ビッグクローラーベイト情報充実のルアマガアドバンス

ルアーマガジンADVANCEの新作「Neoサーフェイスゲーム」。トップのジャンルとしてビッグクローラーベイトをこれだけ大きく取り上げた媒体は初ではないかと思います。以下、内容について気になった部分中心のレビューです。


■ダッジ(レイドジャパン)
動画を見るといい動きしています。巻きスピードのわりに動きが大きい=遅く巻いても動きが大きいように見えます。デッドスローといえる速度でよく動きそうです。アベンタクローラーの超デッドスローには勝てないものの、低速対応は個人的に満足できるレベルとみました。
ダッジは縦扁平のボディ形状が特徴的で、そのボディ形状がバタつくように見える動きを助長しているようにも思えます。
このDVDを見たことでさらにほしくなりました( ´ ▽ ` )
「突き上げバイトをとるための2gのクイックチェンジャーをベリーに付ける」という記載がありました。また、動画や一部の写真でクイックチェンジャーをリアフックアイにも付けてました。→2オンスの初期プロトからウエイト軽くしていって最後は1オンスになった経緯から、ボディの軽さと突き上げられてのミスバイトの関係が気になってるのではないかと思われます。
ベリーに重りをぶら下げるとロール方向の動きが抑制されるので、その結果フロントフックの暴れが少なめになる=フッキングが改善する方向だとも思います。引き換えに動きはやや悪くなるでしょうけど。
カナモが気にしているように映像でもミスバイト率が高く感じました。気になったマイナス要素はそこです。
映像で使っているプロトは、ぱっと見でも製品版との違いが見て取れ微妙に変えてきている感じもします。推測でこれ以上ぐだぐだ言ってもすでに発売目前ですからね。
はやく使ってみたいですね~。期待度☆☆☆は変わらず。
※)名前が「ダッジ」ではなく「ホナケンダッジ」になってましたが、校了時点の情報と思われます…


■リザードクローラー(シグナル)
7月発売予定!
きましたね~。でも詳細未定w。
奥田さんの記事ではビッグクローラーベイトの凄さは力説しているのに、リザードクローラーの凄さはほとんど語られてないです。
ただ、多方向からプロトを撮影した写真からウイングの角度があまり開ききってないことが判明したので、そこからスローの限界点はそれほど遅くないと推測できます。
加えて、奥田さんのコメントに「テールフックは4本針。アタック系のどっかんバイトの場合、掛かる確率が違う」とあります。ここから、奥田さんはわりと早めのリトリーブもしていることが想像できます。
経験的にデカ羽物は遅くすればするほど、クロールアクションを小さくすればするほど、ほぼフロントフックに掛かります。逆に、リアフックに掛かるのは食いっぱぐれた場合の外掛かりがほとんどで、それは巻きが早めの場合に多いのです。クロールアクションはシルエットがぼやけるため、よりはっきりと目視できる動きの支点部=フロントフック近辺をバイトしてくるからでしょう。スローになるほどその傾向が強まると推測しています。
わたしもだいぶ前からDECOYのクアトロフックを付けて試していました。過去記事を見たら、2011年1月の記事の写真でクリーパーに4本針が付いてました。
奥田さんはリアフックだけ4本針にしていますが、ここまでためしてきて、早めの巻きにリアフック4本針、デッドスローにフロント4本針がいいというのが自分の結論です。4本針には若干デメリットもあります。使い方にもよりますが、今は前後とも4本針にすることが多いです。
もうひとつ、奥田さんのコメントに「怒りバイトでは口閉じ状態で突っ込んでくるバスもいて」とあり・・・・マジですかと!( ´ ▽ ` )
「口閉じ状態で突っ込んでくるバス」ですが、奥田さん同様にわたしもそれを感じていました↓

続きです。 でかいルアーなので小さいバスはほぼ釣れません。わたしがクリーパーやホグバスで釣ったのは40ぐらいまででそれ以下のサイズはほぼ釣ったことないです。40ちょいぐらいのサイズだとミスバイトも多い気がしますし。 また、オジャガでビッグクローラーを使っていてこれまでに50UPはほとんど釣れませんでした。40後半は普通...
妄想入ったネタとして書いたんですけど、奥田さんも同じこと感じるのねと。
デカクローラーが宙に浮くことはもちろん、至近距離でそのバイトを見たときに突き上げたバスが口閉じてるように見えた体験からです。獲物にダメージを与えるために下顎で強く中心部を突いてくるのか、そういう捕食方法を会得した一部のでかいバスがそういう行動をとっているという妄想です。口閉じてアタックしてる水中映像をとらないと証明できませんねw。
1ozまで軽くなったホナケンと小さくなったレーシングアベンタは、ビッグクローラーベイトとよぶには微妙なサイズです。デカ羽根モノマニア的には、そこはやはりビッグベイトマスター奥田さんのリザードクローラーに期待したいところです。
■レーシングアベンタ/アベンタクローラーNWサイドシェル(イマカツ)
レーシングアベンタのサイズがさらに小さく80mmになってます。これは小型軽量化してきたダッジの影響もあるのかもしれませんね。小型化の理由の他、レーシングアベンタとアベンタクローラー(サイドシェル)について性能面の説明など詳しく載ってます。→買って読んでください。
アベンタのヨコヨコチューンの話しが載ってました。斜めに泳いでオーバーハングの奥へと侵入する・・・いいですよ~( ´ ▽ ` )わたしがやってるヤツです。特にオカッパリでみんなが入れられない所に入れば効果てきめん。

ビッグクローラーで簡単に曲線リトリーブチューンができてしかも秀逸な動きをするのはアベンタクローラーだけだと思います。超デッドスロー=なかなか進まないので少しバランスを崩してやるだけで斜め方向に動くのです。
今江さんの言う、羽根にウエイトシールを貼る方法は、簡単ですが動きがイマイチですぐやめました。羽根の付け根にクイックチェンジャーぶら下げは動きは合格レベルでしばらくこれでやってました。片羽脱臼チューンは釣った後にそういう状態になったことで経験済みですが、もともと壊れやすいものがもっと壊れやすくなる、使っているうちに状態が変わりやすいなど、デメリットが大きいです。わたしの場合は最終的に別のラインアイを増設する方法に落ち着きました。やってみたい方は下記の記事もご参照ください。

なかなか前に進まない超デッドスローのデカ羽根モノは、少しだけ斜めに動くようにするとかなり曲がるようになります。それは立ち位置が制限されるオカッパリで有効な裏ワザです。ルアーが弧をえがくことでキャストが難しいピンポイントやオーバーハング下などを攻めるのに利用しています。 デッドスローに特化したアベンタクローラーは曲げて巻...
デッドスロー選手権1位のベルリネッタのスーパーデッドですが、個人的に超低速はアベンタレベルで十分なのでそれ以上の遅さはメリットよりデメリットが気になりますね。
■■■
3人3様の視点で書かれた記事。同じ事を言っている部分もあります。わたしも違う視点がありますし、同じ考えもあります。ビッグクローラーベイトについてこれまでにない充実した内容でしたので、ビッグクローラーだけでも必見だと思います。それから、羽物でもう一個、サイズ的に1ランク小さいポンパドールが載ってます。
興味がある方は、是非ルアマガアドバンスを買って見てください( ´ ▽ ` )
リザードクローラーが7月発売ってことがわかったのでこの夏は新製品が揃い踏みか!?
デカ羽根モノがアツいぜ!w


話が長くなってバド系までいきませんでしたーw
バド系に缶バドが載ってます!!( ´ ▽ ` )

Twitterで更新情報を届けます
ブログランキング

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
バス釣りブログRANKING★クリックお願いします~

コメント

  1. トンカツ★和幸 より:

    じっくりと読ませて頂きました★
    つかじーさんは、ルアーメーカーの先を行ってますね(^^)v
    開発オファーが来るのを楽しみにしていますw

  2. TAIDON より:

    ホナケンのロールはヤバいですよね~(^^)
    チューニングによってはデッドスロー域でもポコパカ音みたいのだせるんですかね!?
    リザードクローラーはどんな武器引き下げくるんですかね?羽やボディー形状みると正直不安です^^;
    そもそもジョイントでくると思ってたんですが…
    ロボ奥田さん信じて待ちます☆

  3. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    トンカツさん、どうもです!
    長年使いこんで自分なりの意見やウンチクがあるだけです。
    そんなたいしたものじゃございません^^

  4. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    TAIDONさん、どうもです!
    ホナケンは、羽根の形状とあのアクションを見るといい感じでポコパカ音しそうですよねー。
    たぶん、奥田さんのはひねりなしの直球な気がします=クリーパーに近いもの、それでいてクリーパーより良いもの、がでてくるのかなと。
    楽しみです( ´ ▽ ` )

  5. より:

    ホナケン(プロト)の動画アクションいいですね~低速でもちゃんとロールしてて羽が高い位置まで上がってましたね。
    しかし金森氏のバスの扱いが雑でもぉ・・・
    リザクロのアクションも気になりますが、なんて言ってもあの爬虫類系の顔いいですね~どんな仕上がりになるのか楽しみです!

  6. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    缶さん、どうもです!
    はい、ホナケン良さげな動きしてました( ´ ▽ ` )
    バスの扱いは・・・( ˘ω˘ )
    リザクロの顔ですかw 缶さんも好きだね〜

  7. antianti より:

    めちゃくちゃ面白い記事ですねw
    細かい解説さすがです!
    早速明日、ルアマガアドバンス買いに行ってきます(^^)

  8. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    antiantiさん、どうもです( ´ ▽ ` )
    ありがとうございます!
    昨夜書くのにけっこう時間かけたのでそう言ってくれるとうれしいですw
    antiantiさんのクリーパーフィッシュ強烈( ´ ▽ ` )

  9. Tack より:

    リザクロ、七月発売予定ですか!気になります。それにしてもつかじーさんの力作記事、参考になります!流石です!

  10. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    Tackさん、どうもです!
    リザクロだけといわず、Tackさんは3つとも買ってくださいw( ´ ▽ ` )もちろんわたしも3つ買います!

  11. RINZO より:

    さすがのこだわりです
    深く感じてることは プロともダブるんですね
    使い込み感 半端ないっす
    河口湖で クリーパーとアベンタ 投げてきました
    いつの間にかゆっくり巻きたい感でいっぱいになってる自分がいます
    ゆっくりのほうが釣れる気がしました 釣れませんでしたが!なのでアベンタの巻き感が心地よかったです!

  12. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    RINZOさん、どうもです!
    河口湖で、リンクしているantiantiさんがクリーパーで62cm獲ったそうです!
    アベンタいい感じですよね( ´ ▽ ` )でも、巻き速度については必ずデッドスローがいいわけじゃないです。クリーパーとは音も違うし。条件しだいでいろいろ使い分けですね。

  13. メンタイ より:

    力作!力作!力作ゥゥウ〜!!
    この記事を完成させるのに費やした時間と労力は計り知れませんねー★
    私の友人のO田船長が喜んで何度も読み返してるのが想像できますw
    ホナケンいよいよリリースですか!待ちに待っただけに期待大ですね〜!

  14. diskblack より:

    デカハネここまで語れるのはつかじーさんだけですねー☆さすがです!!
    ダッジは、個人的にも気になります。何か一番安定した動きをイメージしてしまいます。そこが、売れ筋をイメージした要因ですかね?アカン!!僕は、販売戦略に上手い事はめられています(汗)

  15. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    メンタイさん、どうもです!
    O田船長さんデカ羽根好きなのね( ̄▽ ̄)
    ホナケン楽しみです!
    最終的に1ozになっちゃったからゲテモノサイズじゃなくなっちゃったw だからメンタイさん向きじゃないですか。

  16. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    diskblackさん、どうもです!
    いえいえ。思い入れがあるルアージャンルなので^^
    デカ羽根モノは何本か獲れば、あとはもうあの強烈な水面爆裂が癖になりますね。diskさんが、まさにいまそこだと思います( ´ ▽ ` )