6/5トーナメント結果@雄蛇ヶ池

写真は以前に雄蛇ヶ池でみつけたイモムシです。
サイズは人差し指ぐらいですが、特に今の時期こんなイモムシ・毛虫がピークでヤバイです。こんなサイズはざらにいます。もし、イモムシ・毛虫を採取したい方がいましたら、今の雄蛇ヶ池の藪は宝の山です。(そんなヤツいないかw)


実は、6/5の釣行時に毛虫にやられてしまったようで左腕がたいへんなことになってしまいました。写真載せようかと思ったけど、エグすぎるのでやめました^^;
釣行時はできるだけ長袖にしてるんですが、暑くて不用意に腕まくりしてしまった…。それがウカツでした。あとは、タフで釣れないので無理して少々藪にも入ったというのもありまして。
みなさんもくれぐれもご用心ください。( ´ ▽ ` )
さて、話変わって掲題の件です。
T.Hiroさんからのコメントにもあったとおり、雄蛇ヶ池でわたしが釣行した6/5(日)にワイルドギースさんのトーナメントがあったのですが、その結果が掲載されてました。
15名の参加で、リミットそろえた人はゼロ、2本釣った方が2人、というなんともきびしい結果です。まさにタフな雄蛇ヶ池を象徴する結果になっています。釣れないからなのか参加人数も減ってきてますね。。
ロドリなどにもよく登場している亀山・高滝の達人、ゴッド藤原さんも参加してました。が、その彼をしてもノーフィッシュ!!。彼はショップとして協賛している側なので本気だしてないかもしれませんが、そのテクニックから神と呼ばれるほどの人でもあぶれるということですね。

Twitterで更新情報を届けます
ブログランキング

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
バス釣りブログRANKING★クリックお願いします~

コメント

  1. Basser Tack より:

    私も、見ました。ただでさえ、タフなのに、トーナメントとなると、さらにタフですからね。。その中で釣ってきた人は、さすが、そのフィールドで戦う、強者と呼んでいいと思います。かなり通ってる人でしょうね。2位の人はサイトのようなので、やっぱり通ってる人は、強いですね。とにもかくにも、おじゃが池はタフだということですね。

  2. つかじー より:

    Tackさん、どうもです!
    はい。そんな感じですねー。
    このタフさがいつまで続きますかね。。

  3. メンタイ より:

    どうもです‼
    つかじーさんのブログ見てると、オジャカってタフだけど釣れてるように感じてましたけど、大会の成績をみると完全な誤解だったみたいですね(^^;;
    オジャカ恐るべし…
    つかじーさん恐るべし…

  4. つかじー より:

    メンタイさん、どうもです!
    年々釣れなくなってきているのは間違いないです。バスの数が減ってるんだと思います。
    ひっしこいて1本釣るので精一杯ですよ^^;