ジョインテッドクローのウエイトチューンは釣り場での微調整が欠かせない

自分的なジョイクロ使用時のキモについてです。

ジョインテッドクローの微調整

自分の場合はジョイクロを釣り場で微調整することが欠かせません。0.1g、0.2gとかそれくらいの調整もしてます。それが結果に影響すると思うからです。

バスとの距離が大事

ジョイクロのようなルアーはバスとの距離が大事ですよね。横の距離と、縦の距離(レンジ調整)です。レンジ調整は、根掛かりを恐れずに思い切って使うためにもざっくりではなく神経を使います。

レンジだけでなくアクションも調整

レンジ調整に加えてアクションも調整します。同じ重量を貼るにしても、何処と何処にどう分けて貼るかによってアクションが変わります。アクションはフラッシングにも影響します。ポイントはボディのロールです。

ジョインテッドクローvsニンジャグライダー★ギラギラ攻撃はボディのロールを操る
ギラギラ攻撃といってもデプスのジャイアントベイトのことではありません。S字系の食わせ方のひとつ、反射...

ジョイクロで釣る人ほどやっているはず

釣り場での微調整は、おろそかにしがちなジョイクロのキモだと思います。ジョイクロで釣っていない人はウエイトチューンが適当な気がしますし、釣る人ほどマメにやっているんじゃないかと思いますが、いかがでしょうか。

アグレッシブな魚なら、適当でも食っちゃうでしょう。でも、興味を持ったりチェイスしてくるだけの魚いますよね。それをバイトまで持ち込むために、自分は微調整してます。

ウエイトチューン用の鉛シール

浮力調整・アクション調整用の鉛シール。いろいろ売ってますけど…

ガンクラフト シンキングヘルパー

ジョイクロだとこれ買っちゃいますかね。10個入りで500円くらい、他メーカーでも似たようなのがでてます。美しいですけど、私はあまり使いません。厚みがあり曲面には不向き。

ACTIVE 鉛シール

300円くらい、1枚ものの鉛シール。ハサミで切って好きな形に貼れるのはいいが、その反面めんどくさい笑。まとまった重量を予め貼るときに使ってます。

STORM ルアーウェイト

下の長方形のが好きです。70個も入ってます(一個0.35g)。

薄いからどんな曲面にも隙間なくピタリと貼れますし、手でもちぎれるから釣り場で使いやすいです。釣り場で小物ってなくしますけど、これなら何個か落としてなくしても痛くない。

鉛シールは使い捨て

鉛シールは、小さく切ったり、付けたり、剥がしたり、無駄にもなりますが惜しまずに使ってます。ジョイクロ以外でもいろんなハードルアーを釣り場で調整したくなることがあるので、BOXに常備してます。ハードルアーを使い込むほど必要になってきます。