糸くずワインダーの使い勝手(インプレ)ラインを捨てないためのナイスツール

捨てるラインを巻き取って収納できる新ツール、糸くずワインダーのインプレです。

糸くずワインダーの仕組み、使い勝手

手のひらサイズ。思ってたより小ぶりでした。

蓋を開けるとこんな感じ↓

この突起にラインを引っ掛ける。

ラインをくるくると輪っかにして纏めた後に、横のスリット(もしくは上面のスリット)から一部を入れて突起に引っ掛けます。こんな適当な纏め具合でも巻取りできます。

負荷テストとして、拾った多めのライン(上の写真)を巻き取ってみました。20ポンドくらいの太さだったので、ラインの張りでツールが膨らんでパンパンです。半開きの状態ですがなんとか入りました↓

中を開けるとこんな感じ↓

わざと無理な使い方をしてこれです。細いラインなら普通にけっこう入ります。

良いところ

軽い!安い!(300円強)。自分で出す捨てラインを収納するには十分な機能だと思います。

イマイチなところ

10cmや20cmくらいの短い切れ端の場合、短くても輪っかのようにまるめてやる必要があるのでちょい面倒です。

糸くずワインダーで巻き取る動画

巻き取る動画です。

まとめ

使いやすさはまあまあです。みんながこれを使ってくれれば捨てラインが無くなるはず…。みんなで買おう「糸くずワインダー」。安いので大会の参加賞などにすれば多くの人に行き渡りますね。

個人的には、捨てラインを拾うのでこのツールでは入りきりません。ラインを捨てないためのツールであり、ラインを拾うならやっぱりコンビニレジ袋です笑。

おかっぱりバッグの中にコンビニレジ袋1つ常備、まずはそこから。
おかっぱりバッグの中にコンビニレジ袋1つ常備しましょう。そうです、レジ袋をゴミ袋に使います↓ ...
Twitterで更新情報を届けます
ブログランキング

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
バス釣りブログRANKING★クリックお願いします~