雄蛇ヶ池ポイントガイド(4)ポンプ小屋ワンド



■ポンプ小屋ワンド
半夏生のワンドとの境目、西端から見たポンプ小屋ワンド。中ほどに小屋があり小屋の両側にはブッシュが並んでいる。ブッシュの前がブレイクラインで急に深くなっている。


■満水時のワンド内
ほぼ満水時のワンド内。水深はかなり浅いので少し減水するとすぐに干上がって草がボーボーになってしまう。そうなれば小屋両脇のブッシュもオカッパリから撃てる。


■ポンプ小屋
小屋の中には取水用のポンプがあり、ときより稼働し山の向こう側へ水を送っている。小屋近くまで行ければ、小屋と右側ブッシュとの間から沖方向へキャスト可能。小屋の周りは鉄パイプと有刺鉄線で囲われている。その囲いの中にバスが入ることもある。


■ポンプ小屋横、減水時
小屋の沖側は急に深くなっている。減水1mでパイプと取水口がこのように見える。昔は鉄パイプでできた桟橋がありそれに登ってキャストしていたが、今はもうない。


■ポンプ小屋前、減水時その2
横から見た小屋前の様子。写真で小屋は左上の位置。導水パイプやブッシュの根などのカバーはこんな感じ。


■取水口
取水口はマンホールのような形状になっている(減水160cm強)。


■ワンド西端の岬
西端の岬は、高い位置に足場があり藪が刈られていれば岬の先端あたりまでいける。足元が崩れやすく危険を伴う。


■ワンド東端の岬、減水時
東端の岬まわりは竹のレイダウンや小さいブッシュなどちょっとしたカバーがある。減水でブレイク手前のシャローは干上がっている。岬の先端にはせり出した木がありそこがシェードになる。


■ポンプ小屋ワンド内のドシャロー
草が覆い茂っている状態で水位が高ければ、この草のシェードにバスが入っているケースがある。このドシャローは意外に凸凹していて水深にかなりムラがありそこが盲点になる。ボートはこの中までは入ってこない。

◆雄蛇ヶ池一周コース 次のワンド


裏堰堤 - 松田谷津 - 半夏生ワンド - ポンプ小屋 - 大広の西 - 流れ込み - 取水場跡 - ヤケ谷津 - 弁天谷津 - 表堰堤 - 桟橋 - 大谷津1 - 大谷津2 - 小谷津 - 生物自然

Twitterで更新情報を届けます
ブログランキング

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
バス釣りブログRANKING★クリックお願いします~

コメント

  1. タイラント より:

    お久しぶりです
    去年1シーズン地形チェックしていましたがまだ解らないことが多いので毎回参考になります
    12月から3月に4度行きましたが寒い時期のオジャガは難しいですね
    魅力的なフィールドなので今シーズンも通いますからお会いできるかもしれませんね

  2. つかじー より:

    タイラントさん
    どうも。コメントありがとうございます!
    そうですね、寒い時期はほんと難しいです。わたしも釣れない経験をかなり積みましたよ(笑
    いつかばったり会いそうですね~^^

  3. たくぴー より:

    続編うれしいです!前にも書いたかもしれませんが、相変わらずつかじーさんの写真はきれいです。撮り方もあるのでしょうが、これは一眼レフのデジカメでしょうか?釣り用として持ち歩いている防水用のデジカメだとちょっといまいちなんですよね。。

  4. つかじー より:

    たくぴーさん
    どうもです^^
    普通のありふれたデジカメですよーw。一眼レフなんかもっていったらおかっぱりするのにじゃまでしょうがないです。
    フォトショップなどでアンシャープマスク(画像をクッキリさせる処理)をかけてるのでよく見えるんじゃないのかしら…。

  5. トンカツ和幸 より:

    お久しぶりデス!
    自分もおさらいがてら勉強させてもらいました(^o^)/
    明日は、雨降りですが今年初の(笑)オジャガ池に行ってきます(^_^)v

  6. つかじー より:

    トンカツ和幸さん
    おひさです^^
    そうですか、初オジャガですか。
    がんばって!!

  7. たくぴー より:

    アンシャープマスクですか、なるほどなるほど。参考になりました!

  8. より:

    >ポンプ小屋前、減水時
    この位の水位時一度だけこの辺(小屋脇)まで入った事ありました。
    ただピッチングが精一杯でしたし濁ってたせいか水深が有るようにも見えなかttんですが(正直長靴でも有れば一歩前に出てブシュを撃てると思ったんですが)、危険ですね(汗)。
    基本的ココは身体能力不足であんまり寄りません(笑)。