デカ羽根モノ超デッドスロー、この時期の乗らないバイトの正体★グラスロッドなら掛かる

今の時期は「ミスバイト」が増加、その正体

雄蛇ヶ池でデカ羽根モノを使っていると、夏の終わりから今頃の時期に乗らないバイト「ミスバイト」が増加します。デカ羽根を多投している人なら分かると思います。

けっこう激しく出る時もあるんですけど、ミスバイトの多くは小さめのバスかなと思ってました。バスがミスしてるんじゃしょうがねぇなと。でも、やり込んでいくとそれがほぼ乗るようになってきて…

実際はやっぱりそうでした。こんな30cm前後のサイズです↓

20160923_kobass_jisaku

それまでデカ羽根に反応してなかった一世代下(3年目)のバスが夏の終わり頃には成長し、反応が増えるってことだと思います。この自作ルアーは約45gです。

ミスバイトせず乗るようになったのは

ミスバイトが乗るようになる、その方法ですが、

一言でいうなら、

『合わせない』

です笑。(食わせるためにどうするかは別途)

正確に言うと、合わせないでガマンしてロッドに仕事させます。硬めのグラスロッドがバスの重みに反発した時(その時バスのサイズを感じとれる)には結果的に力を入れているので合わせはきまります。ロッドまかせの遅いフッキングです。昨日の3本も自分の感覚的にはほとんど合わせてません。ちなみに、どんなに小さいバスでも、ほぼほぼフロントフックに掛かります。

デカ羽根モノを突き上げる水面爆発の実態★なぜバイトが激しいのか?
デカ羽根モノは他のルアーよりも激しいバイトが多いので病みつきになります。 バイトシーンのサンプル ...

ラインスラックなどで調整すればカーボンロッドでも可能ですが、カーボンだと感度が良いので、バイトに腕が勝手に反応しがちでそれがミスバイトにつながります。

”フィネス”だからコバスも喰う

この条件のオジャガ池で、普通サイズのトップを投げても、なかなかバイトがないのです。デカ羽根モノ超デッドスローのなせるわざ、そこにバス釣りの深さがあると思います。釣れるサイズはともかく笑。

でっかいルアーだけど”フィネス”だからコバスも喰う。威嚇ではなく食わせ、フィーディングのバイト。そう考えるとつじつまが合うんです。

「ビッグクローラーベイトは威嚇ではなく食わせのルアー」ハネモノ超デッドスロー
「俺の切り札!でかいのにフィネスなビッグクローラーベイト」。ロドリに黒田さんのデカ羽根モノ記事が載っ...

ここで一句。

デカ羽根の 遅い合わせが キモティーw

Twitterで更新情報を届けます
ブログランキング

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
バス釣りブログRANKING★クリックお願いします~

コメント

  1. コバ より:

    なるほど、納得です!

    確かに、のらないバイトが多数ありました。

    私はトップだとどうしても合わせが早くなってしまいます。

    今度はロッドに任せて小バスを狙いたいと思います!(笑)

    • つかじー より:

      コバさん、どうもです( ´ ▽ ` )
      コバスを狙わなくてもいいです。コバスじゃないミスバイトもきっとまじってますw

  2. ssm.k より:

    サイトで食わせると「すー」っと寄ってきて、疑いなく咥えて反転するのを何度か目撃しています。
    やっぱり威嚇ではない何か(食わせ?)があるんだろうと思っています。

    トラウトの管釣りで迷惑でないサイズ(笑)のデカダンスカーナを投げてみると、バイト数がハンパではないです。
    口が小さいのでフックアップ率はかなり低いですが、掛かれば9割フロントです。
    ルアーのサイズは違えど表層でガチャガチャする『羽根』そのものにフィッシュイーターを刺激する何かがあるのかもしれませんね。

    波の問題をクリアすればボートシーバスの穴打ちでも釣れるんじゃないかと勝手に思っているのですが、ソルトやらないので(^_^;)
    いつか機会を作って試したいと思います。

    • つかじー より:

      ssm.kさん、コメントありがとうございます!

      そうですね、サイトでバスが見えているとき、わたしも経験あります( ´ ▽ ` )

      トラウトがそんなにハネモノに反応するんですか!初耳です!

      シーバス釣れたらすごいなw