ネスト(スポーニングベッド)の減少が顕著です雄蛇ヶ池

もしネスト撃ちしたいのなら、雄蛇ヶ池はやめたほうが…。

私の目に見えるネストはほとんどない

今シーズン今までのところ、雄蛇ヶ池では私の目に見えるネスト(スポーニングベッド)はほとんどない状況です。オカッパリから見えるネストがかなり減ってると思います。

冷え込み等の影響でスポーニングのタイミングが多少ばらけてるとは思いますが、それにしても…です。

個体数が減ってる実感が湧く事実

バスの個体数が減ってるという実感が湧く、ひとつの事実だと思います。

10年前なら、オカッパリからでも簡単に見つかる、たとえば裏堰堤前などに複数のネストがあることも珍しくありませんでした。

雄蛇ヶ池でネストができる場所

泥深いイメージの雄蛇ヶ池で、ネストができる場所はどんな場所か。ハードボトムにネストが作られるといいますが、泥深い中にもドロを少しのけると固い底質がでてくる場所です。そういう候補地は岸際やブレイクラインのショルダーなどに点在しています。候補地はたくさんあります。

ネストを作れる候補地の数に対して雄バスの数が少なければ、狙われにくいより好条件の場所を選んで作るのは当然ですね。

もちろん、陸からは無理でもボートなら狙えるでしょう。やりたい人は狙ってもよいと思いますよ。釣ってもその場でリリースしてやればあまり問題ないはずです。

でも、少なくなったネストのバスを釣り集めてライブウェルに入れる、釣ったバスを桟橋まで持ち帰る、それはどうでしょうか…。

アングラーの自主性にかかってます

「霞水系の5月ルール」や「雄蛇ヶ池のライブウェル使用自粛」は、アングラーの自主性にかかっています。

この手の話にネガティブな方もいると思います。そういう方も、できる範囲でよいです。

ネストや産卵がらみのバスを釣ったら、できるだけ速やかにその場でリリースしましょう。

SAVE BASS & FIELD !!

ライブウェル禁止等の産卵保護期間増えてきました。ご注意&ご配慮願います
ライブウェル禁止期間等、関東近郊のフィールドは増えてきました。週末から大型連休ですが釣行の際にはご注...
Twitterで更新情報を届けます
ブログランキング

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
バス釣りブログRANKING★クリックお願いします~

コメント

  1. RINZO より:

    やっぱりへってるんですね
    その場リリース大事ですね!
    特にオジャガは!!

  2. よしさん より:

    と言うことは、(スポーニングに参加する)親魚が減少している証左速報になり得ますね。見極めは今後のネスト数と密度の観察でしょうか。その類の雄蛇ケ池におけるフィールドデータがなく、定量的考察のできないことが残念です。

    • つかじー より:

      よしさん、どうもです!
      そうですね、定量考察はかなり難しいです…。