まだ進化するデカ羽根モノ★アベンタRSとアベンタGT

ルアマガ最新号からのネタです。
レーシングアベンタ=ウッド製軽量化アベンタクローラーが2系に分かれた。

1) アベンタクローラーRS
超絶デッドスロー専用モデル。こちらが元々のレーシングアベンタのコンセプトですね。

2) アベンタクローラーGT
特徴の中に「パワー水押し重視」「中速のタダ巻きに追従する」とある。私がチューンしたアベンタ(強アピール化風雨対応チューン)とコンセプトが同じだなと。さすがイマカツさん、いいとこ突いてきますねw( ´ ▽ ` )


詳しい内容はルアマガで是非ご覧ください。
アベンタと被りぎみのダッジのリリースを受けてイマカツさんどう出るのかと気にしてたら、こう来ましたか。GTのコンセプトは使えるシーンが増える=使い勝手が良くなる方向。逆にアベンタRSのコンセプトは使うシーンが限定される方向になりそう。→個人的にはもちろんGTが本命。
重さ1oz前後(過去記事からの推測)になれば、超デッドスローの性能とウエイトがレイドジャパンのダッジと似ているけども、微妙にズレてきてますね。コンセプトはこれでFIXなのか…? →個人的には全長は小さくしてもあまり軽くせずアベンタ同様1.3ozぐらいにしてほしいw。
イマカツさんの言う「ローライトじゃないピーカンベタ凪で水面炸裂」は実際に起こります。”異次元”とか”魔力”とかありますが・・・多くを期待しすぎてはいけませんよ。
でかいトップを揺らし続けることをオートマチックかつ長時間続けられる、なんせ超ゆっくり巻くだけですから。それがデカ羽根モノの超デッドスローの特異性です。トップをやり込んでいる方は自分の判断基準の中で「トップやりたいけどこの条件じゃちょっと無理かな」って時に試すといいです。続ければ「えっ!?」てことがきっとあります。トップ熟練者ほどその驚きは大きいはずです。

コメント

  1. antianti より:

    デカ羽根を細分化してくるとは、まだまだ奥が深いですね。
    2、3年前は投げてる人もそう診なかったので、物珍しいのかなんなのかよく釣れましたけど、徐々にスレてきそうですね。
    逆に言えば追求して使ってる人に優位性がでるかもですね(^^)

  2. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    antiantiさん、どうもです( ´ ▽ ` )
    そうですね~、ダッジ出て投げる人急に増えてると思います(^_^;)スレるでしょうね。
    オジャガなんかすでにハネモノにスレてきた印象ありますw まぁそうだとしても好きだから投げ続けますがwww

  3. TAIDON より:

    ダッジにモロぶつけてきたアベンタ!
    この二社だけでも面白過ぎます(≧∀≦)
    ドピーカンでもたまに起こるやつですよね?
    ゆっくり動くからいいのか?と思いきやバズやバドなでも起こるしトップはやっぱり面白いですね~(*´▽`*)

  4. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    TAIDONさん、どうもです!
    もちろんバズやバドでも起こるかもしれませんね。でもそれがダメなとき、デカ羽根モノなら出るということがあるです。いやというほど投げ続けて比較すればその差がわかりますw。