが、投げ方やリールの持ち方に癖のある人は注意が必要かもしれません。

正しく使えば武器になるロングハンドル

デメリットはあっても、正しく使えば、強い武器になるロングハンドル。個人的には、デカバスを確実に獲るためには欠かせません。

非力な人でもデカバスのパワーに負けず主導権を握りやすくなります。

ビッグクローラーベイトにロングハンドルが向く3つの理由★デカバスを確実に獲るために
デカ羽根モノの釣りにハマっているなら、ロングハンドルがオススメですというお話。 ビッグクローラ...

奥田さんのロングハンドル

奥田さんは、琵琶湖じゃなくても、オカッパリでロングハンドル使ってると思います。デカバスを獲るために!

Twitterで更新情報を届けます
ブログランキング

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
バス釣りブログRANKING★クリックお願いします~

コメント

  1. GⅡスプーン より:

    こんばんは。昔からのシマノユーザーの私は35ミリハンドルに馴染んでますので、現在のシマノの主流である42ミリハンドルさえ少し違和感があります。また、巻き取りスピードが早いこととハンドルから伝わる情報が大きいことも私がショートハンドルが好きな理由です。でもあくまでロングハンドルを否定するわけではありませんし、好みは人それぞれですもんね!

    • つかじー より:

      GⅡスプーンさん、どうもです~
      それはそうですね、人それぞれ好みはありますから(^^)
      GⅡスプーンさんは巻き抵抗のあるルアーやデカイルアー(ビッグベイトやデカクランクなど)もショートハンドルでやってるんですか?

  2. GⅡスプーン より:

    ふたたびこんばんは!
    巻き抵抗がほぼない操作系のトップを使うことが多い私なので、回収が楽なショートハンドルが好みなだけですね…
    ビッグベイトやデカクランクは使ったことはありません。
    ただ巻き系のトップはガンディーニ、ジョイントのトリプルインパクト、ナイトボム等を使用してますが、これぐらいのルアーでしたらショートハンドルでも問題なく使用出来てしまいますね。
    すいません!デカバスをデカルアーで釣るにはロングハンドルが有効であるとの趣旨にずれたコメントで申し訳ないです!

    • つかじー より:

      GⅡスプーンさん
      なるほど~~~ よく分かりました(^^)笑