ベルリネッタクローラー2インプレ詳細版。改良されたNEWベルリネッタの性能

イマカツからの事前情報にあった修正点はどれも納得のものだったベルリネッタクローラー2。(120mm、1.5oz)詳細レビューです。

beru_top

有効速度域の広さ。中低速にフォーカス&超低速もOK

中低速性能にフォーカスしたタイプに変わりました。しかも超デッドスローでも動く。有効速度域が広くて使い勝手よし。羽根の変更でほどよく強アピール化され、大きな羽根でも巻き心地良し。実際に使ってみて総じて良い感触でした。(文末の動画で見てください)

旧ベルリネッタからの修正箇所

旧ベルリネッタからの修正点については、以前に書いた通り私がやっていたチューンとほぼカブってますので割愛。買って気づいたのは、ラバーが丸断面の張りのあるラバーから、普通のシリコンラバーに変わったこと。ロングシャンクだったフックが普通のフックになったこと、です。ラバーの長さ・量は、私がカットして使ってたヤツとさほど変わりません(写真参照)。

beru_ketu

金属音、ラトル音、ポコポコ音

羽根が変わったことで、音は控えめですがポコポコ音が出るようになりました。音的には、金属台座追加による金属音+ラトル音(旧ベルリからあった)+ポコポコ音です。音によるアピールは強くなりました。この3種音のミックスはベルリネッタのみ、デカ羽根で唯一です。

気になる点や欠点?

「フッキング性能向上」と謳われてるところはちょっと疑問です。ロングシャンクのフックが普通タイプに変わってむしろマイナス面(特にフロントフック)が気になります。でも、旧フックは刺さりがイマイチだったので、良し悪しですが。少なくとも、フロントフックはスプリットリング2個にしたほうがよいと思います。
羽根のヒートンが緩いのが気になるけど、ヒートンの微調整しなくても大丈夫っぽいので、あまり問題なさそうです。

アクション動画

動画の前半は超デッドスロー、後半は低速~中速で巻いています。

まとめ

ラトル音ありのジョイントタイプ、ラバーによる4足動物的シルエット、個性的な面も持つNEWベルリネッタ。レギュラーリトリーブで使いやすく改良版だけのことはあります。

アベンタクローラーRSインプレ詳細版。超低速特殊性能の極み
イマカツのアベンタクローラーRSは80mm・24g、これはデカ羽根モノなのか…? 羽根はアベンタ以上...