ハネモノ人気はブームから定着へ★羽根モノルアーにハマるのはデカバスが釣れるから

ハネモノルアーはだいぶ種類が増えましたけど、フォロワーのリリースがまだポロポロと続いています。

ハネモノブームは続いてる?

ハネモノブームは落ち着いたかと思いきや、最近このブログのハネモノ記事へのアクセスが減るどころが増加してまして……検索エンジンからくるキーワードの1位はずっと「雄蛇ヶ池」ですが、2位「アベンタクローラー」、3位「リザードクローラー」、4位「アベンタクローラーRS」……という状況になってきました(驚。

下の予想馬柱はハネモノブーム以前(2014年3月)に作ったもの、もはや懐かしいです。ポンパドール以外は発売前で、ダッジはまだホナケンでした笑。

ハネモノにハマる理由

羽根モノルアーにどっぷりハマった人にその理由を聞くと、やはり「ハネモノでデカバスが釣れた」ことでハマる人が多いようです。

クリーパークラスのデカ羽根モノでは、出るバスのサイズが大きいことは間違いないです。それを一度経験しまうと、印象に残りやすい強烈なバイトもふくめ、癖になるのではないかと思います。

デカ羽根モノはなぜバイトが激しいのか?★デカ羽根モノに向くヘビーグラスロッド
デカ羽根モノは他のルアーよりも激しいバイトが多いので病みつきになります。 バイトシーンのサンプル ...

マイクロポンパドール、まもなく

イケてるルアー連発の川島さんプロデュース、マイクロポンパドール(6.5g)がまもなくリリースのようです。

これ、売れそうですよね~。

でも、言うまでもなく、私はこっちじゃなくてあっち↓

NZクローラー(DEPS)リリース待ち

追記)インプレ書きました↓

NZクローラー(デプス)インプレ★強波動とフィネスが共存するマグナムクローラーベイト
NZクローラー速攻レビューです。 NZクローラーのスペック 3ozクラス(実測で約85g...

夏以降のリリースだというDEPSのNZクローラー。デカ羽根マニアにとっては胸元にくるドストレートです。昨年末に奥村さんに聞いたら製品化するとは言ってなかったので、急に話が動いたみたいですね。ハネモノ好きのプッシュがそうさせた??のかもしれませんw。


気になるNZクローラー(80g?)。平べったい形状、ポコポコ音、強アピール。その点でリザクロが似てなくもないですが、これまでになかったタイプです。ただ、オジャガ池のおかっぱりで使うにはちと重いですw。

荒れた条件下でのデカ羽根モノ★ハイアピールを活かす使用法
時間が経ってしまいましたが、デカ羽根モノ超デッドスローの残滓の続きです。 青木大介プロと大雨とクリ...
クローラーベイト・羽根モノ(インプレまとめ)ダッジ/アベンタRS・GT/リザードクローラー他
羽根モノルアーのインプレ・チューニング記事まとめです。 アベンタクローラーRS アベンタクローラ...
Twitterで更新情報を届けます
ブログランキング

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
バス釣りブログRANKING★クリックお願いします~