ルーバ ウノ(LUBA UNO)/ルアー回収機(インプレ)

ルーバ ウノ(LUBA UNO)。西根さんがブログで推していた、根がかりしたルアーを回収するツールです。


わたしも使い始めてだいぶたちます。実売で4000円以上するのでちょっと高めですが、ハードルアーを2~3個救出すればペイします。巨匠のデカビーなら1個でほぼ元取れるわけですw。

根掛かり回収機はいろいろありますが、わたしの場合なぜこれなのか…

◆◇◆

棒付きの根掛かり回収機だと荷物一個増えた感がありますよね?おかっぱりでロッドを2本持ちだったら加えて回収棒を持っていく気になりますか?根がかりが多い場所攻めるから今日は持って行こうってことはあっても、常に持っていく気になりません。
棒付きでない回収機でも、ヘッドが重かったりチェーンがザラザラ付いてるものとかありますよね。バッグの中でグチャグチャして引っかかったりして。
「根掛かり回収機が便利なのはもちろん分かってるけど持って行きたくないんだよね」と思ってた人がきっといると思います。そういう人にルーバはおすすめです。ルーバのヘッドは小さいし本体に固定できてコンパクトに収納できます。ルーバはバッグの中でじゃまにならない大きさ・重さです。
つまり、「バッグに入れっぱなしでも気にならない」というのがルーバの最大の長所です。

◆◇◆

【ルーバの特徴と使い勝手】
大事な話が後になってしまいましたが、ルーバを使うにはスイベル(スイベル付きのスナップ)を使用する必要があります。直結したい人、直結したいルアーでは、ルーバは使えません。
下の写真で、ヘッドがライン上を滑ってこのままルアーに近づくとスイベルがヘッドの中まで入り、逆行させるとスイベルの円柱部分がヘッドの星形の溝に引っかかります。ヘッドがスイベルを捉えたら回収機の糸を引いて救出するという仕組みです。


根がかっている物体が破損するかその物体が動かない限り、フックを伸ばして回収することになります。なので、
回収機の糸の強度>スナップ・スイベルの強度>フックの強度
であることが前提です。太軸の強力なフックなのにスイベルの強度が低ければ、当然ですがスイベルが破損して回収に失敗します。
ルーバでは、オカッパリの足元近くの根がかりであればほとんど回収できます。が、根がかった場所が遠くなるほど回収率が下がり、遠投して遠くで根がかったものを回収することはできません。ライン上を回収機のヘッドを滑らせて行きルアーまで到達させてある程度以上の角度が必要だからです。たとえルアーの目前までヘッドが到達していても最後のひと押し=スイベルと噛み合う所までどうしても行かないのです。ラインの傾斜角度がどれくらいになるか=足場の高さ・ロッドの長さ・根がかりの水深によりますが、10m以内ぐらいが回収にトライする目安だと思っています。使うルアーにもよりますが、オカッパリでの回収率はおしなべて6~7割ぐらいでしょうか。もちろんボートでもこれは使えます。ボートなら根掛かりの真上まで行くことができるので回収率はもっと高くなるはずです。
距離が近くてもダメなケースもあります。雄蛇ヶ池の堰堤でバイブレーションを使っていて堰堤前のゴロタ石に根がかりすることがあると思いますが、その場合はたとえ根がかった場所が岸近くでも回収できない場合がよくあります。根がかった状態でラインがゴロタ石に触れている確率が高いからです。ラインが沈みモノに触れている状態だと、ルーバのヘッドをルアー(スイベル)まで到達させられないわけです。

◆◇◆

【その他のコツ、注意点】
遠い位置の根がかりで回収できるかギリギリの距離の場合、ロッドティップをできるだけ高く上げた状態でラインを強く張ったり緩めたりし、ルアーの目前まで行っているはずのヘッドを揺り動かして最後のひと押しでスイベルを噛ませるようにしてやると上手くいきます。
ルーバのヘッドにラインを通す際に、下の写真でシルバーの部分を180度回してラインに宙吊りにするのですが、その作業は丁寧にやってください。雑に扱うと擦り合わせ部にラインを噛んでしまい回らなくなるトラブルが出ます。うまくラインが取れたとしても傷がつきますし、最悪の場合はラインを切ってやらないと取れなくなります。
使い込むと泥などが入り込むせいか、上述したシルバーの部分の回りが悪くなりその結果トラブルを起こしやすくなります。もし回転が悪いと感じたら、リール用のグリスなどを注入してやるとあっさり解消してやりやすくなります。ここがスムーズになると回収作業もすばやくできます。


ルーバのヘッドの薄緑色の部分は暗くても視認できるように蓄光素材になっています。同じメーカーでヘッドが蓄光タイプでない「ルアー回収機Z」という旧タイプ(?)の製品があります。値段が半分ぐらいなので良さそうですが、オススメしません。わたしが以前に使っていたときにはヘッドの金属部=スイベルが引っ掛かる部分が壊れてダメになりました。ルーバと違い、負荷がかかった時そこの強度に問題があると思います。もちろん細いフックであれば大丈夫でしょう。また、わたしの感触では回収率もルーバには及びません。ルーバと違ってヘッドのスリットが1個のみでその形状の違いからくるものと思います。

◆◇◆

巨匠も同じ事を書いてましたが、根掛かり回収機を携帯していることの心理的なメリットは根掛かる場所を臆せず攻められることです。そして、根掛かる場所というのは往々にしてバスがいる場所ですから、釣れる確率が上がる。オカッパリでオダや倒木など沈みモノを攻めてバスを釣りたい人には必需品と言っていいツールです。

追伸。わたしがジグでも直結せずにスイベル付けてたのはこういうことでした。ニシネさんも同じことやってるようですがw
メンタイさんのような硬派の方にはオヌヌメです( ´ ▽ ` )
まあ、これで取れなきゃ諦めってことでw

ルーバ ウノ(根掛かり回収機)快適に使うためのチューニングとメンテナンス
オカッパリの必需品、ルーバウノを快適に使うためのプチ・チューンとメンテナンス方法の話です。 ルーバ...
ルアー回収機を常時携帯するとどうなるか?10年使ったルーバ・ウノ
ルアー回収機を常時携帯するようになって約10年経ちました。重要なのは常時携帯することです。 回収実...
続)10年使ったルーバ・ウノ★ルーバ使用法のキモ・インプレ情報追加
根掛かりを恐れずに攻めるのがデカバスへの道ということで、ルーバ使用法のキモ・インプレ情報追加です。 ...

コメント

  1. メンタイ より:

    師匠!そこまで言われて買わない訳にはいきません!
    次のお小遣いで即ゲットしやす♪( ´▽`)

  2. つかじー より:

    メンタイさん、どうもです!
    はい、ぜひ!(・ω・)

  3. RINZO より:

    こんばんは
    私もバックに忍ばせてます
    が、精進湖でドノーシャッドをゴロタ石?に引っ掛けてしまい、いろいろやりましたが ロスト!
    この時ルーバ持ってるのを忘れてました。
    後でなんで回収機持っているのを忘れていたのか?自分に腹立ちました!
    これからは、冷静に回収機使いたいと思います

  4. つかじー より:

    RINZOさん、持ってましたか!
    え〜 使うの忘れたの… (^^
    それくらいルーバは存在感が小さいってことかなw

  5. Tack より:

    こっこんな品があったんですね!ご紹介ありがとうございます。

  6. つかじー より:

    Tackさん、どうもです!
    Tackさんはボートだから根掛かりロストがどれくらいあるのかわかりませんが、もってて損はないと思います(^^

  7. より:

    私もルーバさんに助けて貰っています!
    ただルーバさんのギア比が低すぎて巻き取りが大変ですよね・・・

  8. mikan0729 より:

    私は今ダイワのルアー回収機(チェーンジャラジャラ系)を使用してるのですが、ルーバに乗り換えようか迷ってます。私も完全に何でもスナップ派ですし、チェーンジャラジャラ系はガサ張り、回収率もさほどって感じで…
    ルアー回収機Zは、価格面ですごく気になってました…が、つかじーさんのインプレ見て決断できました。買うならルーバにしますw

  9. つかじー より:

    缶さんもやはりそうでしたか!^^
    はい、たしかにギア比ね。っていうかギアなしダイレクトですかね?w
    あと、巻取りのノブが回転しないので少し巻き辛いですよね。わたしはそっちのほうが気になります^^

  10. つかじー より:

    mikanさん、どうもです!
    mikanさんも何でもスナップ派でしたか。ならば是非^^