重症バックラッシュを釣り場でほどく最善手。酷いバックラッシュ時には、直し方の定説が逆効果です

プロが説明するバックラッシュの直し方の中で聞いたことがないし、ネットで探しても同じ話がでてこないので書いてみました。参考になれば幸いです。

重症バックラッシュ

リールも進化したし、昔ほどはバックラッシュしません。でも、何かに引っ掛けたりして重症になること、ありますよね。

上は、実際にやってしまったバックラ直後の写真です。深いバックラッシュ=かなり深い所までラインが緩んで浮いている状態はヤバイですよね。でも、あきらめてはいけません。

重症時に、やってはいけないこと&やること

あくまで重症バックラッシュの時の話です。バックラッシュ直後、最初が肝心です。

やってはいけないこと

ラインを引っ張ってスプールを逆回転させる。ラインを引っ張って引き出す。ハンドルを回す。(つまり、普通の方法で治そうとしないこと)

やること

親指でスプールを逆回転させてラインを放出していく。バックラ直後のラインの緩みをできるだけキープしながら、スプールを逆回転させてラインを放出する。

これだけ。

理由は単純です。バックラッシュの直後は、ラインが大量に緩んでいるだけでラインのもつれは意外に少ないです。そこからラインを引っ張りだすと浮いているラインが徐々に締まっていき、結果的にややこしくなります。ハンドルを回すのも同様にNGです。

なにより最初の引っ掛かりをクリアーするのが肝心ですが、この方法だとラインをあまりいじらずにクリアーできることが多いです。作業が遅くても序盤を慎重にやって、途中まで行けば、あとはラインを引っ張って普通にやればOKです。

まとめ

私の経験では、バックラッシュの程度が重いならこの方法が一番ほどけると感じます。中程度か軽いなら普通の方法でよいです。

特に、こりゃひどいって時にやってみてください。最初が肝心です。

Twitterで更新情報を届けます
ブログランキング

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
バス釣りブログRANKING★クリックお願いします~

コメント

  1. Tack より:

    素晴らしい!今度やってみます!

  2. RINZO より:

    今度やってみます
    これになると最悪ですもんね!

  3. 白パンマン より:

    ZEALの柏木さんが、昔内藤さんとビデオに出てた奴に、
    内藤さん流バックラッシュ直し、
    てのをやってましたね。

    ドラグを締め込んで、
    親指でスプールを思い切り押さえつけ、
    ハンドルを2回転ほど回します。
    その後、クラッチを切ってラインを引っ張り出し、
    またラインがももったら同じ事を。
    これで、スプールが見えない夜釣りでも、
    問題無くなおせますよ。

    • つかじー より:

      白パンマンさん、コメントありがとうございます!
      はい、それはよくプロの方が説明されてる方法ですね。
      それでほどけるなら、もちろんそのほうがよいです。

      写真のような酷いレベルは、その方法ではうまくいかないと思います。
      そういう場合に試してみてください(^^)

  4. みかん より:

    これはなるほどです…!
    酷いのやっちまったとき、試してみます(゚∀゚)!!

    • つかじー より:

      みかんさん、どうもです~
      ぜひやってみて(∩´∀`∩) おすすめです。