H1GPXマスターズカップ優勝者、津軽プロの雄蛇ヶ池攻略法とつかじー的考察

津軽さんはハネモノのスキルがあまりないように思います。少なくても私のブログを見てないことは確実でしょう笑。きっとこの記事も見てないから何を書いても大丈夫かな…笑。

アングリングバス/津軽さんの雄蛇ヶ池攻略

雄蛇ヶ池でバス釣りを覚えたという津軽さん。ヒラクランクギル、Sビル、エビガエルハード、ビハドウ、ボルケーノグリッパー…などで攻めたようです。ハネモノは全く使わなかったと。とはいえ、ハネモノを使えば釣れたかというとそう簡単なものではないと思います。

ハネモノ以外のルアーで攻めた結果として、「雄蛇ヶ池でデカいハネモノが効く理由がなんとなく分かった」と、ハネモノが効く理由について津軽さんの考察が載ってます(アングリングバスで見てください)。

私が思う、雄蛇ヶ池でハネモノが効く理由

私が思う、でかいハネモノがでかいバスに効く理由。

単純に、「アクションし続けるので見切りづらい」「移動速度が遅い」「ルアー(獲物)がでかい」が主な理由だと思います。他のルアーで似たようなことはできるにしても、この3つを高次元でやれるという意味において、ハネモノにかなうルアーはないと思います。大事なのは撃つ場所です。あとは、状況に応じた攻め方や工夫のレベルですが、それでも差がでます。

水草壊滅後の雄蛇ヶ池は、浅いシャローフラットなのでバスの付き場がある程度限定され、ハネモノで攻められる場所にバスが居れば勝負になりますし、いなければ無理という感じです。

クローラーベイトのデッドスロー、でかいハネモノが好きな理由4つ★ハネモノマニアックス
今江さんの言葉を借りれば、クローラーベイトのデッドスローは「一番狙って釣れる、一番シーズンが長い、究...

2日間ノーフィッシュで攻略法は迷宮入り

取材は5月下旬、雄蛇ヶ池はもともとタフなのに加えて時期的にも微妙です。

ハードルアー限定

しかもハードルアー限定ですから難しかったのは間違いないと思います。さすがの津軽さんでも、2日間ノーフィッシュ。私の感覚ではなんの不思議もありません。

津軽さんはノリーズプロスタッフなのでノリーズのルアーばかりになるのはしかたないですよね。ノリーズのハネモノで一番可能性があるのはウォッシャークローラーフカフカだと思いますが、それは眼中になかったようです。私は雄蛇ヶ池でフカフカのデッドスローを試してキスバイト数回もらって、オジャガではデカ羽根のほうが良いなと思い、そのままになってます…。

攻めきれてない気がする部分

ハネモノはおいといて、津軽さんがやりそうな釣りで攻めきれてない部分があるとすれば、カバーまわりでのスピナーベイトだと思います。

倒木、隠れオダ、それの岩盤がらみ、いいポイントは少ないですが、それでも良い場所だけに何度も入り直す、浮いてるボートが数艇だったはずなので出来ます。ゆっくり巻けるクリスタルSシャローロールで。同じ時期に、雄蛇ヶ池ビッグバスダービー優勝2回のTackさんが、それで結果だしてました。

でも、それでも朝イチとか風があたりだしたとか、タイミングしだいなので、釣れても日に1本か2本という所か。

稚魚の多さは異常、大発生の魚種

アングリングバスで「稚魚が多い」ことに触れてましたが、今年の稚魚の多さは異常です。ただし、バスの稚魚が特別多いわけではありません。その多くが鯉(もしくはヘラ)の稚魚と思われますが、このような状況は雄蛇ヶ池で過去に見たことがありません。私の見立てでは、8cm前後に育った小魚がおそらく数千匹の単位で今存在してます。にもかかわらず、ボイルにはほとんど出くわさないという状況です。

(写真は2枚とも6/29の雄蛇ヶ池釣行時に撮影)

10~20cmクラスのコバスの生息数が少ないために、大量のコイの稚魚が生き延びた可能性があります。これが正しいかどうかは、もうすぐ分かります。夏になれば生まれて3年目のコバスが25cm前後になり釣れはじめるのですが、釣れ始めるコバスの数が例年と比べてどうか、です。

セカンドインパクト(2006年ソウギョ放流)以降、生態系の変貌がいまだに続いている雄蛇ヶ池では、特定の生物の急激な減少や大発生が起こりやすいです。いやな予感がしますが、どうなりますか…。

津軽さんが亀山湖でロクマル

今日、津軽さんが亀山でロクマルを釣ったとのむらボートのツイッターで流れてました。お口直しに↓

雄蛇ヶ池で1年半ぶりのバス釣り雑誌取材。アングリングバス最新号★雄蛇ヶ池はタフなのか?
アングリングバス最新号(6/21発売)に雄蛇ヶ池が出ています。雄蛇ヶ池でのバス釣り雑誌取材は1年半ぶ...
最終回はオジャガ池★関東十大釣り場巡礼
雄蛇ヶ池は年々タフになりバス釣り雑誌の取材が遠のいています。 関東十大釣り場巡礼最終回 そこへ、...
Twitterで更新情報を届けます
ブログランキング

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
バス釣りブログRANKING★クリックお願いします~

コメント

  1. Tack より:

    またまた掲載有難うございます(笑)
    稚魚の数、そんなに多いんですね。。これから先の子バスの釣れ方に注目ですね。。

    • つかじー より:

      Tackさん、どうもです!
      使わせていただきました笑

      稚魚が大きくなるにつれ、異常さが目立ってきました。どうなることやら…です。

  2. メンタイ より:

    お久しぶりです♪

    稚魚(ベイト)がそれだけ多いなら、今後それを餌にコンディションの良いバスが増える事で子孫繁栄し、バスの個体数が増えそうな気がしますがそんな単純な方程式ではないのでしょうか?!

    どちらにしても好転の兆しになれば嬉しいですね!

    • つかじー より:

      おひさしぶり~ 
      昔の友人からメール来たような気持ちです笑♪( ´▽`)

      バスの個体数が増えるというか、バスがかなり減ってしまってそのリバウンドが来るかな??って感じです笑

  3. メンタイ より:

    昔の友人w

    しれ〜っと観させてもろーてますよ♪( ´▽`)