ビッグクローラーベイトだからこそできる神業的デッドスロー

ロドリ8月号にホナケンがでてました。すでに予告されていたように「ホナケンのキモはデッドスロー」らしいのですが詳細はベールにつつまれたままです。


さて、その ”デカ羽根モノのデッドスロー” の話です。売られているデカ羽根モノルアーの中にチューンせずして”デッドスロー”というレベルで使えるものは現時点で存在していない(※1)と思います。その”デッドスロー”、よく使う言葉ですがどのくらい遅いスピードをイメージするかは人それぞれの感覚で違いますよね。

わたしがやっているデカ羽根モノのデッドスローですが、限界まで遅くすると「水面もだえ引き」という感じになります。はじめてそのアクションが出せた時、自分自身かなり驚きがありました。使い方によってはすごい事が起こりました(秘)。
水面で10インチ超えのロングワームをシェイクし続けるテクがあると思いますが、デカ羽根モノでオートマチックにそれをやるようなものといえばイメージできるでしょうか。
デカ羽根モノを限界まで遅くするにためは、ボディがロールしても高い側の羽根が水面に出きらないくらいの小さなクロールでも動くようにチューニングします。すると、羽根が2枚とも水をつかんでいるままの時間が長いので前に進みにくく、小刻みな波紋を出して見切られにくい状態での微速移動になります。

ホナケンが完成した際に公開するとカナモが言っていた「世の中の羽根物好きが気づいていないアクション・・・」ですが、わたしが思い当たるのはこの”水面もだえ引き”です。
普通サイズの羽根モノではそれは困難なことです。ルアーを大きくすることによって、つまりデカ羽根モノだから可能になることです。可能と言ってもセッティングはかなりデリケートで、遅くなればなるほど左右のバランスが重要になります。限界デッドスローでは、アクション自体が小さい揺れですから、わずかな左右の違い(バランスの狂い)でその動作が収束して止まってしまうのです。
ハイフィンのクリーパーやホグバスターは、取付金具が精緻な作りではないため良いものでも左右のわずかな違いがあります。ルアーの個体差もそれなりにあるので、限界まで遅くしようとすると、再現性のあるチューニングはそう簡単にできないと思います。
(気になる方は前に書いた記事も見てください
ホナケンの実力がどこまでのものか?ビッグクローラーの水面もだえ引きが神業でなくなるのか? とにかく、このゲテモノルアー、発売されるのが楽しみです( ´ ▽ ` )

ハネモノのデッドスローといえば、ノリーズのフカフカが近いと思うかもしれません。フカフカはそこそこ大きい羽根モノですが、デッドスロー時に羽根ではなくブレードのスイングによってボディを振動させます。

【追記※1】
この記事を書いた直後にデッドスロー特化型アベンタクローラーがWEBで公開されました。この記事見たのではないかと思うようなタイミングでした。さすがイマカツさんアベンタはスゴイスペックです!

Twitterで更新情報を届けます
ブログランキング

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
バス釣りブログRANKING★クリックお願いします~

コメント

  1. クリーパー より:

    ホナケン、気になりますよね〜
    ノリーズ、フカフカの前に
    ウォシャクローラーがありましたが、アレも超スローに巻かないとダメな感じでした^ ^
    最近はポンパばかり使用してしまう今日この頃です 笑

  2. みかん0729 より:

    つかじーさんがかなり驚いたという『水面もだえ引き』…一度でいいからそのアクション見てみたいです( ;´Д`)
    ハイフィンは羽根が変わってしまったし、そもそもチューンもかなりシビアっぽいので、手を出す勇気が出ません…
    そうするとやはり、ホナケン待ちになりますねorz
    でも、開発に手間取ってる様子??時間かけて凄いのができれば、それで良いのですが…( ´ ▽ ` )

  3. より:

    水面もだえ引き!有り得ますね!
    トーナメントクローラー8の水面ピクピクは金森さんの十八番でしたし。

  4. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    クリーパーさん、どうもです!
    ルアーのサイズが下がってるじゃないですかw
    ポンパは使いやすいし巻いていて楽しいですよね!。すごくいいルアーですね( ´ ▽ ` )

  5. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    みかんさん、どうもです!
    ホナケンこれだけひっぱってますから、期待していいんじゃないでしょうか( ´ ▽ ` )
    もだえ引きは、ルアーっぽくないです。ルアーがでかいだけに。
    ちょっと離れたら、バス釣りやってる人が見てももがく生き物に見えると思います。

  6. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    缶さん
    はい、そうでした!
    それっぽいですよね~( ´ ▽ ` )

  7. トンカツ★和幸 より:

    お疲れさまです★
    つかじーさんが言うデッドスローとは、どんくらいのスピードかな?とずっと考えてましたが
    やはりその位のスピードなのですね~(゚Д゚;)
    オジャガのようなスレフィールドならではな釣りですね
    そのデッドスロー…自分にはムリですね★
    ガマンがデキマセンw

  8. RINZO より:

    デッドスローに引く 深いですね
    想像のつかない領域です
    他にはない動き それにバスが反応するんですかね~ 
    もだえ引きは、ルアーっぽくないです。ルアーがでかいだけに。
    これすごく映像で見てみたい感じです
    魚が下から ばこっ~~~てでそうなイメージです

  9. diskblack より:

    深いです(汗)ビッグクローラーを使った事ありませんが文面からもサイズが大きいからこその繊細な釣りが想像出来ます。
    ルアーってやっぱり奥が深いですね。考える人は、ここまで考えているんだなと非常に勉強になりました!!

  10. Basser Tack より:

    うーん、悶え引き見てみたいです^^
    ホナケン、私も気になります。悶え引きが、パッケージから出してすぐにできるルアーだったら、期待以上ですね^^

  11. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    トンカツさん、どうもです!
    ムリですかw
    デッドスローって遅くなるほど速度がブレやすくなって一定速度で巻きたいのですがこれが意外と難しいです。それやるときだけローギアリール(4.7の2500Cとか)に変えたくなるですよ。
    もう一本持ってげって話だねw

  12. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    RINZOさん、どうもです!
    デカイバスほどいろいろ経験してるはずで騙されにくいので、反応させるには「見たことないルアーや動き」は有効。それ、間違いないです( ´ ▽ ` )

  13. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    diskblackさん、どうもです!
    ビッグクローラーはゲテモノです。
    Gバドもゲテモノです。
    ほぼ同レベルのゲテモノですから、ビッグクローラー使っている人にはGバドが理解できるはずと思います( ´ ▽ ` )

  14. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    Tackさん
    ガンバってチューンしてみてください( ´ ▽ ` )

  15. キムラ より:

    イマカツからデッドスロー用ベルリネッタ出るみたいですね。ツカジーさんのインプレ効果でしょうか?それは別として、このスピードはさすがですね笑そんな今江さんが好きなんですが。レイド対イマカツのガチバトル楽しいです笑

  16. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    キムラさん、はじめまして(でしたっけ?)
    出るみたいですね!わたしも見ました^^
    わたしのインプレは関係ないと思いますけどw
    ホナケンvsベルリネッタWD。楽しみですね~( ´ ▽ ` )

  17. antianti より:

    深いですね(*´-`)
    僕もつかじーさん的「水面もだえ引き」見てみたいです!
    僕の釣り仲間の知り合いがホグを三連にしてチューンした動きがやばかったなんて言ってましたしビッククローラーベイトの世界は深いですよね!
    掲載されてたホナケンのデットスローバージョンの羽根の開きは分かりますが、位置が後ろのほうなのが気になりました。
    ホナケンの発売は楽しみですね。

  18. つかじー@雄蛇ヶ池 より:

    antiantiさん、どうもです!
    三連はやったことないですw
    羽根の開きも関係はしますが、
    限界遅くするのに重要なのは、羽根の重さ、羽根とボディを合わせた慣性モーメント、ボディの沈み具合(ボディの巻き抵抗)、などだと思います( ´ ▽ ` )